情報整理術の数々! PICK UP!

Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【1】

「Word、Excelの基本操作は必須」という応募条件で求人情報を出している企業は、昔と変わらず今も凄く多いです。

それに伴って、Office製品の知識を証明する資格取得者も増えました。

昔は「MOUS」だったOffice製品の技能や知識を証明する資格の名前もいつの間にか
「MOS」という名前に変わり、

”ハンバーガーかい”

などと一人誰にともなくツッコミを入れながら
Officeのバージョンが「2000」の時に自分が取得した「MOUS」の合格証を見て、ふと懐かしさを感じている今日この頃でございます。

そんな折、まるで風雲急を告げるかのように、こんな挑戦状(記事)を発見してしまいました。

採用試験問題が流出?!コレが実際に使われている「Excelスキルのテスト」だ

時代と共にWordやExcelそのものもバージョンアップを繰り返し、
基本操作は変わらないものの、関数やVBAなど玄人が必須とする機能も年を経るごとにバージョンアップしていき、
「コードはもう書けないかも・・」
なんて後ろ向きな自分にまるでタイミング良く届いたかのようなExcel試験です。

というわけで全問とはいきませんが、当方のExcel2016の環境を使って、少しの時間皆さんと一緒に問題を解いてみたいと思います。

よしっ、絶対入社するぞっ!・・・・・

い、いや、がんばるぞっ!

合計と構成比から最大値と最小値を求める

問題のファイルを真似て作ってみました。必要な方はこちらからダウンロードしてください。

自分で経理業務もやっていると、当然Excelは必須となります。
でもね、そんなに関数って使わないんですよ。

”一番よく使う関数は”って聞かれたら、たぶん
「sumif」
を挙げます。
(あくまでも小さい会社である私の環境です・・)

自分で作った表の中で、ある条件に基づいた合計値を拾いたい、というのがとにかくいちばん多い。
もちろん、単純な四則計算だって関数使ってやることもありますが、「sum」は2番目か3番目ぐらいの位置づけです。

でも、大企業になるとやっぱり、
自社商品の売れ筋から構成比を出したり、
優秀な営業マンだけを拾うのに、個々の売上げの最大値やランキングなんかも使うんでしょうね。

足し算だけできりゃ良かった最近の自分の状況から言って、構成比求めたり最大値求めたりってなんだか凄く懐かしいです。
ウルッ(涙)

それでは、Excel2016で同じようにやってみました。

”うわっ!左罫線を2重線にしたのいつぶり?”
というぐらい、問題の表を自分で作りながら思ったりして・・。

まぁ、元記事サイトに解答も載っているので、ここでは補足的な説明を少し書いておきます。

まず、ポイント3つを確認しておきましょう。

  • 与えられている表以外のセルに何かを書き込んではいけない
  • 黄色い枠以外は変更してはいけない
  • 効率のいい方法で処理する

つまり、「ねぇ、合計の出し方分かんないからセルC4を「割り算の商」に変えちゃおうよ」
というのは、2番目のポイントに違反するので”ダメだ”ということです。

まぁ、合計値は解答通りでいいでしょう。
そして、3番目のポイントを守るので、6行目以降は、12行目まで「オートフィル」を使わなければなりません。
1つ1つのセルに合計を埋めたあなた!
それは間違いですよ(笑)

さらに言えば、セルC5は、A5からC5までをドラッグして、メニューバーの「ホーム」にある「オートSUM」ボタンを1回”ポチッ”と押す方がスマートです。

次の「構成比」も解答は載っていますが、ここ、もしかしたらちょっと悩んだ方、もしくは間違っちゃった方がいるんじゃないでしょうか。

構成比はそれぞれ合計の値が、「合計の合計=全体」の内のどの程度を占めているのかを数値で表します。

1番目のポイントを思い出しましょう。
「与えられている表以外のセルに何かを書き込んではいけない」です。

思わずセルC13あたりに、セルC5からC12までの合計を表示させておいてから、数式を作りたくなってしまいますが、そこはグッと我慢です。
昔、学校のテストで「5つの内、当てはまらないものを2つ選びなさい」という問題に対して「当てはまるものを3つ答えちゃった」ような引っ掛けもちょっと入っているような気がしてなりません。

解答通りに5行目であれば、セルC5にC5からC12までの合計(SUM関数の結果)を割り算します。
ちなみに、数値で表示された場合は、メニューバーの「ホーム」にある「パーセントスタイル」でパーセント表記にしておきましょう。
問題文にも「全体の何%か」って書いてありますしね。

あと、絶対参照もお忘れなく。。。
合計する場所は変わりませんからね…..説明は割愛します。

しかし・・・1つ誤解がないように申し上げるならば・・

実務やシステムを構築する現場だったら、
「セルC13に合計値を出して、構成比の列にはC13を参照させた方がスマート」
でしょう。

プログラマーの経験がある方なら分かると思いますが、
変数に値を持っておいて(セルC13に合計値を持っておいて)、計算にはその変数を参照させた方が処理能力は上がると思います。

とは言っても、このデータ量だし、目に見えて”計算が速ーい”ということはありませんけどね。
昔のように、「パソコン自体の処理能力がままならない」とか「メモリは少ないんだから変数は効率よく、使い終わったら開放しとけ」
ということはありませんから、今回の問題のように、構成比の5行目から12行目まで各セル全部に同じSUM関数が入っていても特に気にしなくてもいいんですが。

なんとなく、このセルD5からD12の計算式の書き方ってすっきりしないんですよね。。。

さぁ、最後に「最大値」、「最小値」を求めましょう。
うん、本当に久々にこの関数達使った気がします。

C列にそれぞれ「MAX」と「MIN」で5行目から12行目までを指定して、
D列は、C列を「オートフィル」で出来上がりです。
D列は、%表記をお忘れなく。

最後に、Excelのどのバージョンからかは忘れましたが、「オートSUM」ボタンって、他の関数もオートになったんでしたね。

つまり、MAX関数も、MIN関数も、オートSUMボタンを使って指定できるということになります。

長くなったので、続きはまた次回
Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【2】

関連記事

  1. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】条件分岐を楽にできるSWITCH関数と…

  2. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【4】

  3. 【日本の薬の処方事情とは?】具合が悪くても薬には頼りたくないんだけど

  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】IF関数では対応できなかった進化した条…

  5. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編⑤

  6. 【ちょっと休憩】運転中、画面を見続け中に税別100円未満で口にできる甘いもの5選

  7. 大都市を徹底比較して見えてくることとは

  8. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複したら

  9. パスワード

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP