情報整理術の数々! PICK UP!

ムービーメーカーはサポート対象外!簡単な動画編集ならWindowsフォトを使おう

動画ファイルを自社のホームページやYouTubeにアップロードする際に、
”もうちょっと動画のファイルサイズを小さくしたい”
と悩んでしまった経験はありませんか。

Windows10を使っているなら、画像閲覧ソフトである
「フォト」
が標準でインストールされています。

ここでは、「フォト」アプリを使って、
動画ファイルに対するトリミング
を行ってみたいと思います。

フォトで動画のある場所を開く

フォトを起動して、目的の動画を開きます。

上の赤く囲んだ「フォルダー」をクリックして、
「フォルダーの追加」
をクリックします。

フォルダー内から目的の動画ファイルをクリックして開きます。

開くと、自動的に動画が再生されますので、一旦「一時停止」をして止めましょう。

動画の再生時間を短くする

動画の再生時間を短くする、
つまり動画をトリミングする方法を見ていきましょう。

「フォト」のメニューの中に、鉛筆と筆が交差したようなアイコンがありますので、これをクリックします。

表示されるメニューから、「トリミング」をクリックします。

再生時間を表示しているバーが上のように、変化します。

再生の開始位置をずっと後にずらすのであれば、先頭の白い丸を上のように右側へずらしていきます。
全部で10秒の動画ですが、上の場合は6秒目から動画が始まるようにトリミングした、ということになります。

逆に、先頭から5秒目までをトリミングしたい、と言う場合は、
後方の白い丸を5秒目までずらせばOKです。

白い丸の位置が調整出来たら、右上にある「コピーを保存」をクリックします。

作成した動画を確認してみる

新しく作成された動画は、動画ファイルを開いたフォルダーと同じ場所に作成されます。

それでは、両方の動画を確認してみましょう。

オリジナルの動画ファイル

トリミングした動画ファイル

編集後は、4秒間の動画へと再生時間が短くなりました。

追加したフォルダーを非表示にする

動画を開くために追加したフォルダーは、「設定」でもう一度非表示にすることができます。

画面の上の方に「・・・」がありますので、これをクリックし、
一覧から「設定」をクリックします。

「設定」の一番上にある「ソース」を見てみましょう。

画像や動画などのファイルを開くためのフォルダーが登録されています。

各フォルダ名の横にある「×」をクリックすると、
今後フォト内でそのフォルダーを参照することはなくなります。

もう一度、フォルダーを追加したい場合は、
この設定画面内でも追加できるようになっています。

「フォルダーの追加」をクリックして、画像や動画ファイルを開きたいフォルダーを選択すればOKです。

総括

Windows標準のアプリなだけに、機能はそれほど多いわけではありません。
しかし、ちょっとした動画の編集や画像の編集にはお手軽に使えるアプリとなっています。

これまでWindowsには、「ムービーメーカー」というソフトウェアが標準で付いていましたが、
現在は、サポートも対象外となっています。

まだ、ムービーメーカーを使っている方は、
この「フォト」や他の動画編集ソフトウェアへと移行していきましょう。

関連記事

  1. 電子書籍が苦手なあなたへ・・電子書籍アプリを使うと便利な事あれこれ

  2. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchartをオンライン作図プラ…

  3. 【splashtop】iPad ProからWindowsパソコンにリモート接続してみる

  4. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

  5. 格安スマホへお引越し―LINEのトークをバックアップしよう!―

  6. これは便利!航空写真で今と昔を比較してみる

  7. 簡単ファイル転送アプリ-Xender

  8. クラウド接続の多さと使いやすいインターフェースで人気急上昇!―Solid Explorer―

  9. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchartの実力

特集記事!

  1. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  2. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  3. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  4. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  5. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  6. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  7. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  8. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  9. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…
  10. MVNOへ移行する前に確認しておきたい6つの注意ポイントとは

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには
  2. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  4. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  5. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  6. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  7. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  8. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  9. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  10. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP