情報整理術の数々! PICK UP!

データベース接続確立エラー?・・・WordPressをインストールした時に”ドはまり”したDBエラーの解決方法とは

先日、持っているドメインの「サブドメイン」に、
新しくWordPressをインストールしようとしたのですが・・・・・

どうしても、どーーーしても「データベース接続確立エラー」

と表示されてしまい、インストールが完了しないのです。

親ドメインに、インストールした時は問題なかったのに、
サブドメインにインストールできないのはなぜなんだろう???

インターネットで色々調べても、出てくるのは、
「データベースへの接続情報をもう一度確認してみましょう」
というお話ばっかり。。。

「データベースへの接続情報は問題ないっちゅうねん!」

よくある、レンタルサーバーのマイページにある【データベース情報】をコピーした際に
”余計な空白も一緒にコピーしちゃった”
ということでもないのです。

何度確認しても、データベース接続情報は合っているし。。。

何が悪いんだろう・・・トホホ・・・

と、まぁその後、結果的に解決したのですが、
「あ~でもない、こ~でもない」
と、あらゆる事を確認したのに、その解決方法とは
「なんだよ~~。。。」
というものでした。

もしかしたら、同じ悩みを抱えている方もいるかもしれませんので(いないかっ!)
一応、このページ内に記しておきます。
参考にしていただければ幸いです!

ちなみに、レンタルサーバーはロリポップです。

データベース接続情報の登録までは問題なし

  • サブドメインに割り当てたディレクトリにWordPressの各ファイルをコピー
  • 「wp-config.php」にDB名、ユーザ名、パスワード、ホスト名を記述
  • http://サブドメイン.ドメイン/wp-admin/install.phpでインストール開始

と、ここで上の図のような「データベース接続確立エラー」が表示されるのです。

試しに、「http://サブドメイン.ドメイン」と入力してみると・・・。

やっぱり、「データベース接続確立エラー」となります。

サブドメインが反映されていないかDNSか

もしかして、サブドメインがまだ反映されていないのかも・・・
いや、DNSに何か問題があるのか・・・

そこで、サブドメインのディレクトリ直下に、テスト的に
”テスト”と1行書いた「index.htm」
を配置してみます。

すると・・・

”おやっ!ちゃんと表示されるやないかい”
ということは、サブドメインは反映されているし、DNSも問題はない。

そもそも、サブドメインの反映がまだ完了していなかったり、DNSの問題なのであれば、
「404エラー(ページが見つかりません)」
となるはずです。

サブドメイン上のWordPressから、きちんとデータベースに接続しに行っている・・
ということは、サブドメインへのアクセスは上手くできているわけかぁ。。。

WAFを疑ってみた

たぶんないだろうなぁ・・・と思いつつ、
一応これも調べてみました。

ロリポップでもしばらく前に、導入されたものがあります。
それは、「WAF(ワフ)」です。

これは、「Web Application Firewall(ウェブアプリケーションファイアウォール)」の略で、
アプリケーションサーバ(この場合、WordPressがインストールされたサーバ)の直前で、不正アクセスや攻撃を検知するためのシステムです。

つまり、「WAF」よりも前面のネットワークレベルに設置されている
「セキュリティ機器(ファイアーウォールやIPSなど)」で、不正アクセスや攻撃などを防御できなかった場合に、このWAFが立ちはだかって、ブロックするわけです。

しかし・・・。

そもそも、アプリケーションサーバまでは到達できていて、そこから先のデータベースサーバへの接続を試みた時にエラーが出るわけです。

データベースサーバへ外部から接続できるわけではありません。
おそらく、ロリポップで構築しているネットワーク内のアプリケーションサーバからの接続しか受け付けないはずです。

つまり、WAFを有効にすることで何か問題があるのなら、
アプリケーションサーバ、つまりWordPressが動くはずがないのです。
そう、「データベース接続確立エラー」すら返すはずがないということですね。

さぁ、困った…と、ロリポップのヘルプを調べていると

ロリポップは「マルチドメイン」を設定できるので、別のドメインもいくつか登録していました。

他に登録していたドメインの1つで、サブドメインを作ってテストしてみたのですが、
やはり、同じようなデータベース接続エラーとなります。
でも、だいぶ前にサブドメインで作ったサイトは、きちんとWordPressが稼働したんだよなぁ。

ロリポップ側で何か制限をかけたのだろうか???

いよいよもって、もう何が何だか見当もつかなくなりました。

とりあえず、制限をかけているのなら、何かロリポップのヘルプに載っているかもしれない、と思い
色々調べていると・・・ありました。

こんなページを見つけたわけです。

PHP7.1利用のドメインで簡単インストール、サイト表示ができません。

ん??

PHP??

「PHP」とは、アプリケーションサーバ上で動くプログラムの事で、
このプログラムがあるおかげで、日々何も気にせず「WordPress」が使えるのです。
つまり、WordPressを使うなら”なくてはならないもの”というわけですね。

ただ、自分の家などでアプリケーションサーバを構築しているなら話は別ですが、
レンタルサーバを利用しているのなら、利用者はほとんど意識せずにPHPを使うことができるのです。

つまり、当たり前すぎて「PHP」の存在を忘れていました。

なになに…..PHP7.1のバージョンを使う場合、
「セキュリティレベルが高いデータベースへの接続方法を採用」

う~ん、これだな(苦笑)

早速、ロリポップの管理画面を確認してみます。

「サーバの管理・設定」から「PHP設定」をクリックします。

管理している各ドメインやサブドメインの一覧が表示されます。
PHPは、ドメインごとに使用するバージョンを指定できます。

新しく、ドメインもしくはサブドメインを登録すると、
「PHPのバージョンは最新の7.1になる」
ということです。

今回、新たにサブドメインを登録したので、このサブドメインには「PHP7.1」が割り当てられたわけです。

上の図のように、各ドメインの中で、「PHP5.2」などのバージョン5がいくつかありますが、
これらのドメイン上でWordPressをインストールした場合、データベース接続エラーは出ません。

PHP7.1を使う場合だけ、データベースへの接続方法がこれまでよりも高セキュリティなので、接続エラーが出ていたわけですね。

データベースパスワードを再設定する

さて、それでは「PHP7.1」でもデータベースサーバに接続できるようにしましょう。

先程のロリポップのヘルプページの中に解決方法が書かれています。

PHP7.1利用のドメインで簡単インストール、サイト表示ができません。

これによると、データベースサーバの接続パスワードを再設定するだけです。
しかも、これまで使ってきたパスワードと同じでもよいようですね。

「サーバの管理・設定」の「データベース」から、「パスワードの再設定」ボタンをクリックします。

「新しいパスワード」と「新しいパスワード確認」にパスワードを入力します。
今まで使ってきたパスワードでもOKです。

というか、違うパスワードにすると、各WordPressの「wp-config.php」を書き換えなければならないので、同じ方が面倒がなくていいです。
入力ができたら「パスワードを再設定する」をクリックして完了です。

まとめ

「PHPの設定」は、全然目に入らなかったですねぇ(笑)

だいぶ、時間を費やしましたが、分かってみたら
「なんだぁ~」
という感じでした。

セキュリティの観点からも、
PHPのバージョンは、最新のものを使った方がいいでしょう。

データベースのパスワードを再設定すれば、後は問題ないので、
今一度、持っているドメインのPHPバージョンをチェックしておくことをお勧めします。

関連記事

  1. ActiBookを使って電子ブックを作成!自社発行の情報誌やマニュアルを発信してみる

  2. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは

  3. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを簡単に

  4. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよう!

  5. [IFTTTを活用して効率UP]PocketでアーカイブしたURLをOneDriveにバックアップす…

  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【formrun】を使…

  7. 【2020年版】外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリ5選

  8. 次世代のコミュニケーションツール「Collabee(コラビー)」の特徴とは?

  9. パワーポイントが使いづらい環境の方はこちら―「ebook5」を使って電子カタログを作成する

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP