情報整理術の数々! PICK UP!

【連載5】Lucidchartの図面データをGoogle(グーグル)ドライブと同期する

この項はLucidchartの無料アカウントでも利用できます

GoogleドライブとLucidchartを連携させると、Googleドライブと同期を取ったり、Googleドライブを起動しながらLucidchartで図面を新規作成できるなど、非常に便利な使い方ができます。

ここでは、GoogleドライブにLucidchartアプリをインストールして、どのように連携して使えるのかを見ていきたいと思います。

Googleドライブの画面でLucidchartアプリをインストール

ブラウザでGoogleドライブを開いた際に、Googleドライブから新規に作成できる文書ファイルとして
「Lucidchart」を選択できます。

まずは、LucidchartアプリをGoogleドライブにインストールしてみましょう。

Windows10パソコンでのインストール画面となります

Googleドライブのページを開き、「新規」をクリックします。
「その他」から「アプリを追加」をクリックします。

表示された「ドライブに追加」画面の「検索窓」に「Lucidchart」と入力します。
「Lucidchart Diagrams」がヒットしますので、右側の「接続」をクリックします。
これで、GoogleドライブにLucidchartアプリが追加されました。

再度、Googleドライブのページから「新規」→「その他」とクリックし、
一覧に新たに追加された「Lucidchart」をクリックします。

「Lucidchart」が自分のGoogleドライブ内にアクセスしてもよいかを聞いてきますので、
「Allow」をクリックします。

Lucidchartの図面作成画面が開きます。
一から作成するか、テンプレートから作成するかなどで図面を作成すると、Googleドライブに自動的に保存されるようになります。

Googleドライブとの連携を確認する

Googleドライブの画面からLucidchartの図面を新規作成できるようになりました。

「アカウント設定のインテグレーション」を見てみると、Googleドライブとの連携を確認できるようになります。

その手順を見てみましょう。

ブラウザからLucidchartを開き、ログインすると
トップ画面(マイドキュメント)が開きます。

画面右上の自分のアカウントをクリックして、表示されるメニューから
「アカウントの設定」をクリックします。

左サイドのメニューから「インテグレーション」をクリックします。
右サイドの「GoogleDrive」に「Googleアカウント~と連携しています。」と表示されていれば、Googleドライブとの連携が取れています。

その下にある「Google Driveへ新規図を自動同期」にチェックを入れると、Lucidchartで新規作成された図面が自動的にGoogleドライブにも表示されるようになります
Googleドライブからそのファイルを開いても、Lucidchartから開く場合と同じ様に図面が開きます。

これが「図面が同期されている状態」というわけです。

図面が同期されていれば、LucidchartからでもGoogleドライブからでも
開くファイルはどちらでも同じなのです。

Googleドライブに保存された図面を削除しても・・

Googleアカウントと連携し、Googleドライブとの自動同期をしておくと、
Lucidchart内で新規作成された図面がGoogleドライブにも表示(同期)されると述べました。

しかし、仮にGoogleドライブに表示されているその図面ファイルを削除しても
Lucidchartからは削除されないようになっています

つまり、Googleドライブで図面を削除しても
「削除が同期されるわけではない」のです。

その後、引き続きLucidchart内で図面ファイルを更新しても、
「新規に作成された図面ファイルではない」ですから
Googleドライブに同期データは表示されません。

同期される図面は存在しませんので、この図面ファイルはLucidchartだけで管理されていきます。

続きは次回

今回お話してきた以下の内容は、無料アカウントでも操作できる範囲となります。

  • GoogleドライブへのLucidchartアプリのインストール
  • Googleドライブとの連携
  • 新規に作成した図面をGoogleドライブにも同期する

次回は、作成した図面のバックアップと復元について見ていきたいと思いますが、
これらの機能は、ベーシックアカウント以上が必要となります。

アカウントがアップグレードされれば、作成できる図面が無制限となりますので、
「ローカルへのバックアップ」、そこからの「復元」も必然的に用意されているというわけですね。

関連記事

  1. 【splashtop】iPad ProからWindowsパソコンにリモート接続してみる

  2. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた

  3. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ

  4. 格安スマホへお引越し―LINEのトークをバックアップしよう!―

  5. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

  6. 【連載7】VisioファイルをLucidchartで開いて図形オブジェクトを改めて配置してみよう!

  7. 法人・個人事業主向けオンラインストレージ-セキュアSAMBA-

  8. 【連載8】Quipの文書内にLucidchartの図面を挿入する

  9. 【連載9】Lucidchartでタイムラインを作成してみる

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP