情報整理術の数々! PICK UP!

外出先でフリーWiFiを使うなら「タウンWiFi」で簡単接続―iOS編

前回、フリーWi-Fiへの接続に簡単な「タウンWiFi」をAndroid端末で利用する方法を見てきました。

今回は、iOS端末にインストールした場合を見ていきたいと思います。
インストール方法などはほとんど変わりませんが、VPNの部分でAndroidと若干の違いがあります。

タウンWiFiのインストール

「AppStore」から「タウンWiFi」をダウンロードし、インストールを開始します。

「次へ」をタップします。

フリーWi-Fiに接続した時に、画面上部の通知エリアに接続済の通知を表示する、というメッセージです。
「次へ」をタップして、表示されるメッセージで「許可」をタップします。

フリーWi-Fiへの接続時に、必要な情報を事前に入力しておきます。
性別と生年月日を入力しましょう。

次に、Wi-Fiの接続情報をまとめたプロファイルの生成に移ります。
「次へ」をタップします。

「プロファイルをインストールする」をタップします。

プロファイルをダウンロードします。
「許可」をタップします。

プロファイルがダウンロードされた旨のメッセージが表示されます。
「閉じる」をタップします。

「設定」->「一般」->「プロファイル」が開くので、「インストール」をタップします。

プロファイルをインストールする前に、パスコードを入力します。

インストールをタップします。

プロファイルのインストールは、すぐに終わります。
「完了」をタップします。

「タウンWiFi」のインストールが完了しました。
「完了」をタップします。

「タウンWiFi」がWiFiに接続する際に端末の位置情報を利用していいかを聞いてきます。
「このAppの使用中のみ許可」もしくは「許可」をタップします。

iOSに「タウンWiFi」がインストールされました。

WiFiプロテクトのインストール

「タウンWiFi」のようにフリーWi-Fiに接続するアプリでは、セキュリティとしてVPN通信を行うための設定が必須となります。

Android版では、「タウンWiFi」アプリの設定に、
「WiFi通信を保護」という項目があり、ブラウザで「http~」から始まるアドレスのみを条件にVPN保護してくれる機能が付属していました。

iOS版にも、この「WiFi通信を保護」という項目はありますが、
それを開くと、「WiFiプロテクト」というアプリが別途起動して同じようなVPN保護を行えるようになっています。

「WiFiプロテクト」を開くと、現在接続してるWiFiが表示されます。

一番下の「公衆WiFi接続時に自動的に保護」が「オン」になっていれば、
「タウンWiFi」で自動的にWiFiに接続しても、通信が保護されます。

また、右上の「設定」をタップすると、接続するWi-Fiごとに自動で保護する通信を選択できます。

iOSの「設定」->「一般」->「VPN」を確認し、VPNの一覧に「WiFiプロテクト」が表示されていればOKです。
「オンデマンド接続」なので、保護するWiFi通信での接続がなければ、VPN通信とはなりません。

総括

「タウンWiFi」のインストールから管理画面(設定画面)まで、Android版とそれほどの違いはありません。

VPNアプリは、iOSでも多くがリリースされています。

実際にVPNアプリをインストールしてみると、画面の横向きに対応していないアプリが多いのに気づきます。
iPadの場合、純正キーボードなどと一緒に使うと画面が横向きですからね。
向きが自動で変わらないアプリは少々面倒くさく感じるかもしれません。

無料のまま使えるアプリも多いですが、日本のサーバに接続するにはやはり有料版が必要なアプリも多いので色々なアプリを試してみてください。

ブラウザからインターネットに接続するだけであれば、「WiFiプロテクト」だけでも十分でしょう。

Android版同様、外出先での利用環境と照らし合わせてセキュリティ対策を行ってみてください。

関連記事

  1. クラウド接続の多さと使いやすいインターフェースで人気急上昇!―Solid Explorer―

  2. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた

  3. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

  4. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchartをオンライン作図プラ…

  5. 格安スマホへお引越し―LINEのトークをバックアップしよう!―

  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プレゼンモードはこんな…

  7. これは便利!航空写真で今と昔を比較してみる

  8. 海外出張目前!Wi-Fiを安心・安全に繋ぐなら機器をレンタルしてみよう!

  9. 【連載4】Lucidchartで作成した図面をGoogle Slides(グーグルスライド)へ送信す…

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP