情報整理術の数々! PICK UP!

LucidChartで頭の中を整理する-コラムやメルマガなど記事を書くのに必須のマインドマップ

普段の何気ないツールやサービスの紹介記事、気が向いた時に書くコラムなんかでもそうですが、書きたいものが”もわっ”と頭に浮かんでいるのに、なかなかその内容がまとまっていかないというジレンマに陥る傾向は結構な頻度であります。

わたくし宮嶋が実際に記事を書く際には、以下のような流れが多いです。

  1. その回の内容をなるべく簡潔にまとめる冒頭部分を考える
  2. 書きたい内容の大見出しや小見出しを先に考える
  3. 頭に浮かんだものを実際に書くかマインドマップを使ってまとめる
  4. 必要であれば見出しの順番を入れ替える
  5. 本文作成・修正
  6. 本文に書ききれない(または敢えて書かない)内容を総括に持って行く

と、まあこんな感じで書いています。

今回は、その中でも3番目に登場するマインドマップについてお話してみたいと思います。

メモリーツリーと比較されるマインドマップとは

「マインドマップ」という言葉自体を聞いた経験のある方は多いと思います。

中心となる項目から関連している内容を枝葉のように分岐させていき、言葉に置き換えていない抽象的な考えを視覚的にまとめる手法を言います。

似たような手法として「メモリーツリー」と呼ばれるものがあります。

「メモリーツリー」も自分の頭の中を整理し、記憶を高める際に使われる手法となります。

マンガ「ドラゴン桜」で、阿院先生が矢島と水野に教えてくれた暗記法としても有名になりましたね。

【新品/あす楽】ドラゴン桜(1-21巻 全巻) 全巻セット

価格:14,828円
(2021/9/10 18:52時点)
感想(19件)

「メモリーツリー」も「マインドマップ」も中心から放射状に関連した言葉やイラストなどを記載していき、関連している事柄の全体像を把握しやすくするために描くものです。

「メモリーツリー」は、しばしばインプット技法として使われ、脳内のまとまっていない言葉やイメージを書き出し、関連性を視覚的に整理しそれを記憶していきます。

一方、「マインドマップ」の目的は主にアウトプットであり、今の自分の思考を整理するために思いや考えをとにかく中心から放射状に掃き出していきます。

自分がコラムや時事など少し長文になりそうな文章をキーワードを絡めて書く場合は、よく「マインドマップ」を使って自分が何を書くのかを整理しています。

その時に使用するツールは、当サイトでもよく紹介している図面作成ツールの「Lucid」になります。

マインドマップはおなじみのLucidSparkで

現在の「Lucid」は、図面作成ツールの「LucidChart」とホワイトボード機能の「LucidSpark」とに分かれていますが、どちらも図面を作成できるツールに変わりはありません。

Lucidの各記事はこちらから

直近で書いた以下の記事も、事前にマインドマップで考えをまとめています。

それでは、どのようにマインドマップ化したのかを見てみましょう。

ありのままに書き出す

マインドマップは、思いついたものをありのままに書き出していきます。

クリックすると拡大します

中心に据えているのは、「リモートワークに導入すべきITツール」ですね。

そこから、大まかに分けたかった「バーチャルオフィス」と「総務側の視点」、「現在までの導入ツール」や「新しく導入する場合の問題点」などを放射状に延ばしてみました。

キーワード同士の結びつきや関連性などは、後から簡単に修正できます。

視覚的に色などで識別し、時に手書きで丸を囲ったり、そのまま文字を書き込んでも違いが出て分かりやすくなったりします。

画面の右側に表示されているのは、「メモエリア」になり、図面とは別に自分でちょっとした内容をメモする時に使えるのですが、今回の記事では本文の各見出し項目の候補を箇条書きで書いています。

記事の大枠となる全体像を図面で描きながら、図面には必要ない自分だけの考えを同じ画面のメモとしてすぐに確認できるのが「Lucid」の使いやすいところでもあります。

総括

さて、今回は個人的なお話となってしまいましたが、コラムやメルマガなど長文を書く際に、ちょくちょく利用するマインドマップについて、利用しているツールと共にお話してみました。

もちろん、マインドマップはノートに手書きで書いてもいいですし、正直な話、手書きの方がしっくりくる場合も多々あります。

今回ぐらいの量だと手書きでもA4ノートに十分まとめられると思いますし、色ペンなどでカラフルに仕上げてみると、一層自分が何をインプットできたのかが引き立ってくると思います。

パソコンでも手書きでも、なんとなくもやもやしていた脳内の考えが可視化されると、霧が晴れたような感覚になりますね。

「Lucid」を使うと、マインドマップに限らずスケジュールや組織図、分析図などの様々な図面を作成できます。

今回は「LucidSpark」上で作業したのですが(LucidChartでもマインドマップを作成できます)、正にホワイトボードに”ささっ”と描けるイメージですし、画像ファイルへのエクスポートや描いた図面の一部などを切り取ったものをつなげてプレゼン資料として保存もできます。

手書きでしっくりいかない、図形や絵柄を多く使いたい、と言う場合は「Lucid」のような図面描画ツールを使ってみるといいかもしれませんね。

関連記事

  1. 【連載9】Lucidchartでタイムラインを作成してみる

  2. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

  3. 【連載8】Quipの文書内にLucidchartの図面を挿入する

  4. 続3・iPadで使うカレンダー:iCloudアカウントだけを使う

  5. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!WindowsもMacも「TuneK…

  6. 【連載6】Lucidchartの図面をGoogleドライブに自動バックアップするには

  7. [連載]Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期する③!2人で使うタブ…

  8. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる

  9. ムービーメーカーはサポート対象外!簡単な動画編集ならWindowsフォトを使おう

特集記事!

  1. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  2. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!Windowsも…
  3. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  4. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  5. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  6. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  8. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  9. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  10. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP