情報整理術の数々! PICK UP!

Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【6】

前回に引き続き、いつの間にかシリーズ化しているExcel入社テストの実践編第5回目です。

前回までは以下からどうぞ。

元サイトの記事はこちらから

エラー処理

問題のファイルを真似て作ってみました。必要な方はこちらからダウンロードしてください。

何事にも失敗はつきものです。
人間の世界では、失敗に対処する方法を考えておくことで予防線を張ったり、
失敗したことによって次へのステップアップに生かすことができます。

でも、コンピュータの世界には失敗というものがありません。
この世界で失敗しているのも実は人間だったりします。

人間が「こう動いてほしい」とコンピュータに命令をすれば、
コンピュータは命令通りに動きます。
例え、その命令がとんでもない大間違いだったとしても・・・

したがって、人間がこういう結果になるだろう、と予想してExcelの関数を実行すれば
忠実にその関数を実行して結果を返してくれるのです。
表示できない答えは「エラー」という結果を返してくれて、
突然電源が切れたり、黒い煙を吐いたり、ということには決してなりません。

そう、計算できない場合はきちんとエラーを返してくれるのですから、
再度、人間がこのエラーが起きた場合にはどうしたらよいか、を考えるのです。

回答は、「IF」関数と「ISERROR」関数と「VLOOKUP」関数を組み合わせて(ネスとして)使っていました。

「VLOOKUP」関数の結果が「True」か「FALSE」かを判断している部分がネストされています。
エラーが出るようだったら、「0」を返せばいいし、エラーが出ないんであればそのまま「VLOOKUP」関数の結果を返せばいいよ、と言う意味になります。

もっとスリムに書く

先程の関数の式は、ちょっと見づらくありませんでしたか?

古いバージョンのExcelには、おそらくまだ実装されていなかった気がしますが、
Excel2016を始め、最近のバージョンのExcelには、「IFERROR」関数というとても便利な関数が使えるようになっています。

【IFERROR(指定した値など,エラーの場合の値など)】
これだけです。「IFERROR」関数を使うとエラー処理を行って条件分岐したい場合に、式がとてもスリムになります。

「IFERROR」関数で書き直してみました。
ものすごく式が短くなって、見やすくなりましたよね。
「VLOOKUP」関数を1回書くだけで済んでしまいますし、これだけ短ければ間違いも少なくなります。

この関数も様々なエラーに対処できるので、
是非、覚えておいてください。

続きはまた次回
Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【7】

関連記事

  1. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その1]―地図上へのデータ表示・表示方法の編集を操作…

  2. 大都市を徹底比較して見えてくることとは

  3. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【4】

  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と比較してみる

  5. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】番外編:再検証!あのCHOOSE関数の…

  6. スタイリッシュに決める!Sony Xperia Ear Duoで通勤中も楽々ハンズフリー

  7. 年末調整で求める年調年税額をエクセルの関数を交えて算出してみる!―その1―

  8. 祝!ソフトバンクホークス優勝・・・で、やっぱり引っかかるあの制度の問題

  9. ドラッグストアが着々と食品スーパー化・コンビニ化していく理由とは

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP