情報整理術の数々! PICK UP!

【splashtop】iPad ProからWindowsパソコンにリモート接続してみる

Windowsパソコン(以下、パソコン)に搭載されている
「リモートデスクトップ接続」
を使うと、別のパソコンの画面を自分のパソコン上で簡単に操作させることができます。

少し前のWindowsOSでも搭載されていた機能で、
会社内のネットワークで自席のパソコンから
ファイルサーバなどの各サーバOSへよくリモートでアクセスしたものです。

VPNルーターの設定で、ポートマッピングなどを変更すれば、
社内のネットワークの外側、例えば自宅のパソコンから
会社の自分のパソコンにも接続できるようになり、大変重宝した機能でもあります。

時代も移り、今ではスマホやタブレットからもアプリ1つで
簡単にパソコンへと接続することができるようになりました。

ここでは、そんなリモート接続アプリの中から、
タブレットで使うアプリを1つご紹介していきましょう。

「iPad Pro」(以下、iPad)などのiOSで利用する
「Splashtop」
について、見ていきたいと思います。

【タブレット】iPad Pro 10.5
【パソコン】Windows10 Home

接続するiPadにアプリをインストール

まずは、接続する元となる「iPad」に「Splashtop for personal」アプリをインストールします。
「App Store」から検索してインストールを完了させてください。

インストールが完了すると、アカウントの作成画面が表示されますので、
メールとパスワードを入力して、アカウントを作成します。
認証のためのメールが送られてきたら、認証を完了させます。
これで、アカウント作成も完了となります。

接続しているパソコンが1台もない場合は、上の画面のようになります。
それでは、接続するパソコンへ「Splashtop Streamer」をインストールしてみましょう。

パソコンにアプリをインストール

接続されるパソコン側にも「Splashtop」のアプリをインストールします。

「splashtop.com」へアクセスします。

Splashtopのホームページ

ページの右上に、「Get Streamer」というダウンロードボタンがあるので、
これをクリックすると「Splashtop Streamer」のインストールが始まります。

インストーラーを実行します。

インストールが完了すると、ログイン画面が表示されます。
作成したアカウント情報を入力して、「ログイン」をクリックします。

「Splashtopアカウント」欄に、自分のアカウントが表示されたらログイン成功です。

「Splashtop Streamer」のウィンドウは閉じてもOKです。

iPadからパソコンの画面を操作する

さて、それではiPad上で、パソコンの画面を操作してみましょう。

iPadで「Splashtop」にログインすると、「Streamer」がインストールされたパソコンが一覧に表示されます。

表示されたパソコンの行をタップします。

最初に各ツールのヒントが表示されます。
「続行」をタップします。

iPadのウィンドウ内に、パソコンの画面が表示されます。
上の画面は、パソコンの画面を「スクリーンセーバー状態」にしています。
スクリーンセーバー中であっても、パソコンに接続することができますし、
iPad側でパソコンのスクリーンセーバーを解除することもできます。

接続を解除する場合は、最初にツールを表示します。
上の画面の赤く〇で囲んだ部分をタップすると、ツールが表示されます。

表示されたツールの一番左のアイコンをタップします。

パソコンとの接続が切断されて、「Splashtop」のアプリ画面へと戻ります。

外出先からも接続できるのか

これまで見てきた接続方法は、実は
iPadもパソコンも同じ社内ネットワークや自宅内のネットワークに接続していることが条件となります。

もし、外出先のiPadから社内のパソコンにアクセスしたい場合には、
「Anywhere Access Pack」
が必要となります。

Splashtop Personalのページ

「Splashtop Personal」のアドオンとしての位置づけとなり、
価格は、年単位で約2,000円程なので、外出先や自宅からいつでも会社のパソコンに接続したい場合には、アドオンを購入しておくのも手ですね。

買い切りではないので、必要な時に月単位で購入して利用することもできます。

総括

今回ご紹介したようなiOSを始め、
MacOSやAndroidOS、KindleFireなど異なるOS間でパソコンに簡単に接続することができる
「Splashtop Personal」
は、リモート接続アプリとしては非常に使いやすくて、
マウスのトラックポイントやキー操作への切り替え、ホワイトボードとしての利用など機能も豊富です。

また、インターネットに接続していないクローズド型ネットワークの
パソコンとやり取りする場合の「ローカルモード」もあります。

「Streamer」側でセキュリティコードを設定しておけば使えるようになる
「ローカルモード」は、自社のネットワーク環境によっては必要となることもあるでしょう。

離れた場所にあるパソコンをiPadからでも操作できる
「リモート接続アプリ」
は、社内の管理者であれば入れておきたいアプリの1つかもしれませんね。

関連記事

  1. これは便利!航空写真で今と昔を比較してみる

  2. 【連載8】Quipの文書内にLucidchartの図面を挿入する

  3. 【連載7】VisioファイルをLucidchartで開いて図形オブジェクトを改めて配置してみよう!

  4. ちょっとした動画編集をWindowsフォトで行う!動画内の音を消すには??

  5. 【連載4】Lucidchartで作成した図面をGoogle Slides(グーグルスライド)へ送信す…

  6. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた

  7. [連載]Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期する①!2人で使うタブ…

  8. Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期する!IMAPで使うにはどのア…

  9. 外出先でフリーWiFiを使うなら「タウンWiFi」で簡単接続―Android編

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP