情報整理術の数々! PICK UP!

Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【6】

前回に引き続き、いつの間にかシリーズ化しているExcel入社テストの実践編第5回目です。

前回までは以下からどうぞ。

元サイトの記事はこちらから

エラー処理

問題のファイルを真似て作ってみました。必要な方はこちらからダウンロードしてください。

何事にも失敗はつきものです。
人間の世界では、失敗に対処する方法を考えておくことで予防線を張ったり、
失敗したことによって次へのステップアップに生かすことができます。

でも、コンピュータの世界には失敗というものがありません。
この世界で失敗しているのも実は人間だったりします。

人間が「こう動いてほしい」とコンピュータに命令をすれば、
コンピュータは命令通りに動きます。
例え、その命令がとんでもない大間違いだったとしても・・・

したがって、人間がこういう結果になるだろう、と予想してExcelの関数を実行すれば
忠実にその関数を実行して結果を返してくれるのです。
表示できない答えは「エラー」という結果を返してくれて、
突然電源が切れたり、黒い煙を吐いたり、ということには決してなりません。

そう、計算できない場合はきちんとエラーを返してくれるのですから、
再度、人間がこのエラーが起きた場合にはどうしたらよいか、を考えるのです。

回答は、「IF」関数と「ISERROR」関数と「VLOOKUP」関数を組み合わせて(ネスとして)使っていました。

「VLOOKUP」関数の結果が「True」か「FALSE」かを判断している部分がネストされています。
エラーが出るようだったら、「0」を返せばいいし、エラーが出ないんであればそのまま「VLOOKUP」関数の結果を返せばいいよ、と言う意味になります。

もっとスリムに書く

先程の関数の式は、ちょっと見づらくありませんでしたか?

古いバージョンのExcelには、おそらくまだ実装されていなかった気がしますが、
Excel2016を始め、最近のバージョンのExcelには、「IFERROR」関数というとても便利な関数が使えるようになっています。

【IFERROR(指定した値など,エラーの場合の値など)】
これだけです。「IFERROR」関数を使うとエラー処理を行って条件分岐したい場合に、式がとてもスリムになります。

「IFERROR」関数で書き直してみました。
ものすごく式が短くなって、見やすくなりましたよね。
「VLOOKUP」関数を1回書くだけで済んでしまいますし、これだけ短ければ間違いも少なくなります。

この関数も様々なエラーに対処できるので、
是非、覚えておいてください。

続きはまた次回
Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【7】

関連記事

  1. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【7】

  2. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【2】

  3. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その2]―ツアーを作成してみる

  4. 起業直後!印刷、コピー、FAXはどこまで用意したらよいのか

  5. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】集計を行うAGGREGATE関数を使い…

  6. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④

  7. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【4】

  8. タブレットでもキーボードで文字入力したい!

  9. スタイリッシュに決める!Sony Xperia Ear Duoで通勤中も楽々ハンズフリー

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP