情報整理術の数々! PICK UP!

[連載]1.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!ボードとは?!

当サイトでもタスクを管理するツールやコミュニケーションツールなどを色々と紹介してきました。

今回ご紹介する「Trello」は、「プロジェクト管理ツール」として、多くの機能を無料で利用できるツールです。

「タスク管理ツール」よりは少し機能が豊富で、「コミュニケーションツール」の中でも進捗管理だけに重点を置いたような、そんな中間的なツールとなります。

パソコンはもちろん、タブレットで利用する場合の見やすさ、使いやすさも申し分ない「Trello」の世界を是非一緒に堪能していきましょう。

アカウント作成からボードの確認まで

「Trello」は各OSで利用できますが、ここでは「iPad Pro(iOS:12.1)」での操作を中心に見ていきたいと思います。

アカウントは、氏名とメールアドレス、パスワードで登録できます。
入力できたら、「アカウントを作成」をタップします。

「iPadでのTrello利用方法」と書かれた枠が表示されています。
この枠の事を「Trello」では、「ボード」と言います。

「ボード」はTrelloの中で一番大きなくくりとなります。
「ボード」の中に「リスト」があり、各リストの中に「カード」と呼ばれる最小単位のメモを記入する場所があるのです。

ちなみに、上の画像のように「iPad」でTrelloのアカウントを作成すると、「iPadでのTrello利用方法」というボードがあらかじめ作成された状態となります。

もし、「Androidスマホ」などでTrelloのアカウントを新規作成した場合、「AndroidでのTrello利用方法」というボードがあらかじめ用意されることになります。

それでは、「iPadでのTrello利用方法」という名のボードをタップして開いてみましょう。

ボードの中には、「やってみる」と「やったこと」という名の2つのリストがありますね。

「やってみる」リストには、カードがたくさん置かれている一方で、「やったこと」リストには、カードが1枚もありません。

ここから「リスト」や「カード」を追加して、ボードを充実させていくのです。

ボードの追加

ボードを新しく追加することもできます。

「Trello」のホーム画面で、右上の「+」をタップします。

新しいボード名、公開範囲、背景色を設定できます。

「公開範囲」を「公開」にすると、閲覧だけは誰でもできるようになります。
特定のメンバーだけで閲覧・編集する場合は、「非公開」のままでも十分です。
「A案件」という名のボードを新しく作成してみました。

ボードのアーカイブ

ボードを完全に削除せずに、ボードの一覧などに表示されないように「アーカイブ」することができます。
後で、思い返したい時に「アーカイブ状態」のボードであれば、ボードを検索をした時の検索対象に含まれるようになります。

「A案件」ボードをもう使わなくなったけど念のため取っておくとして、「アーカイブ」してみましょう。

まず、「A案件」をタップして開きます。

「・・・」をタップして、サイドメニューを開きます。(①)
「設定」をタップして、「ボードの設定」ウィンドウを表示します。(②)
設定の下にある「ボードをアーカイブ」をタップします。(③)

ボードの一覧から、「A案件」ボードが表示されなくなりました。

ボードの削除

ボードを「アーカイブ」した場合は、すぐにボードの一覧に復活させることができますが、”もう完全にボードを削除したい”、という場合には「ボードの削除」を行います。

ただ、iPadからは「ボードの削除」を行うことができません。

ボードを削除する場合、パソコンのブラウザで「Trello」に接続する必要があります。
iPadでログインしていたユーザーアカウントと同じアカウントでログインします。

「Trello」のトップページを開くと、「ボードリスト」があるので、これをクリックします。

表示されたメニューから「アーカイブ済みのボードを確認」をクリックします。

現在、アーカイブされているボード名が表示されます。
ここでは、先程アーカイブした「A案件」ボード1件が表示されました。

「削除」ボタンをクリックして、「A案件」ボードを削除します。

続きは次回

今回は、主にボードについて動作を確認してみました。

iPadだけでは操作できない部分もありますが、ボードは本当の大枠なので、データの核となるリストやカードを作成・編集する際はiPadでも十分使いやすいツールとなっていると言えるでしょう。

次回は、「リスト」の作成や編集などを行っていきたいと思います。

関連記事

  1. Androidスマホで音声メモを記録する無料アプリ―スーパーボイスレコーダー

  2. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈夫②!

  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地はいかに

  4. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた

  5. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法

  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-スマート…

  7. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②

  8. 【マイクロソフト To-Do】スター(重要度)とリストの共有が利用できるように!

  9. 【Pocket徹底解説1】気になるWebページはPocketに保存する!

特集記事!

  1. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  2. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  3. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  4. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  5. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  6. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  7. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  8. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  9. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…
  10. MVNOへ移行する前に確認しておきたい6つの注意ポイントとは

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには
  2. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  4. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  5. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  6. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  7. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  8. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  9. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  10. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP