情報整理術の数々! PICK UP!

【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセルのIF関数を紐解く(その2)

前回は、エクセル2007から追加された「IF」系の関数の内
「SUMIFS」関数を使って、リストから様々な検索データに基づく売上の合計金額を算出してみました。

今回は、算術処理というよりは、エラー処理を扱う関数になります。
数式や関数の結果にエラーが発生する場合に分岐処理ができる
「IFERROR」関数
について見ていきたいと思います。

Excel2007から追加された「IFERROR」関数

エクセルのバージョンアップで、最も変更の大きかった
「エクセル2003からエクセル2007へのバージョンアップ」
において、この「IFERROR」関数の追加も非常に興味を引く内容となりました。

それはなぜかと言うと、「IFERROR」関数の追加によって
「関数式の作成工程を減らせるようになった」
からです。

では、「IFERROR」関数の登場は、関数のヘビーユーザーにどのようなメリットを与えてくれたのでしょうか。

それには、エクセル2003までエラー処理を行う関数であった
「ISERROR」関数
も一緒に見ていく必要があるのです。

「ISERROR」関数の使い方

実際に、「ISERROR」関数を使ったデータを確認してみましょう。

上の表では、単純な計算式を作成しています。
A列の数字をB列の数字で除算しているだけですが、1行目は0で除算しているため結果としてエラーが表示されてしまいます(セルC1)。

このように、何かしらのエラーが表示される場合を見越してエラー処理をしておく場合に、
「ISERROR」関数
を使います。

セルD1には、「=ISERROR(C1)」という関数が入力されています。
つまり、計算結果となる「C1」のセルがエラーとなるか、ならないかを表示しているのです。

そして、E列には、「ISERROR」関数の結果から、「IF」関数で処理を分岐した値が表示されます。

=IF(D1,”式を確認してください”,”○”)

セル「D1」がTRUEなら(エラーなら)、メッセージを表示させ、
FALSE(エラーではない)であれば、「○」と表示させます。

シートに関数を埋め込んで、「ユーザーにシートを使わせる」ような場合は、
ユーザーの誤入力などに対する処理を行う工程は重要となるわけですが、その際にこの「ISERROR」関数はよく使われてきたわけです。

最後は以下のように関数を1つで記述するのが一般的でしょう。

「IF」関数の条件式に「ISERROR」関数を組み合わせるわけですね。

さて、この「ISERROR」関数を使う場合の難点は、やはり
「関数式が長くなる」
不便さでしょう。

2つの関数を組み合わせ、さらに条件分岐が多くなると、「IF」関数がネスト状態となり、数式が煩雑になります。

そこで登場した関数が、「IFERROR」関数なのです。

「IFERROR」関数の使い方

「IFERROR」関数は、引数に「正常な場合の値」と「エラーが出る場合の値」を記述できます。

=IFERROR(A1/B1,”式を確認してください”)

最初の引数に、「セルA1をセルB1で割る式」、
2番目の引数に「式がエラーになった場合、”式を確認してください”」というメッセージを出力するようにしています。

「ISERROR」関数を使って、同じ様に結果を表示した式を作成してみました。
上の「IFERROR」関数と見比べてみると式の長さが一目瞭然ですね。

「ISERROR」関数は、エラーの判定を「TRUE」か「FALSE」でしか結果を返せなかったので、
その判定を元に、最終的に「IF」関数で処理する必要があったのですが、
「IFERROR」関数は、求めたい結果もエラーの場合に処理したい結果もそのまま「値」で返せるようになったので、
関数式がコンパクトに記述できるようになったのです。

続きは次回

関数はもちろん、プログラミングの世界でもエラー処理を行う場面は必ず存在します。
「ISERROR」を始め「IS~」系のエラー処理をする関数は、とても効率が悪くて
私自身、自作で関数を作って処理していた頃もありました。

それに比べれば、「IFERROR」関数の登場で、関数でのエラー処理も少しは楽になったのかもしれませんね。

さてさて、次回はエクセル2010から追加された集計用の関数「AGGREGATE」関数にスポットを当ててみたいと思います。

どうぞお楽しみに!

関連記事

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③

  2. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセルのIF関数を紐解く…

  3. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その2]―ツアーを作成してみる

  4. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【5】

  5. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】集計を行うAGGREGATE関数を使い…

  6. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】条件分岐を楽にできるSWITCH関数と…

  7. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】IFNA関数はどう使う?

  8. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その1]―地図上へのデータ表示・表示方法の編集を操作…

  9. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【7】

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP