情報整理術の数々! PICK UP!

スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①

会社を起ち上げたばかりの頃は、なにかと機械や備品などの設備が整っていなくて、
ちょっとした作業でも、業務が滞ってしまうようなこともあるかもしれません。

例えば、紙の文書や写真画像をデータに取り込むときの「スキャナ」というものがあります。
最近では、スキャナ単体を用意するところも珍しく、
大体は、大型の複合機を用意してそこでスキャンニングする、というのが一般的です。

しかし、複合機もなくスキャナもないとなれば、やはり
手持ちの機械で何とかするしかありませんね。

そこで、今回はAndroidスマホ(以降スマホ)を使って、各ドキュメントをスキャンするやり方を見ていきたいと思います。

Office Lensをインストールする

スマホで利用できるスキャナアプリは、色々な種類が発表されていますが、
ここでは、無料で高機能なマイクロソフトの「Office Lens」をインストールしてみます。

スマホに「Office Lens」がインストールされたら、早速起動してみましょう。

Office Lensでドキュメントをスキャンする

スキャン対象として「ホワイトボード」と「ドキュメント」、「名刺」、「写真」と4つのパターンがあります。

スキャン対象を「ドキュメント」にして、折り目の付いた書類をスキャンしてみました。

もちろん、折り目の付いたままスキャンされます。

スキャンした画像は、この画面で、「トリミング」や「回転」、「画像種類(サイズ)の変更」ができます。
この状態で良ければ、画面右下の「オレンジのチェックマーク」をタップします。

スキャンした画像はクラウド上にアップロードします。
ここで、アップする際のファイル形式を選択します。

ここでは、「OneDriveへPDFファイルを保存」するのと同時に、
「スマホ内にイメージデータとして保存」もしてみましょう。

OneDrive内の任意の場所に「Office Lens」フォルダが作成されていると思いますので、
その中の「アップロート日付と時間の付いたファイル」を探します。
しわしわですが(笑)、スキャンした場所を四角できちんとトリミングしてくれています。

同時にスマホ内に保存したイメージデータは、
「内部ストレージ -> pictures -> Office Lens」フォルダに格納されます。
「Office Lensフォルダ」は内部ストレージの直下にもあるので間違えないようにしてください。

保存先のOneDriveのアカウントは?

さて、先程PDFファイルで保存した際の「OneDrive」のアカウントですが、
これは、個人アカウントでも法人アカウントでもどちらでも問題ありません。
「Office Lens」のアカウント管理方法を見ておきます。

スキャン画面で、「設定」をタップします。

「設定画面」が開きます。一番上の「アカウントの管理」をタップします。

画面では、個人用アカウントと法人用アカウントが並んでいます。
この場合、現在のアカウントは「個人アカウント」となり、この個人アカウントのOneDriveがスキャンデータの保存先となります。
スキャンに使用するアカウントの切り替えは、各アカウントをタップするだけで、簡単に切り替えることができます
もし、必要のないアカウントがあれば、各アカウントの右にある「?(3点リーダー)」から「サインアウト」をタップして一覧から消すことができます。

もし、個人アカウントをサインアウトした場合、法人アカウントだけが残り、
今後スキャンしたデータの保存先OneDriveは、法人アカウントのOneDriveとなります。

さて、この「Office Lens」がとても使いやすい”スキャンアプリ”だということはお分かりいただけたかと思いますが、
実は、「OneNoteへの保存」に関しては、マイクロソフトアカウントと絡むと少し注意する必要があるのです。

それは、また次回のお話!

関連記事

  1. [連載]3.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!カードの操作

  2. 【Pocket徹底解説1】気になるWebページはPocketに保存する!

  3. 【マイクロソフト To-Do】スター(重要度)とリストの共有が利用できるように!

  4. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-スマホ操…

  5. [連載]1.iPad Proで使うプロジェクト管理ツール「Trello」!ボードとは?!

  6. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②

  7. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-スマート…

  8. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地はいかに

  9. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法

特集記事!

  1. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  2. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  3. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  4. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  5. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  6. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  7. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  8. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  9. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  10. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  2. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  3. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  4. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  5. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  6. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  7. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  8. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  9. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  10. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP