情報整理術の数々! PICK UP!

スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②

前回、Androidスマホ(以降スマホ)にインストールした「Office Lens」を使って、ドキュメントのスキャンを実際に試してみました。

前回はこちら↓
icon-hand-o-rightスマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①

「Office Lens」でドキュメントをスキャンすると、スマホ内に保存されるイメージデータ以外は
すべて「OneDrive」に保存されます。

主なファイル形式は、以下となります。

  • PDFファイル
  • Wordファイル
  • PowerPointファイル
  • OneNoteファイル
  • イメージファイル

「Office Lensで優先されているアカウント」に紐づいたOneDriveに保存されるわけですが、
この保存先で唯一、アカウントがらみで気を付けなければならないファイルがあります。

それは、「OneNote」です。

Office365 Businessの場合は注意

当サイトが、「Office365 Business」を契約していることを前提に話を進めていることが多いので、こんなサブタイトルを付けるのは本当に恐縮なのですが・・・

実は、法人アカウントの「Office365 Business」で管理しているノートブックに、
「Office Lens」でスキャンしたドキュメントを放り込むことはできません。

これは、「Office365 Business」のライセンスにおける「サービス」によるところとなります。

というのも、「Office365 Business」ではWordやExcelなどのドキュメントやOneNoteの新規ブックは
「会社名-my.sharepoint.com/personal/ユーザー名~」
と言う場所で管理されます。

各法人アカウント用のSharepoint内にあるOneDriveへ、ユーザー達が様々なドキュメントを保存・共有します。
当然、このOneDriveには、同じ会社のユーザー達しかアクセスできません。

今回の「Office Lens」などの他アプリケーションから、WordやExcel、またPDFなどのように新規に作成されたファイルをOneDrive上にアップロードするだけであれば、問題なくアップロードできるのですが、
OneNoteのように、ファイル(ノートブック)があらかじめ作成されているその中に、
他アプリケーションから「セクションを挿入する」など、OneNoteのファイルの中にアクセスすることは、Shrepoint上での共有違反になっている可能性があります。

そう、「Office365 Business」には、「Sharepointサービスが提供されていない」ことが、要因となっていると思われるのです。

ノートブックの中に情報を共有していく「OneNote」というツールの性質上、
他アプリケーションからOneNoteへのデータ挿入などがうまくいかないときは、
「法人アカウントで、Office365 Business」を契約している場合に限り、
「Sharepoint違反」を疑ってみた方がいいかもしれません。

「Office Lens」以外にも、OneNoteとの連携がうまくいかないケースはあるのですが、それは改めてまとめてみたいと思います。

関連記事

  1. Androidスマホで音声メモを記録する無料アプリ―スーパーボイスレコーダー

  2. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-スマート…

  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地はいかに

  4. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①

  5. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈夫①!

  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-メール機…

  7. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管理アプリ

  8. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク管理アプリ-スマート…

  9. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP