情報整理術の数々! PICK UP!

【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る

Excel2016(以下、エクセル)は、ワークシート内に「インク」という機能を使って手書き風のデータを作成することができます。

「インク機能」を使うために、環境によっては最初にエクセルの設定を変更しておく必要があるかもしれません。

「インク」を活用すれば、キーボードから入力されたデータとは違い、データへのアプローチに彩りを加えることができるのです。

エクセルのオプションを確認する

まずは、インク機能を使うためのエクセルの設定を確認します。

新規にエクセルファイルを作成したら、「ファイル」タブを開き、「オプション」をクリックします。

「Excelのオプション」ウィンドウが表示されます。
「リボンのユーザー設定」を開き、右側の「メインタブ」の一覧を確認します。

もし、「描画」にチェックマークが入っていない場合はチェックをつけます。

「描画」にチェックマークを付けて、展開してみると上の図のようになります。
これで、「インク」を使うことができるようになります。

描画タブを確認してみる

「OK」ボタンをクリックして、「Excelのオプション」ウィンドウを閉じ、エクセルの画面に戻ると、リボンに「描画」タブが表示されているのが分かります。

各機能は以下の通りとなります。

①シート内に手書きの文字を書くことができます。
②クリックすると手書きの文字を消すことができます。
③ペンや蛍光ペンの各色を新たに追加することができます。
④シート内に書いた手書き文字や図で、図形に変更できるものを自動で変更することができます。
⑤シート内に記入した手書き文字を書いた順番通りに再生することができます。

とりあえず描いてみる

「ペン」ツールで「黒いペン」を選択して、キーボードから入力済みだった表を手書きで囲ってみました。

なお、ペンツールでの入力状態からキーボードでの入力状態に戻すには、以下のような方法があります。

  • エクセル以外のアプリ(ソフトウェア)を一度アクティブにし、再度エクセルに戻ってくる
  • ワークブック内に、当該シートとは別のシートがある場合そのシートを一旦アクティブにした後、再度当該シートをアクティブにする
  • キーボードから「Escキー」を押す

マウスポインタがいつもの「白い十字」になっていない場合は、「描画モード」となっています。
その場合は、上のようなやり方で、描画モードを終了するようにします。

ペンの種類や色を作成してみる

ペンの色や種類は、後から自分で作成することができます。
最初から用意されているペンも自分好みに変更することができます。

元々用意されていた「黒いペン」をクリックします。
「ペンの太さ」や「色」を変更することができます。
また、必要なくなった場合は「削除」することもできます。

新たに追加する場合は、「鉛筆」、「ペン」、「蛍光ペン」から作成することができます。
同じように、太さや色も設定することができます。

描いた文字や図形を再生する

「インクの再生」をクリックすると、これまで描いた順番通りにインクの文字や図形が再生されていきます。
「早送り」や「巻き戻し」もできますので、エクセルファイルの資料を元にした社内会議などでは、直接ワークシートに書き込んだ手書き文字や図形を順番に確認したり、プロセスをもう一度確認したり、といった使い方もできるでしょう。

総括

この「インク」は、もちろん「Word」や「PowerPoint」など、他のOfficeアプリケーションでも同じように使うことができます。

見づらくなりがちな手書き文字も、「再生機能」を使う事で、動線が明らかとなり、説明のプロセスが読み手にも分かりやすくなると思います。

今回は、エクセルで説明しましたが、おそらく「PowerPoint」の方がこの機能を使うには適しているかもしれませんね。

タブレット端末など文字入力に適していないデバイスでOffice製品を利用する場合、意外とこの手書き入力は重宝するかもしれません。

関連記事

  1. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】FORMULATEXT関数はどう使う?…

  2. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】集計を行うAGGREGATE関数を使い…

  3. 年末調整で求める年調年税額をエクセルの関数を交えて算出してみる!―その2―

  4. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTubeにアップしてみる…

  5. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③

  6. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編⑤

  7. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複したら

  8. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【6】

  9. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]

特集記事!

  1. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  2. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  3. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  4. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  5. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  6. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  7. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  8. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  9. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  10. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  2. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…
  4. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  5. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  6. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  7. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  8. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  9. [slack]19.ファイルを削除する
  10. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP