情報整理術の数々! PICK UP!

ActiBookを使って電子ブックを作成!自社発行の情報誌やマニュアルを発信してみる

以前、電子ブックを作成するオンラインツールとして、当サイトでも「ebook5」を取り上げていました。

「ebook5」は、PDFや画像ファイルから「電子ブック」を作成できましたが、今回もPDFファイルから「電子ブック」を作成できるサービス「ActiBook」をご紹介します。

ActiBookの方が優れている点

マルチデバイス対応

「ActiBook」では、公開した電子ブックを閲覧してもらう方法としてURL以外にも専用のアプリを指定できます。
いわゆるマルチデバイスに対応しているのです。

上の画面は、iPadでアプリをインストールして起動した直後の画面です。
本棚が表示されていて、ダウンロード済みの電子ブックが3冊あるのが分かります。

この他にも、AndroidやHTML5はもちろん、Flash版も利用できます。

限定公開ができる

一つの電子ブックでも「特定の会員」だけに見て欲しい、という場合に
「限定公開」
を利用できます。

プラン内で利用できる「会員管理機能」を使えるので、それによって会員と非会員で閲覧できる内容を差別化できるのです。

「ebook5」にも「ID/PWD機能」はありますが、これはあくまでもブック毎への設定となるため、閲覧するユーザーごとに見せる内容を変えるには、「ActiBook」を利用した方がいいでしょう。

デザインのカスタマイズ性

どちらも「デザインのカスタマイズ」はできるのですが、「ActiBook」の方が多少カスタマイズ性が高くなっていると思います。

電子ブックを開いた際のメニューボタン(目次)のデザインを変更できます。
目次で表示するフォントも変更できるので、オリジナリティを打ち出せます。

また、ブックの下部に表示されるメニュー項目もカスタマイズできます。
メニューボタンはもちろんですが、自社のロゴや広告なども挿入できますので、利用者が電子ブックの操作をする際の導線に自社でお勧めしたい内容を表示させられますね。

挿入できるファイル形式

「ebook5」でも動画や地図を埋め込めるのですが、あくまでも
「YouTube」へのリンクや「Googleマップ」へのリンクを埋め込むだけとなります。

「ActiBook」の場合、単体の音声ファイルや動画ファイルを指定して埋め込めるので、各データを作成した後に別のアプリを経由させる必要がありません。

総括

今回、「ActiBook」も少し紹介してみましたが、とりあえず「ebook5」よりは優れている部分を挙げてみました。

何と言っても「マルチデバイス対応」は欲しいところでしょう。

もちろん、ブラウザさえあればiOSでもAndroidでも「ebook5」も電子ブックの閲覧はできるのですが、
専用のアプリからすぐに起動できる方が使い勝手はいいかもしれません。

「ebook5」は、機能がある程度抑えられるとは言え、無料アカウントで電子ブックを作成できます。
しかし、「ActiBook」は日数限定の体験版があるだけで、各コースとも営業担当者との直接交渉による金額設定となります。

その分機能も豊富ですし、電位書籍のようなページ数の厚い電子ブックも作成できるようになりますので、デザイン・コンテンツ・会員とマルチに管理していくなら「ActiBook」はお勧めのサービスとなりそうです。

ただ、フリーペーパーや自治体の広報誌のようなもっと手軽に電子ブックを作りたい方のためには、同じ「ActiBook」の中でも「ActiBook One」というサービスもあります。

こちらは、無料アカウントで実際の制作も体験できますので、「ebook5」と比較しながら試作してみるのもいいかもしれませんね。

電子ブックを作成するこれらのサービスについては、どれも違いはそんなにありません。

ただ、カスタマイズ性やページのボリューム、そして何より料金によって利用できる幅が変わってきます。

自社でちょっとしたパンフレットやフリーペーパーを発刊したい場合、提供したいコンテンツによってどういった機能が必要かを見極める必要がありますね。

関連記事

  1. シンプルにシェアするならこれっ!最強のオンラインホワイトボードシステムが登場!

  2. 【Windows10版】Webdavフォルダを作ってアクセスを楽々にする方法

  3. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法とは

  4. [IFTTTを活用して効率UP]IFTTTに登録して使えるようにしてみよう

  5. formrunのフォームクリエイターでメールマガジンの購読フォームをランディングページ風に作成してみ…

  6. 今こそおさらいしておきたい!クラウドストレージ6選を比較してみる

  7. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【formrun】を使…

  8. 起業直後!印刷、コピー、FAXはどこまで用意したらよいのか

  9. 【formrun】で作った会員登録フォームに登録があったら「slack」のチャンネルに通知してみる

特集記事!

  1. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  2. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  3. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  4. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  5. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  6. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  7. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  8. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  9. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  10. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  2. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…
  4. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  5. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  6. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  7. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  8. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  9. [slack]19.ファイルを削除する
  10. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP