情報整理術の数々! PICK UP!

【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchartをオンライン作図プラットフォームとして使いこなす指南書

オンライン作図プラットフォームの「Lucidchart」は、
他のオンラインアプリとの連携も非常に優れています。

例えば、作成した図面を保存する場合を考えてみます。

個人アカウントである
「無料」、「ベーシック」、「プロ」の3つのアカウントは、それぞれ
「25MB」、「100MB」、「1GB」と「Lucidchart」への保存容量が決められています。

つまり、この容量を超えると「Lucidchart」には図面を保存できなくなる、ということになります。

そこで使いたいアプリが「Googleドライブ」となります。

「Lucidchart」で作成した図面は、PDFや画像ファイルとして
「Googleドライブ」へ保存することができます。

作成が完了した図面ファイルは、このように別ファイルとして「Googleドライブ」に保存しておけば、
「Lucidchart」上ではもう必要なくなりますので、削除することになります。

それによって、「Lucidchart」の保存容量を空けながら
新しい図面ファイルを作成して、新たな作業をしていくことができるようになるわけです。

「ベーシックアカウント」を使っているユーザーの場合、作成できる文書数も無制限ですから
「Lucidchart」の保存容量が足りなくなる可能性も出てきます。
そのため、「Googleドライブ」をバックアップ先としてうまく使っていきましょう、ということなんですね。

無料アカウントも保存容量は「25MB」と少ないですが、アカウントの仕様上
”作成できる文書数は3つまで”
”1つの文書内で使えるオブジェクトは60点まで”
という制限がありますので、意外と25MBで事足りてしまうのです。

・・さて、Googleドライブへの保存ですが、
実は上の方法には1つ問題があります。

それは、あくまでも
”作成した図面ファイルを今後編集することがない”
という前提となります。

いくら作図が完了したとは言え、今後編集する予定があるかもしれないファイルを
画像ファイルに変換して「Lucidchart」上から削除するわけにもいきません。

「Lucidchart」から削除した時点で、新たに1から作り直す必要があるわけで、
PDFファイルや画像ファイルに変換したファイルは、「Lucidchart」では2度と編集することができないからです。

「プロアカウント」以上であれば、「Microsoft Visio」ファイルとしてエクスポートすることができるようになります。
「Visio」ファイルを再度「Lucidchart」にインポートすれば、「Lucidchart」でそのファイルを編集することができます。

そのため、「プロアカウント以上」であれば
1.「Visio」ファイルとして保存(エクスポート)
2.「Lucidchart」からVisioとして保存した図面ファイルを削除
3.「Lucidchart」の保存容量を空ける
4.編集の必要があれば、再度「Visio」ファイルをインポート
という図式が成り立ちます。

ただ、「プロアカウント」以上になると「Lucidchart」で保存できる容量も大きくなりますので、
余程図面ファイルを作りすぎなければ、保存容量の心配は必要ないかもしれません。

「図面ファイルを保存する」という観点だと、「Lucidchart」と「Googleドライブ」との相性は良く
同期などの連携やバックアップ先としての設定もできるので非常に重宝するでしょう。

「Lucidchart」にグーグルアカウントでアカウントを作った場合、
「Googleドライブ」も同じグーグルアカウントを使うことになるので、大して手間もありません。

しかし、アカウントの種類によっては、このようなアプリ間の連携も制限が掛かっている場合もあるので注意が必要です。

今回の連載では、「Lucidchart」と「Googleドライブ」など各アプリとのインテグレーション設定や
上位アカウントで使える便利技のご紹介など、「Lucidchart」の導入をためらっている会社の経営者や責任者の方々の背中を優しく押していきたいと思っています。

関連記事

  1. 【連載5】Lucidchartの図面データをGoogle(グーグル)ドライブと同期する

  2. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた

  3. ムービーメーカーはサポート対象外!簡単な動画編集ならWindowsフォトを使おう

  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトインテグレーション

  5. 【連載7】VisioファイルをLucidchartで開いて図形オブジェクトを改めて配置してみよう!

  6. 電子書籍が苦手なあなたへ・・電子書籍アプリを使うと便利な事あれこれ

  7. 【splashtop】iPad ProからWindowsパソコンにリモート接続してみる

  8. 【連載8】Quipの文書内にLucidchartの図面を挿入する

  9. 簡単ファイル転送アプリ-Xender

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP