情報整理術の数々! PICK UP!

【連載8】Quipの文書内にLucidchartの図面を挿入する

この項はLucidchartのプロアカウント以上が必要です

ドキュメントの共同編集やチームコミュニティをリアルタイムでできるようにした
「Quip」
というツールでは、そのドキュメント内に「Lucidchart」の図面を挿入して活用できます。

Quip

「Quip」アカウントは無料版のままでも大丈夫ですので、アカウントを作って「Quip」にログインします。
まずは、「Quip」で「Lucidchart」を使えるようにするための設定から見ていきましょう。

画面はWindows10になります。

Lucidchart Diagrams for Quipを使えるようにする

QuipアカウントとLucidchartアカウントを接続するために、「Quip」で「Lucidchart」を有効化します。
「Lucidchart Diagrams for Quip」
を手に入れるために以下のリンクをクリックします。

Lucidchart Diagramを手に入れる

「Lucidchart Diagram」は無料で利用できます。
「Quip」で作成したワークスペースにインストールしますので、右下のインストールボタンをクリックします。

QuipアカウントとLucidchartアカウントを接続する

「Quip」のトップ画面で、右上の「作成」ボタンをクリックします。
ドキュメントやスプレッドシート、プレゼンテーションなどを新規作成できますが、ここでは何でもいいので「新規文書」を作成してみます。

メンションを入力して「Lucidchart Diagram」を呼び出します。
文書中に「@」を入力して、続けて「l(エル)」を1文字入力すると、検索機能が働いて上のように「Quip」内で使えるAppの一覧が表示されます。

「Lucidchart Diagram」を選択して、右下の「挿入」をクリックします。

文書内で、「Lucidchart」を操作する画面になります。

先に、QuipアカウントとLucidchartアカウントが接続されているかを確認しておきます。
上の赤く囲んだ「Lucidchart Diagram」というメニューをクリックします。

もし、「Connect Lucidchart Account」と表示されたら、QuipアカウントとLucidchartアカウントの接続ができていません。
接続がされていないと、Quip内で編集したLucidchartの図面がLucidchartに保存されませんので、最初に接続をしておきます。

「Quipインテグレーション」の画面で、Lucidchartアカウントへアクセスできるように、「アクセス権限を付与」をクリックします。

Lucidchartの図面をQuipの文書に挿入する

それでは、「Lucidchart」に保存してある自分で作成した図面を呼び出してみましょう。
「My Diagrams」をクリックします。

前回使った「C工業図面」を呼び出してみます。

プレビューが表示されます。
この図面でよければ「Insert」をクリックします。

Lucidchartでおなじみの作業ツールが表示され、Lucidchartに保存してある図面を編集できるようになっています。

編集の必要がなければ、Quip文書の余白部分をクリックすると、図面が文書内に挿入された形で表示されます。

総括

「Lucidchart」が、マイクロソフトのOffice製品やグーグルのドキュメント類とも親和性が高い、というお話は以前にも当サイトでしましたが、今回見てきたように、オフィスとチャットが合わさったWeb共有ツールの「Quip」とも非常に優れた連携機能を持っています。

ただ、残念ながらマイクロソフトやグーグルのアプリと接続する場合との違いは、
「Lucidchartの無料アカウントではQuipと接続できない」
という点です。

図面作成に重きを置いている会社さんであれば、Lucidchartの有料アカウントで契約しているでしょうし、
チーム内の共有力を上げるためにも「Quip」を導入しているなら是非両アプリの連携を使って作業効率を上げてほしいと思います。

さて、次回もプロアカウント以上でないと使えないツールとなってしまいますが、
スケジュール管理などでよく見られる「タイムライン」の作成を行ってみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

関連記事

  1. 外出先でフリーWiFiを使うなら「タウンWiFi」で簡単接続―Android編

  2. ムービーメーカーはサポート対象外!簡単な動画編集ならWindowsフォトを使おう

  3. 【連載6】Lucidchartの図面をGoogleドライブに自動バックアップするには

  4. 【連載4】Lucidchartで作成した図面をGoogle Slides(グーグルスライド)へ送信す…

  5. これは便利!航空写真で今と昔を比較してみる

  6. 簡単ファイル転送アプリ-Xender

  7. 電子書籍が苦手なあなたへ・・電子書籍アプリを使うと便利な事あれこれ

  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プレゼンモードはこんな…

  9. ちょっとした動画編集をWindowsフォトで行う!動画内の音を消すには??

特集記事!

  1. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  2. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  3. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  4. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  5. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  6. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  7. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  8. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  9. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  10. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  2. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…
  4. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  5. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  6. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  7. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  8. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  9. [slack]19.ファイルを削除する
  10. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP