情報整理術の数々! PICK UP!

格安スマホへお引越し―LINEのトークをバックアップしよう!―

新しいスマホへデータ移行する時に、「データ移行ツール」を使うと、

  • メールデータ
  • アドレス帳
  • お気に入り

などのデータは、バックアップ対象となりますが、普段使っているアプリのデータをバックアップする場合には、手動で行う場合も多いと思います。

ここでは、コミュニケーションツールの筆頭である
「LINEトークのバックアップ」
について、見ていきましょう。

対象トークのトーク設定を開く

まずは、LINEを起動して、バックアップしたいトークルームを開きます。
右上のマークをタップして、「トーク設定」をタップします。

上の図は、トーク相手が「LINE Pay」であるトークルームを開いています。
画面のデザインやトーク設定の表示される位置は、利用環境によって異なります。

データのバックアップ

「トーク設定」の中の「トーク履歴をバックアップ」をタップすると、

  • テキストでバックアップするか
  • すべてをバックアップするか

を選択することになります。
テキストデータのみをバックアップする場合は、バックアップデータの容量は軽くなりますが、画像やスタンプデータなどが表示されなくなります。

一方、すべてのデータをバックアップすると、バックアップデータの容量は重くなりますが、すべてのデータが復元されます。

バックアップが完了すると、以下のようなメッセージが表示されます。

”このメッセージ内の場所に、バックアップファイルを保存したよー”
という意味になります。

”そのバックアップファイルをついでに、メールで送りますか?”
と聞いてきますが、データ容量が重いとメール送信時にエラーが出たりするので、必要がなければ特にメール送信する必要はないと思います。

上の図のように、「確認」をタップした後に、スマホの「戻る」をタップすれば、メールを送らずにデータだけバックアップされます。

バックアップされたデータの確認

バックアップしたデータは、「ファイルエクスプローラー」系のアプリで確認してみましょう。
※ここでは、「ファイルマネージャー」を使用しています。

「メインストレージ」内の「LINE_Backup」フォルダに、バックアップしたトーク履歴が保存されています。

今度は、これを新しいスマホで利用できるようにするわけですが、
一番簡単な方法は、クラウドストレージへのアップロードになると思います。

例えば、

  • Googleアカウントを持っていれば「Googleドライブ」
  • Microsoftなら「OneDrive」
  • Yahooなら「Yahooボックス」
  • DropBox
  • FireStorage
  • Mega

などなど、色々なクラウドストレージが一定の容量までなら無料で使うことができます。

このようなストレージに、バックアップしたファイルをアップロードすれば、
今度は新しいスマホでインターネットが使える段階になったら、簡単にバックアップファイルをダウンロードすることができるのです。

バックアップしたデータをクラウドストレージへ移す

まずは、古いスマホからLINEトークのバックアップをクラウドストレージに保存してみます。
「ファイルマネージャー」で、該当のバックアップファイルをロングタップ(長押し)します。

画面の下に、メニューが表示されます。
一番右の「その他」をタップして、一覧から「共有」をタップします。
(使用するアプリによって、メニューの位置や文字などが違う場合があります)

どこへ保存するかを選択する画面になりますので、自分が持っているクラウドストレージへと保存します。

バックアップしたデータを新しいスマホへダウンロードする

最初に、新しいスマホにLINEをインストールします。
LINEをインストールして、自分のアカウントでログインすると、これまで登録した友だちリストが復活します。

同時に、メインストレージ内に「LINE_Backup」フォルダが作成されますので、このフォルダに先ほどクラウドストレージへアップロードしたバックアップファイルをダウンロードします。

トーク履歴を復元させたいトークルームを表示して、トーク設定を表示します。
一覧の「トーク履歴をインポート」をタップします。

表示されたメッセージで「はい」をタップします。

これで、トーク履歴が復活します。

もし、「LINE_Backup」フォルダ内に復元するデータがない場合には、以下のようなメッセージが表示されます。

関連記事

  1. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

  2. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ

  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プレゼンモードはこんな…

  4. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入する―Googleイン…

  5. 【連載8】Quipの文書内にLucidchartの図面を挿入する

  6. 【連載9】Lucidchartでタイムラインを作成してみる

  7. 簡単ファイル転送アプリ-Xender

  8. [連載]Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期する⑦!Sparkの便…

  9. ムービーメーカーはサポート対象外!簡単な動画編集ならWindowsフォトを使おう

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP