情報整理術の数々! PICK UP!

【チャットワーク実践編】グループチャットで情報共有してみる

前回、「宮嶋と牧村」グループチャットを作成しました。

↓前回のお話はこちら
【チャットワーク実践編】グループチャットを作成してみる

今後、宮嶋さんと牧村さんの2人のやり取りは、すべてこのグループチャット内に記録されていきます。

それでは、どういったやり取りができるのか少し見ていきましょう。

文字や感情アイコンのやり取り

以下は、宮嶋さんのパソコンです。

ブラウザ版か、デスクトップ版アプリのどちらかを起動します。

チャットワークのトップ画面が開きます。

左側のチャットルームの一覧から「宮嶋と牧村」をクリックします。

真ん中下のメッセージ入力欄で「TO」のマークをクリックして、文字を入力します。

入力ができたら、送信します。

宮嶋さんのパソコンに、今送ったメッセージが表示されます。

牧村さんから返事がありました。
画面が開いたままだと、「未読メッセージ」が表示されたままになります。
違うチャットルームを開くなどすると、このメッセージは消えます。

次に、「エモーティコン」で返事したいと思います。

「エモーティコン」は感情を表すアイコンを相手に送ることができます。

なぜ、”ニヤッ”アイコンなのか分かりませんが、メッセージ一覧に表示されました。

ファイルの送付

メッセージのやり取りには、ファイルも送ることができます。

メッセージ入力欄の「クリップマーク」をクリックします。
ファイルを選択するウィンドウで、目的のファイルを選択し、「開く」をクリックします。

「ファイルの送信」というウィンドウが表示されます。
選択したファイル名と、それに付け加えるメッセージを編集することができます。

入力ができたら「送信」ボタンをクリックします。

ファイルがチャットワークへアップロードされ、メッセージ一覧からダウンロードできるようになりました。

Check!

チャットワークでアップロードできるファイルのサイズは、各プランによって以下のようになります。

■フリープラン
5GBまで

■パーソナルプラン
10GBまで

■それ以外のプラン
1ユーザー10GBまで

フリープランを使っている場合、アカウント1つにつき「5GB」までの容量が割り当てられています。
これは、「メッセージで使う文字」、「アップロードしたファイル」などをすべて含めて5GBまで、ということです。

色々なファイルをアップロードしていると、「5GB」と言う容量はあっという間かもしれません。

使用容量の節約を考えるなら、ファイルのアップロードはなるべく行わず、以下のようなやり方の方が無難かもしれません。

「ファイルはOneDriveに放り込んだから、そっちを見てね」
というメッセージだけを送っておくのです。

つまり、ファイルのアップロードをなるべく行わない・・ということですね。

チャットワーク Live

チャットワークには、ビデオ通話の機能もあります。

最近のパソコンだとWebカメラが内蔵されているモデルも多いですし、
USB接続のWebカメラを別に用意してもいいでしょう。

スマホやタブレットの場合、「カメラ機能」でビデオ通話ができるようになります。

ただ、フリープランの場合に気を付けたいのは、
「1対1のビデオ通話」しかできない、ということです。

「宮嶋と牧村」チャットグループのように、2人しかいないチャットルームであれば問題ありませんが、
3人以上が参加しているグループチャットの場合、3人以上が一斉にビデオ通話を行うことはできない、ということになります。

まとめ

チャットワークには、ファイルサーバー機能も持っているので、このページで説明したように「ファイルのアップロード機能」を備えています。

ただ、フリープランでも5GB、最上位の「エンタープライズプラン」でも1ユーザーで「10GB」の容量しか確保されません。

チャットワークを使う場合は、あくまでチャット機能を重視し、
ファイルサーバー機能は、OneDriveに任せてしまう方法をお勧めします。

なお、一度アップロードしたファイルの削除、メッセージの編集や削除などのやり方は、次回お届けします。

関連記事

  1. チャットワークの導入

  2. 【チャットワーク実践編】マイチャットは使わない

  3. 【チャットワーク実践編】グループチャットで情報共有してみる②

  4. 【チャットワーク実践編】グループチャットを作成してみる

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP