情報整理術の数々! PICK UP!

【formrun】で作った会員登録フォームに登録があったら「slack」のチャンネルに通知してみる

「アンケートフォーム」や「会員登録フォーム」などを
簡単に自社サイト内に設置できる
「formrun(フォームラン)」
には、実際にフォームに登録があると、その一報を通知してくれるサービスがあります。



現在、「formrun」では、
メールslackチャットワーク
の3種類で利用者に登録があった報告を受け取ることができるようになっています。

その中の1つである「slack」のチャンネルで、通知を受け取る方法を見ていきたいと思います。

slackにAppを追加する

まずは、slackでアプリを追加します。

「Appディレクトリ」を開いて、アプリ名の検索ボックスに、
「Incoming Webhook」
と入力します。

「Incoming Webhook」のアプリ情報が表示されます。
「設定を追加」をクリックします。

メッセージが投稿されるチャンネルを選択します。
ここでは、あらかじめ作成しておいた「会員登録情報」チャンネルに、通知されるように設定します。

「WebHook URL」が表示されますので、これをコピーします。

formrunの受信通知を設定する

「formrun」のフォームの設定画面へと戻ります。

左サイドの「受信通知」をクリックすると、右側に
メール通知、slack通知、チャットワーク通知を選択できる画面になります。

「slack通知」を「オン」にし、「Slack Webhook URL」に、
先程コピーしたURLを貼り付けます。
一番下の「更新する」ボタンをクリックします。

会員登録フォームにデータを登録してみる

実際に会員登録フォームにテストデータを登録してみましょう。

入力後に、送信します。

slackの「会員登録情報」チャンネルを開きます。
初回のテスト投稿の後に、登録された内容がslackのチャンネル上にメッセージ表示されていることが分かります。

slackの画面からformrunのボードを開く

slackのチャンネルに通知された新しい登録情報は、
データを管理している番号がリンクとなっています。

このリンクをクリックすると、formrunの登録データを編集する画面へと移動することができます。

ユーザー情報や担当者の設定、メールの返信もしくは簡単なメモの作成ができます。
わざわざformrunを起ち上げる必要がないので編集が楽にできますね。

編集が終われば、そのままこれまでのユーザー登録リストを一覧で確認することができます。

また、slackのチャンネルに通知されたユーザー情報の
「メールアドレス」
をクリックすると、登録ユーザーにメールを返信することができます。

ただし、slackから直接メールを返信した場合、
formrunの管理画面ではメールの返信を行った記録は残りませんので注意が必要です。

総括

利用率の高いチャットツールである「slack」や「チャットワーク」に通知を送ってくれる「formrun」は、やはり登録フォーム作成サービスをクラウドで展開している企業の中では、非常に使いやすく初期導入のしやすいサービスになっていると思いますね。

新たな機能追加も期待できますし、
自社サイトは持っているのに、ユーザーとのコミュニケーションのページを持っていない・・
という方は、無料アカウントから試してみる価値はあると思います。

もちろん、slackやチャットワークを使っている企業の方々にとっても
その親和性を考えると、「formrun」の導入に対する検討の余地は十分あると思いますよ。



関連記事

  1. 【Windows10版】Webdavフォルダを作ってアクセスを楽々にする方法

  2. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  3. 【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

  4. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

  5. [slack]14.自分のダイレクトメッセージがToDoリストとして使える

  6. [slack]8.権限を変更してパブリックチャンネルをプライベートチャンネルに変換する

  7. 【slack】3.メッセージの投稿では「スレッド」を上手に使おう!

  8. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft365アプリは直接開く…

  9. [slack]15.メッセージにスターをつける

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP