情報整理術の数々! PICK UP!

自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【formrun】を使ってみる!

自社サイトを運営していると、訪問してくれたユーザーに対して何かしらのアクションを要求したくなることがあります。

例えば、自社製品を試してもらった際の「アンケートフォーム」
会員のみが参照できるページにアクセスしてもらうための「会員募集フォーム」
自社で発行しているカタログなどを請求してもらう「請求用フォーム」
など、多くは「入力フォーム」として、サイトに訪問してきたユーザー(お客様)への窓口の役割を果たしてくれることになります。

そんな「フォーム作成」に、時間をかけず簡単に
そしてセキュリティも安全で管理がしやすい
「formrun(フォームラン)」
というサービスをご紹介しましょう!



無料で試してみる

まずは、無料で試してみましょう。
上のリンクから「formrun」のトップページへと移動します。

「無料でスタート」をクリックします。

ログインアカウントを作成します。
「Googleアカウント」でも作成できます。

アカウントが作成できたら、
「チーム名」を入力します。

「フォーム」の作成方法を選択します。
手軽に作成したい場合は、左の「フォームクリエイターで作成する」を選択します。

公開するフォームのURLを設定して、「登録する」をクリックします。

豊富なテンプレートから作成したいフォームを作成する

それでは、公開するフォームの内容を作成していきましょう。

「formrun」を無料で使う場合は、作成できるフォーム数は3つまでとなります。

24種類あるテンプレートの中から、「会員登録フォーム」のテンプレートでフォームを作成してみたいと思います。

テンプレートの選択で、「会員登録」をクリックします。

左サイドメニューの「フォームタブ」にある各項目を追加することで、
フォームに入力項目が追加されていきます。

追加した項目の編集は、マウスをその項目に合わせるだけで簡単に変更できます。

上の画面では、「会員登録」というタイトルにマウスを合わせたところです。

クリックすると、タイトルやサブタイトルなどを編集できるようになります。

左サイドメニューの「スタイルタブ」に切り替えると、
レイアウトやフォントなどを変更することができます。

「設定タブ」を開くと、「自動メール返信」や
「指定したメールへの通知」など、管理面での細かい設定を行うことができます。

管理画面

「formrun」は、管理画面の「設定」から様々な設定を行うことができます。
上の画面のフォーム一覧から目的のフォームの「設定」をクリックします。

各アプリへの通知機能

「formrun」では、公開しているフォームに入力があった場合に、
指定のメールアドレスやslack、チャットワークなどのコミュニケーションツールへと通知を行うことができます。

外部アプリとの連携

公開したフォームへ入力があった場合に、
その入力者情報を「Googleスプレッドシート」へエクスポートしたり、
「メールチンプ」でメールアドレスを取り込めば、そのメールアドレスに一斉に返信したりすることができるようになります。

ただし、残念ながらこの連携機能は無料プランでは使用することができません

自動メール返信

問い合わせに対して、自動返信メールの定型文を作成することができます。
受け付けた相手のデータをそのまま返信メールに記載して、
相手に、「どの問い合わせに対する返信であるか」を分かりやすくすることもできるのです。

登録された後の管理画面

※クリックで拡大します

サイト内に作成した「会員登録フォーム」を公開した結果、
閲覧して、そのまま登録してくれたユーザーさんが何人かいたとしましょう。

その場合、管理画面の「リスト」を確認すると、現在までにどのような登録情報が集まってきたかを一覧形式で確認することができます。
現在、各登録ユーザーに対しては、すべて「未対応」というステータスになっています。

一覧形式では、左のチェックボックスを付けることで、
「ステータス」や「担当者」を一括して変更することができます。

※クリックで拡大します

リスト内のユーザーをクリックすると、詳細画面へと移動します。

詳細画面では、ユーザー個々に対して、「ステータス」を変更したり、
「担当者」を変更したりすることができます。

また、自社内で共有するための「メモの作成」や
「ユーザーへのメール送信」などを行うことができます。

なお、無料プランの場合、
「メール送信は100件/月まで」
という条件付となります。

登録されたユーザーごとに、処理を行い、リストは上のようになりました。

一覧データをCSV形式でエクスポートする場合は、有料プランが必要となります。

一覧形式は見づらい・・・
と言う方には、表示方法をボード上のカード形式で表示させることもできるのです。

ステータスごとに、登録されたユーザーの情報がカード形式で振り分けられるようになります。

無料プランの制限事項とは

無料プランの場合、
問い合わせ対応できるメールの送信件数が1ヶ月で100通までだったり、
登録されたユーザーのリストをCSVエクスポートすることができなかったり
と機能が制限されていることは、これまでにも書いてきました。

その他にも、
作成できるフォーム数は3つまで
問い合わせに対応できるメンバーは1人まで
とその機能にはだいぶ制限が加えられています。

しかし、導入前のお試しで利用してみる分には、
その機能を十分試すことができますし、
登録フォームをそれほど作る必要がないのであれば、
無料プランでも使い倒すことができるかもしれません。

広くユーザーに知ってもらいたい、情報を届けたい
と感じていてもその呼び込み方法を見つけることができない方には、
是非「formrun」の無料版で、作成から管理までの手軽さを感じてみて頂きたいですね。



関連記事

  1. 信用の低い個人事業主だからこそ使いたい債券買取サービス「フリーナンス」とは

  2. パワーポイントが使いづらい環境の方はこちら―「ebook5」を使って電子カタログを作成する

  3. 次世代のコミュニケーションツール「Collabee(コラビー)」の特徴とは?

  4. 起業直後!印刷、コピー、FAXはどこまで用意したらよいのか

  5. (続)自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

  6. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを簡単に

  7. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

  8. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法とは

  9. データベース接続確立エラー?・・・WordPressをインストールした時に”ドはまり”したDBエラー…

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP