情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.10.1

[slack]16.メッセージをピン留めする

slackでは、あるチャンネルやダイレクトメッセージ内の特定のメッセージに対して、「ピン留め」という操作をすることができます。

これは、後で「ピン留め」したメッセージだけを確認する際に役に立ちます。

1つのチャンネル、もしくはダイレクトメッセージ内で「最大100個まで」のピン留めを作成することができます。

「ピン留め」をしたいメッセージにマウスポインタを合わせ、表示されるメニューから「~にピン留めをする」をクリックします。
ちなみに、「~」にはチャンネル名などが入ります。

ウィンドウが表示されます。
「はい、このメッセージをピン留めします」をクリックします。

メッセージ一覧に、「ピン留め」されたことが分かるようにマークがつきます。

「チャンネルの詳細」を開いてみると、「1件のピン留めアイテム」というように、ピン留めされたアイテムが何件あるのか分かるように表示されるようになります。
展開してみると、「ピン留め」したメッセージなどが表示されるようになります。

これまでの画面では、「ryo88」が「ピン留め」したメッセージを「ryo88」でログインした画面内で確認してみました。

上の画面では、「にしの弘美」でログインしたパソコンで同じチャンネル内を確認しています。
「ryo88」がピン留めしたメッセージは、「にしの弘美」の画面でも同じようにピン留めされたアイテムとして確認できます。

「にしの弘美」の画面で、このメッセージから「ピン留め」を外してみます。

「このアイテムからピンを外す」をクリックします。

「にしの弘美」が、「ryo88」が設定した「ピン留め」を外しました。
したがって、「ryo88」がログインしているパソコンの画面を確認してみると、「ダイレクトメッセージ」内の「slackbot」から新しくメッセージが届いているのが分かります。

このように、「ピン留め」を誰が設定しても、別のメンバーがそれを外すことができる上、
その場合は「slackbot」から最初に「ピン留め」を設定したメンバーに宛てて通知されるようになるのです。

「ピン留め」したアイテムが増えていくと、どれぐらい「ピン留め」されたのか簡単に数えられなくなると思います。
そんな時は、チャンネル名の下を見てみると、「ピン留め」したアイテムがいくつあるのかを確認することができます。

同じように、「ピン留め」が増えていくと、「ピン留め」を外したい場合に簡単にそのメッセージを探すのは難しくなるでしょう。
そんな時は、右サイドバーの「ピン留め」の一覧から目的のアイテムを探して、そのアイテムの右上に表示される「×」をクリックしても、簡単に「ピン留め」を外すことができます。

関連記事

  1. [slack]29.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(後編)

  2. 【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

  3. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  4. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(前編)

  5. 【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

  6. [slack]22.slack上でTrelloを使えるようにするためにAppを追加する方法

  7. [slack]10.メッセージに書式設定をする

  8. [slack]8.権限を変更してパブリックチャンネルをプライベートチャンネルに変換する

  9. [slack]13.メッセージの共有と引用を使い分ける

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP