情報整理術の数々! PICK UP!

QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設定してみる

「QR決済」が競争を激化させている今年にあって、最大の刺客であった
「PayPay」
が満を持してサービスを開始しました。

「PayPay」を運営する「PayPay株式会社」は、あのソフトバンクとヤフーが合同で起ち上げた会社であり、利用者側の決済方法も「Yahoo!Japan ID」と連携できるなど、大手IT会社による強力なサービスを前面に出してきそうな匂いがプンプンしてきます。

2018年10月現在で、新規登録した人に”500円のプレゼント”を行っている「PayPay」の画面や設定などを紐解いてみたいと思います。

アプリのインストール

AndroidとAppleの両方でインストールすることができます。
下のアドレスを開くと、QRコードからアプリのインストールページへと移動することができます。

https://paypay.ne.jp/

ログイン情報は、「Yahoo!Japan ID」でログインするか、「携帯電話番号とパスワード」でログインするかを選択することができます。

トップ画面

トップ画面には、「コード支払い」用のバーコードが表示されています。
1つのバーコードは5分で新しく生成されます。

「スキャン用」をタップすると、相手(店舗側)のバーコードを自分が読むための画面を起動することになります。
その場合、「PayPayアプリ」が、自分のカメラへアクセスすることを許可する必要があります。
最初に、「スキャン用」画面を開くと、上のようにカメラへのアクセス許可を聞かれますので、「許可」をタップします。

「残高」を開くと、現在の「PayPay」の残高を確認することができます。

チャージ

「残高」の画面から、「PayPay」にチャージすることができます。
チャージするためには、「銀行口座」の登録が必要となります。

銀行口座の登録ができていれば、上のように指定の金額(手入力も可)を「口座の残高」に応じてチャージすることができます。

出金

出金は、現在のところ準備中となっています。

支払方法の種類

支払方法は、全部で3種類あります。

残高にチャージ

銀行口座を登録しておけば、PayPay残高にいつでもチャージすることができます。

Yahoo!Japan ID

「Yahoo!Japan ID」との連携をしておくと、「Yahooウォレット」に登録している支払方法をこの「PayPay」でも使えるようになります。
「Yahoo!Japan ID」は無料で作成できますし、既にYahooのアカウントを持っていて普段からYahooウォレットを使っている方は、すぐに「PayPay」への支払方法を設定することができますね。

クレジットカード

「Yahoo!Japan ID」を持っていて、「Yahooウォレット」も普段使っているけど、「PayPay」の支払方法は別のクレジットカードにしたい時には、「クレジットカードを追加」することもできます。

アカウント画面

トップ画面の左上の「設定」をタップすると、「アカウント画面」が表示されます。
このアカウント画面で気になるのが、「レシート」ですね。

レシートには、これまで決済された取引を確認することができますので、どこでいくら使ったのかを簡単に把握することができます。

また、「アカウント画面」には、「性・名」を入力する部分もあります。
現時点では、フルネームを登録する意味はあまりないような気がしますが、
もしかすると今後のサービス展開として、「LINEPay」のような割り勘サービスなどを始める可能性もあるのかもしれません。

まだまだこれから

というわけで、今秋からサービスが始まると言われていた「PayPay」のアプリダウンロードが、とうとう開始されました。
やはり大手IT会社のサービスだけあって、新規登録の「500円」は結構太っ腹ですよね。

最初の時点で、「銀行口座からのチャージ」と「Yahoo!Japan IDとの連携」、そして「クレジットカード」と支払方法が思っていたより豊富に用意されているので、日ごろからクレジットカードやYahooウォレットを使っている方は、難なく「PayPay」を使うことができそうです。

現在、他のQR決済を重点的に使っている方も、もちろん難なく使えるでしょう。

すぐすぐメインの支払方法とはならなくても、
アプリをインストールしておいて、支払方法などの最初の設定をしておく価値はあると思いますよ。

関連記事

  1. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見ておこう!

  2. イマイチ分からなかったQR決済を徹底比較!2020東京五輪へのキャッシュレス化の波に乗り遅れるなっ!…

  3. LINEモバイルの支払いに使える!「LINE PAY」を設定してみよう!

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP