情報整理術の数々! PICK UP!

【連載7】VisioファイルをLucidchartで開いて図形オブジェクトを改めて配置してみよう!

この項はLucidchartのプロアカウント以上が必要です

Lucidchartを使って作図を行う際に、昔に作成したマイクロソフトのVisioファイルを呼び出したいときがあるかもしれません。

プロアカウント以上を契約すると、Visioファイルを簡単にLucidchartに取り込めるようになります。

画面はWindows10搭載のパソコンとなります。

Visioファイルのインポート

ログイン後の文書作成画面で、各種図面ファイルをインポートできます。

「インポート」をクリックして、一覧から「Visioをインポート」をクリックします。

パソコンで参照できるストレージ(ローカルのHDDやSSDだけでなく、ローカル環境で参照できるオンラインストレージも可)からファイルをアップロードします。

目的のファイルを選択すると、上の画面のようにファイル名が表示されます。

ちなみに、無料アカウントやベーシックアカウントの場合、
Visioファイルだけがインポートできます。

ただし、インポートしたVisioファイルを編集するためには、プロアカウント以上が必要となります。

インポートが正常に完了すると、上のようになります。
「文書を表示」をクリックしてみましょう。

Visioファイルが開きます。
この後、Lucidchartの図形ツールを使って、編集していきます。
もし、フリーアカウント等の場合は、描画できる図形ツールが以下の画面のように一切表示されません。

インポートしたVisioファイルが編集できない場合は、アカウントを確認してみてください。

Visioファイルの編集

Lucidchartで開いたVisioファイルを、Lucidchartが用意している豊富な図形で編集していきます。

左上に「図形」がありますので、これをクリックします。
「図形マネージャー」というウィンドウが開きますので、ここでは「ネットワークインフラ」にチェックを入れましょう。

左サイドバーに、チェックを入れたネットワーク関連の図形が使えるように表示されました。

Visioのバージョンが古いので、図形も古臭い感じがしますね。
したがって、各機器の図形をLucidchartの図形に置き換えていきます。

まずは、デスクトップパソコンの図形をドラッグアンドドロップで配置してみます。
さらに、配置した図形をダブルクリックするとパソコン名の文字を変更できます。

文字を変更したら、大きさも少し大きく変更してみましょう。
文字が選択された状態で、上の画面のようにフォントサイズを変更します。

配置した図形のサイズ変更ハンドル(白い丸)にマウスを当てると、
ハンドルの色が赤に変わります。

そのまま赤くなったハンドルをドラッグすると、矢印を描くことができます。
上の画面のように、図形から矢印を簡単に引けるので、これをそのままネットワーク配線に見立ててもいいかもしれませんね。

矢印をクリックして選択し、矢印の終点を「なし」に変更すると、パソコンからネットワークハブまでをネットワーク線を引いたように描画できました。

取り急ぎ、Lucidchartの図形を使って、簡単なネットワーク接続図を完成させました。

総括

昔作成したVisioファイルでも、Lucidchartに読み込んでしまえば、
Lucidchartで豊富に用意されている「最新の図形」に置き換えられるのはいいですね。

もちろん、一からネットワーク図面を作成するのもOKですが、
無料アカウントの場合、図形オブジェクトは「1文書あたり60点まで」しか利用できません。

元々のVisioファイルを参考に新たに図形オブジェクトを配置したり、
詳細な図面を作成したり、という場合はやはりプロアカウント以上は欲しいところですね。

なお、クラウドベースで展開されるLucidchartは、例え新しい図形オブジェクトが用意されたとしても、利用者側で特に何か操作をする必要はありません。

アクセスさえできれば、いつでも最新の図形オブジェクトを利用して様々な図面を作成できる点もまたLucidchartの魅力の一つでしょう。

さて、次回からは、また別アプリとのコラボについて見ていきたいと思いますので、
詳細は最新の記事がアップされるまでしばらくお待ち下さい!

関連記事

  1. 電子書籍が苦手なあなたへ・・電子書籍アプリを使うと便利な事あれこれ

  2. 【連載6】Lucidchartの図面をGoogleドライブに自動バックアップするには

  3. ムービーメーカーはサポート対象外!簡単な動画編集ならWindowsフォトを使おう

  4. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchartの実力

  5. 簡単ファイル転送アプリ-Xender

  6. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた

  7. [連載]Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期する⑦!2人で使うタブ…

  8. 格安スマホへお引越し―LINEのトークをバックアップしよう!―

  9. 【連載5】Lucidchartの図面データをGoogle(グーグル)ドライブと同期する

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP