情報整理術の数々! PICK UP!

【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-スマートリスト編①-

さて、前回までで、「メールでのタスクの作成の仕方」、「スマホでの操作方法」を見ていきました。

今回は、数あるToDoアプリの中でも、「リメンバーザミルク」ならではの機能である
「スマートリスト」
について見ていきたいと思います。

スマートリストって何?

「スマートリスト」とは、私たちユーザーが作成したタスクやノートを「ある条件で検索」することで得られた結果を保存しておく
「検索結果リスト」
のことです。

「スマートリスト」で保存した内容は、素早く的確に、その検索によって得られた一覧を閲覧できるので非常に便利です。
「リメンバーザミルク」の画面上にある「検索ボックス」を使用して「スマートリスト」を作成しますが、その検索方法はパソコンでもスマホでも同じとなります。

パソコンでスマートリストを作成する

画面は、Windows10となります。

パソコンで「リメンバーザミルク」に接続すると、画面の上の方に「検索ボックス」が表示されています。
この検索ボックスに、検索したいワードを入力して管理しているタスクから目的のタスクを探します。

上のように、検索ボックスに「打合せ」と入力してみます。

タイトルの中に、「打合せ」が含まれているタスクが1件、検索にヒットしました。
今後、打合せが含まれるタスクを常にリストアップさせるために、この結果リストを保存します。

画面右側に、「スマートリストを保存する」がありますので、これをクリックします。

「スマートリスト」の名前を任意で入力して「保存」をクリックします。

画面左側のメニューの中にある「スマートリスト」に、今作成した「【打合せ】」が作成されました。

「【打合せ】」にある「▼」マークをクリックして表示されるメニューから「スマートリストの変更」をクリックします。

先程新規に「スマートリスト」を作成した時とは異なり、検索条件に含めないワードや、逆に検索条件に追加できるものが増えています
一旦、ここは「キャンセル」をクリックして、ウィンドウを閉じます。

もう一度、メニューで「【打合せ】」にある「▼」マークをクリックして、今度は「よく使う項目に追加」をクリックします。

メニュー内に「よく使う項目」が新しく表示され、この中に「【打合せ】」が移動しました。

パソコンで複雑なスマートリストを作成する

それでは、「【打合せ】」の内容をもう少し複雑なものに変更してみましょう。
最初は、タスク名に「打合せ」が含まれている一覧を表示するようにしていましたが、それに「社内」というワードをタスク名に含めず「優先度が1」のタスクだけを抽出するようにした結果を「【打合せ】」として保存するようにしました。

現在、作成されているタスクは上の通りだとすると、それらしいタスクは3つほどあることが分かります。

条件に合致するタスク名は、「優先度が1の【横浜支社での営業部打合せに参加】」しかありませんので、この1件だけが抽出され、今後、「スマートリスト」の「【打合せ】」を参照すると、この1件が表示されるようになります。

それでは、新たに1件タスクを追加してみます。

タスク名に「打合せ」というワードが入り、「社内」というワードが含まれず、優先度が1であるタスクを追加してみました。

「スマートリスト」の「【打合せ】」を確認してみると、先程追加したタスクもきちんと表示されています。
検索対象となるタスク名を自動で収集してくれる「スマートリスト」の利便性がここにありますね。

左側メニューの「スマートリスト」の横の「+」をクリックしても、新しい「スマートリスト」を作成することができます。
ここでは、「【タグと優先度1】」というスマートリストを作成してみたいと思います。

検索条件として、タスク名は特に指定せず、「ペット」というタグを持ちつつ、優先度1のタスクを拾うようにしてみます。

1件のタスクが抽出されました。

スマホで確認してみる

スマホは、Androidです。

「スマートリスト」をスマホの画面でも確認してみます。

2つの「スマートリスト」が確認できました。
「【打合せ】」は、「よく使う項目」に追加しているので、その中に表示されています。

スマホの左側メニューの「スマートリスト」の横に「+」があり、これをタップすると新しい「スマートリスト」をスマホからでも作成することができます。

「スマートリストの追加」画面が表示されましたが、検索条件は「入力ボックス」に文字を入力するだけのようになっていますね。
実は、スマホから検索条件を複数入力するには、少し”コツ”が必要となります。

それは、また次回にお話しします。

関連記事

  1. かゆいところに手が届く便利ツール「窓の手」をWindows10でも使えるようにする

  2. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管理アプリ

  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する

  4. [連載]3.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!カードの操作

  5. アンインストールしたくてもできない!不要なソフトウェアはIObit Uninstallerを使ってさ…

  6. 【Pocket徹底解説2】気になるWebページはPocketに保存する!

  7. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①

  8. Androidスマホで音声メモを記録する無料アプリ―スーパーボイスレコーダー

  9. [連載]1.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!ボードとは?!

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP