情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2020.05.12

[slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

slackで管理できるファイルは、パソコンなどの端末上だけのものとは限りません。
クラウドストレージ上のファイルもslackで同じように処理することができます。
ここでは、「DropBox」、「GoogleDrive」の2つのクラウドストレージのファイルをslackで管理してみたいと思います。

DropBox

2通りの方法で、DropBox上のファイルをslackのチャンネルで共有してみます。
1番目の方法は、DropBoxから初めてファイルをアップロードしつつ、そのままDropBoxと連携する場合、
2番目の方法は、DropBoxから特にアップロードするファイルが今のところないものの、連携だけはしておく場合となります。

DropBoxファイルのリンクを貼る

ここでは、「ryo88」が自分の「DropBoxアカウント」を使ってファイルを処理することにします。
ブラウザでアカウントにログインし、保存されているファイルを確認します。
slackにアップロードするファイルを決めたら、マウスを合わせて、表示される「共有」をクリックします。

「リンクを作成」をクリックします。

共有用のリンクが作成されます。
「リンクをコピー」をクリックします。

slackのチャンネルにDropBoxのファイルを共有します。
(ここでは、「身内のよた話」チャンネルに投稿することにします)
メッセージフィールドに、先程コピーした共有リンクを「貼り付け」して、「送信」します。

DropBoxのリンクを投稿すると、「slackbot」から
今後、「ryo88」による「DropBox」からのファイルのインポートを常に許可してもよいかを聞かれます。

「はい」をクリックすると、「APIリクエストの承認」というページが開きます。

「許可」をクリックすると、次のようなメッセージが表示されます。

これで、「ryo88」ユーザーは、次のようにパワーアップしたことになります。

  • 【1】.メッセージフィールドの横にある「+」ボタンをクリックすると、「DropBox」と言う項目が表示される
  • 【2】.slackにインポートされたファイルは、検索も共有もできるようになったが、その実態は「ryo88」のDropBoxアカウントに保存されている

【1】は、次のようになります。

それまで、「ryo88」のパソコンからファイルをアップロードすることはできましたが、
加えてDropBoxからもファイルをアップロードすることができるようになったわけです。

さらに【2】は、次のようになります。

上の画面は、「にしの弘美」がslackにログインした後の画面になります。

slackにアップロードされていながらも、
実体は「ryo88」のDropBoxに保存されている「IMG_0017.jpg」は、
他のユーザー(ここでは「にしの弘美」)がslack上で検索をしても、きちんとヒットしていますね。

AppディレクトリからDropBoxをインストールする

先程まで見てきた方法は、
直接DropBoxの画面で目的のファイルのリンクをコピーして、
それをslackのメッセージから投稿し、
DropBoxとslackを連携させる方法でした。

特に、共有したいファイルがない場合は、次のように
ワークスペースの「App管理」から手動で「DropBox」アプリをslackと連携させる方法もあります。

App管理を操作できる権限とは?!

「App管理」は、ワークスペースの「オーナー」もしくは「管理者」権限でなければ、操作できません。
「通常メンバー」の権限であるユーザーは、「App管理」を開くことができません。
詳細は、利用しているワークスペースのプライマリオーナー(ワークスペースの作成者)に確認するとよいでしょう。

ワークスペース名をクリックし、「その他管理項目」から「App管理」をクリックします。

何も登録されていないと、上の画面のようになります。
「Appディレクトリを参照する」をクリックします。

slackと連携できるアプリの一覧が表示されます。
一覧から「DropBox」を選択します。

上のような画面になったら、「インストール」をクリックします。

1番目の方法では、目的のファイルをアップロードしながらslackとDropBoxを連携しましたので、「DropBoxアカウント」も前もって分かっていましたが、ここでは単に連携させただけなので、どのDropBoxアカウントを使用するのか決まっていません

したがって、「DropBoxアカウントを認証する」をクリックして、アカウント認証を行います。

DropBoxアカウントに既にログインしている場合

上のように表示されたら、以前にこのパソコン(などのデバイス)でDropBoxにログインしている状態なので、「許可」をクリックするだけで、そのアカウントが登録されます。

DropBoxアカウントにログインしたことがない場合

上のように表示されたら、1度もこのパソコン(などのデバイス)でDropBoxにログインしたことがないため、ログイン情報を求められます。
slackと連携するDropBoxアカウントでログインしましょう。

Googleドライブ

DropBoxと同様に、「Googleドライブ」もslackと連携させることができます。
基本的な操作は、DropBoxと同じ流れとなります。

ブラウザの「Googleドライブ」にログインし、slackにアップロードしたいファイルを右クリックすると一覧に「共有可能なリンクの取得」がありますので、これをクリックします。

DropBoxの時と同じように「slackbot」からメッセージがあります。

slackがGoogleドライブへアクセスできるように「許可」をクリックします。

ワークスペースで利用できるGoogleアカウントと連携させれば、このアカウントのGoogleドライブにあるファイルは、いつでもslackへと表示させることができるようになります。

「App管理」を確認すると、最初に追加したDropBoxに加え、「Googleドライブ」が追加されましたね。

メッセージフィールドの「+」をクリックすると、「クラウドサービス」と言う項目が増え、「DropBox」と「Googleドライブ」が選べるようになっています。

※直接「App管理」からGoogleドライブを追加する方法は、DropBoxと同じとなりますのでDropBoxを参考に設定してみてください。

Googleドライブは、通常ユーザーも利用できる

DropBoxと違って、Googleドライブは、ワークスペース内の「通常メンバー」権限のユーザーでも利用することができます。
このページの例では、まず「ryo88(プライマリオーナー)」がGoogleドライブとslackの連携を設定します。
その後、「にしの弘美(通常ユーザー)」がメッセージフィールドでファイルを追加しようとすると、「Googleドライブ」という項目が表示されます。
「にしの弘美」がもし、「Googleアカウント」を持っていて、その自分のアカウントに保存してあるファイルをslackで共有したいときには、「にしの弘美のGoogleアカウント」がslack内に認証アカウントとして保存されることになります。
つまり、このワークスペース内には「ryo88」と「にしの弘美」の2人分のGoogleアカウントが認証される、ということになるのです。

関連記事

  1. [slack]10.メッセージに書式設定をする

  2. 【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

  3. [slack]21.スニペットを作成する

  4. [slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

  5. [slack]27.Outlookを使っていない会社がslackにメール管理を導入するならShare…

  6. [slack]17.ファイルを追加する

  7. [slack]23.Trelloアラートをインストール―Trelloの変更通知をslackで受け取る…

  8. [slack]29.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(後編)

  9. [slack]11.ダイレクトメッセージを使ってメンバー同士でやり取りをする

特集記事!

  1. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  2. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  3. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  5. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  6. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  7. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  8. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  9. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  10. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP