情報整理術の数々! PICK UP!

とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地はいかに

以前、当サイトにおいて、Web上で利用できるホワイトボードツールである
「RealtimeBoard」
を紹介したことがありました。

さて、このホワイトボードツールがなんとマイクロソフトからも正式リリースされました。
その名も「Microsoft Whiteboard」(以下、Whiteboard)という、ある意味そのままのアプリ名となりました。

「Whiteboard」は、マイクロソフトのストアから「無料」でインストールすることができます。

「Whiteboard」を起動すると、規約に同意するかのウィンドウが表示されます。
「Accept」をクリックします。

「Get Started」をクリックすると、チュートリアル後にホワイトボードを利用できるようになります。

真っ白な画面に、ボードに記載するためのペンツールなどが下にメニューとして表示されています。

一番左側はペンツールとなっています。

黒いペンやカラフルなペン、マーカー、消しゴムなどがあります。
ペンツールを終わる場合は、一番左の赤いチェックをクリックします。

ペンで文字を書いてみました。

パソコンの中に保存されている画像や写真をボードに貼り付けてみました。
メニューの左から2番目の「画像」マークをクリックすると、画像を挿入することができます。

挿入した画像の大きさを変える場合は、画像を「右クリック」します。
上のように、画像の右下に「〇」が表示されますので、マウスでこの「〇」をドラッグして画像の大きさを変更します。
画像そのものをドラッグすると、任意の場所に移動することができます。
画像をドラッグしている間は、画像に影が付いて浮いたようになるので分かりやすいですね。

メニューの左から3番目をクリックすると、ボードに付箋紙を貼ることができます。
画像と同じように、サイズ変更や移動ができるようになっています。

貼り付けた付箋紙の上で「ダブルクリック」すると、付箋の中に文字を書くことができます。

付箋紙に文字入力ができる状態の時に、付箋紙の右下にマウスを合わせると「…」が表示されます。
これをクリックすると、付箋紙の色を変更することができるようになります。

右上の「歯車アイコン」をクリックして、「Clear canvas」をクリックすると
「キャンバス内のすべての文字や画像を削除する」ことができます。

作成したボードの内容は、同じく「歯車アイコン」をクリックして、「Export image」をクリックすると「pngファイル」として保存することができます。

ざっと、「Whiteboard」の使い方を見てみましたが、まぁ特に他のホワイトボードアプリと比較しても、目新しい部分はないようですね。

マイクロソフトアカウント(無料やOffice365ビジネス、教育など)があれば、誰でも利用できます。
ただ、現状だとマイクロソフトアプリでしか提供されていないので、iOSやAndroidなどのスマホアプリ、そしてWebベースでの利用はもう少し先になりそうです。

ちょっとした打合せで利用するなら、パソコンとプロジェクタの組み合わせで、保存した画像ファイルを全員で共有する、と言う方法が今のところの利用方法かな、というところです。

関連記事

  1. [連載]2.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!リストの作成・アーカイブ・…

  2. 【Pocket徹底解説1】気になるWebページはPocketに保存する!

  3. Androidスマホで音声メモを記録する無料アプリ―スーパーボイスレコーダー

  4. 作成したデータをPDFファイルに変換したいーPDF reDirect V2ー

  5. 【マイクロソフト To-Do】スター(重要度)とリストの共有が利用できるように!

  6. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈夫②!

  7. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-メール機…

  8. [連載]1.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!ボードとは?!

  9. 【Pocket徹底解説2】気になるWebページはPocketに保存する!

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP