情報整理術の数々! PICK UP!

Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【2】

前回に引き続き、いつの間にかシリーズ化しているExcel入社テストの実践編第2回目です。

前回はこちら
Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【1】

さて、前回少し書きましたが、今回の問題は私が一番よく使うあの関数が登場します!

条件に合う件数と合計を求める

問題のファイルを真似て作ってみました。必要な方はこちらからダウンロードしてください。

日常の仕訳が多い会社だと、経理専用ソフトウェアを使っているでしょうけれど、
経理を自分でやっていて、それも値の張るソフトウェアになんかお金をかけられない、という当サイトの運営者と合致する会社さんであれば、その内気が付くのです。

”そうだ、Excelに移行(いこう)”
と、JRのどっかのコマーシャルみたいなキャッチフレーズをつぶやいたりしながら、普段の仕訳だけでもエクセルで管理なんかを始めたりします。

そう、この問題のパターンはまさにそれです。
つまり、「勘定科目ごとに数値を合計」したいときに、あの「sumif」の登場となります。
この問題は、「名称ごとに、合計を出す」・・・、そういうことです。

そして、この関数に慣れてしまうと、他の「〇〇if系」の使い方にも慣れてしまいますから。
怖いものなしですね。

前回同様、ポイント3つを確認しておきましょう。

  • 与えられている表以外のセルに何かを書き込んではいけない
  • 黄色い枠以外は変更してはいけない
  • 効率のいい方法で処理する

まず、「名称別件数」を求めるために、「countif」関数を使います。
「count」関数の条件指定版です。

条件範囲から、条件に合致する件数を調べるのですから、
「COUNTIF(B$5:B$19,F5)」
となります。

回答は、条件範囲をどちらも絶対参照にしていますが、問題を見るとcountif関数はこの列しか使わないので、B列には絶対参照を指定しなくても大丈夫だと思います。

さて、次の「A合計」と「B合計」は関数はそれほどでもないですが、絶対参照の指定が少し複雑ですね。
最初に「セルH5」だけ解答できれば、後は簡単です。
「セルI5」は「セルH5」からのオートフィルで求められます。
これで、「名称あ」のA合計とB合計が出ました。

最後に、この2つのセルを範囲選択して、セルI5のオートフィルで一気に12行目までドラッグしましょう。

セルH5は「SUMIF($B$5:$B$19,$F5,C$5:C$19)」
検索範囲は、求めるセルがどこであろうと変わることはないので、行も列も絶対参照になります。

検索条件は行ごとに変わる必要はありますが、「A合計」だろうが「B合計」だろうが列は固定なので、列だけ絶対参照となります。

最後の合計は、5行目から19行目までの合計範囲は変わりませんが、「A合計」と「B合計」と列ごとに変わります。
つまり、行だけが絶対参照となりますね。

「一番効率のいい方法で解答」しなければならないので、やはり複数セルのオートフィルは使いたいところです

さて、最後にもう一度件数を数える関数ですが、
問題を写している時に
「空白セルがある・・・あっ、あの関数を使わせる気だ!」
と、気づいてしまいました。
いやらしいですね(笑)

「全体件数」は、次のように2通りで表示できます。

  • セルC5からセルC19までを「count」関数で数える
  • セルG5からセルG12までを「sum」関数で数える

もちろん、どちらの関数でも間違いではないんですが、
「一番効率のいい方法で解答」しなければならないので、ちょっと考える必要がありますね。

セルG15(全体件数)を求めて、それをH15(A件数)とI15(B件数)にオートフィルするのが一番効率がいいでしょう。
したがって、「count(C5:C19)」でセルG15の全体件数を求めて・・・・はダメなのですよ。

それはなぜか?
セルC15に「空白」のセルがあります
これは、「名称か」のAに、何の取引も発生していないという意味なのでしょう。

ということは、この空白は件数としては数えてはダメだという意味ですね。
何らかの取引があれば、「名称」は必ずセルに埋まるんでしょうけれど、商品(かどうかは問題文からは不明だけど・・)Aも商品Bも取引がなければ空白になる可能性もあるということで、常に空白を除いた数を数えるようにしなければなりません。

その場合に使う関数は「counta」関数となります。
これは、範囲内の空白セルを除いた件数を数えてくれる関数です。

長くなったので、続きはまた次回
Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【3】

関連記事

  1. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセルのIF関数を紐解く…

  2. 2018年は生き方・働き方のセカンドソート

  3. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編②

  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】文字列を連結する新しい関数CONCAT…

  5. 貧乏性

  6. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】文字列を連結する新しい関数・・の前にC…

  7. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセルのIF関数を紐解く…

  8. 年末調整で求める年調年税額をエクセルの関数を交えて算出してみる!―その3―

  9. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【6】

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP