情報整理術の数々! PICK UP!

格安スマホへお引越し―LINEのトークをバックアップしよう!―

新しいスマホへデータ移行する時に、「データ移行ツール」を使うと、

  • メールデータ
  • アドレス帳
  • お気に入り

などのデータは、バックアップ対象となりますが、普段使っているアプリのデータをバックアップする場合には、手動で行う場合も多いと思います。

ここでは、コミュニケーションツールの筆頭である
「LINEトークのバックアップ」
について、見ていきましょう。

対象トークのトーク設定を開く

まずは、LINEを起動して、バックアップしたいトークルームを開きます。
右上のマークをタップして、「トーク設定」をタップします。

上の図は、トーク相手が「LINE Pay」であるトークルームを開いています。
画面のデザインやトーク設定の表示される位置は、利用環境によって異なります。

データのバックアップ

「トーク設定」の中の「トーク履歴をバックアップ」をタップすると、

  • テキストでバックアップするか
  • すべてをバックアップするか

を選択することになります。
テキストデータのみをバックアップする場合は、バックアップデータの容量は軽くなりますが、画像やスタンプデータなどが表示されなくなります。

一方、すべてのデータをバックアップすると、バックアップデータの容量は重くなりますが、すべてのデータが復元されます。

バックアップが完了すると、以下のようなメッセージが表示されます。

”このメッセージ内の場所に、バックアップファイルを保存したよー”
という意味になります。

”そのバックアップファイルをついでに、メールで送りますか?”
と聞いてきますが、データ容量が重いとメール送信時にエラーが出たりするので、必要がなければ特にメール送信する必要はないと思います。

上の図のように、「確認」をタップした後に、スマホの「戻る」をタップすれば、メールを送らずにデータだけバックアップされます。

バックアップされたデータの確認

バックアップしたデータは、「ファイルエクスプローラー」系のアプリで確認してみましょう。
※ここでは、「ファイルマネージャー」を使用しています。

「メインストレージ」内の「LINE_Backup」フォルダに、バックアップしたトーク履歴が保存されています。

今度は、これを新しいスマホで利用できるようにするわけですが、
一番簡単な方法は、クラウドストレージへのアップロードになると思います。

例えば、

  • Googleアカウントを持っていれば「Googleドライブ」
  • Microsoftなら「OneDrive」
  • Yahooなら「Yahooボックス」
  • DropBox
  • FireStorage
  • Mega

などなど、色々なクラウドストレージが一定の容量までなら無料で使うことができます。

このようなストレージに、バックアップしたファイルをアップロードすれば、
今度は新しいスマホでインターネットが使える段階になったら、簡単にバックアップファイルをダウンロードすることができるのです。

バックアップしたデータをクラウドストレージへ移す

まずは、古いスマホからLINEトークのバックアップをクラウドストレージに保存してみます。
「ファイルマネージャー」で、該当のバックアップファイルをロングタップ(長押し)します。

画面の下に、メニューが表示されます。
一番右の「その他」をタップして、一覧から「共有」をタップします。
(使用するアプリによって、メニューの位置や文字などが違う場合があります)

どこへ保存するかを選択する画面になりますので、自分が持っているクラウドストレージへと保存します。

バックアップしたデータを新しいスマホへダウンロードする

最初に、新しいスマホにLINEをインストールします。
LINEをインストールして、自分のアカウントでログインすると、これまで登録した友だちリストが復活します。

同時に、メインストレージ内に「LINE_Backup」フォルダが作成されますので、このフォルダに先ほどクラウドストレージへアップロードしたバックアップファイルをダウンロードします。

トーク履歴を復元させたいトークルームを表示して、トーク設定を表示します。
一覧の「トーク履歴をインポート」をタップします。

表示されたメッセージで「はい」をタップします。

これで、トーク履歴が復活します。

もし、「LINE_Backup」フォルダ内に復元するデータがない場合には、以下のようなメッセージが表示されます。

関連記事

  1. 【連載5】Lucidchartの図面データをGoogle(グーグル)ドライブと同期する

  2. 外出先でフリーWiFiを使うなら「タウンWiFi」で簡単接続―iOS編

  3. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトインテグレーション

  4. 【splashtop】iPad ProからWindowsパソコンにリモート接続してみる

  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入する―Googleイン…

  6. 【連載7】VisioファイルをLucidchartで開いて図形オブジェクトを改めて配置してみよう!

  7. 外出先でフリーWiFiを使うなら「タウンWiFi」で簡単接続―Android編

  8. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた

  9. 【連載4】Lucidchartで作成した図面をGoogle Slides(グーグルスライド)へ送信す…

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP