情報整理術の数々! PICK UP!

  • iWork
  • 最終更新日: 2020.01.13

iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【①スプレッドシート操作】

MacOSやiOSで利用できる表計算ソフトウェアの「Numbers」をiPadで使いこなしたい人に本連載をお送りします。

まずは、基本的なスプレッドシートの操作から見ていきましょう!

新しいスプレッドシートの追加

「Numbers」を開いてスプレッドシートを新たに作成する方法はいくつかあります。

  • 新しく空白のスプレッドシートを作成する
  • テンプレートからスプレッドシートを作成する

上の画面の場合、右上の「+」をタップすると、新しくスプレッドシートを開く画面へと遷移します。

また、既存のスプレッドシートを呼び出す方法は以下のようになります。

  • 最近使った項目から呼び出す
  • ファイルアプリをブラウズして呼び出す

上の画面で言えば、「+」をタップする前の画面、つまり「Numbers」を開いた直後の画面に「最近使った項目」や「ブラウズ」があり、これまでに作成したスプレッドシートはここから開けます。

「+」をタップして、「空白」というまっさらな新しいスプレッドシートを開いてみました。

左上に、「シート1」と表示されています。(①)
これは、エクセルで言うワークシート名になります。
新しくスプレッドシートを開くと、デフォルトの「シート1」というシート名が1つあるスプレッドシートが作成されます。

データは、行列番号が表示されていませんが、「表1」という名前のテーブルが作成されています。

スプレッドシート名は、「空白」となっています。(②)
最初の画面に戻る場合は、「スプレッドシート」をタップします。(③)

スプレッドシート名とシート名を変更する

スプレッドシート名とシート名をそれぞれ変更してみたいと思います。

スプレッドシート名の「空白」をタップすると、メニューが表示されます。
「名称変更」をタップして、スプレッドシート名を変更します。

今度は、シート名を変更しますが先程のスプレッドシート名のようにタップではなく、
「ダブルタップ」でシート名にカーソルが表示されます。
任意の名前に変更してみましょう。

シートをコピー?複製?

「Numbers」でのシート操作もエクセルとほとんど変わりありません。

シート名をタップすると、メニューが表示されます。

  • カット→シートを切り取って、別のスプレッドシートに貼り付けできます
  • コピー→シートをコピーして、別のスプレッドシートに貼り付けできます
  • 複製→シートをコピーして、同じスプレッドシート内に貼り付けします
  • 削除→シートを削除します

シートを新規に作成する場合は、シート名の並びの一番左にある「+」をタップします。
メニューには表示されません。

エクセルには、シートの移動かコピーしかありませんが、
「Numbers」には、カット(移動)、コピー、複製の3つがあります。

コピーと複製が似ていますが、前者は
「同じスプレッドシート内でも違うスプレッドシートにも貼り付けできる」
のに対し、後者は
「同じスプレッドシート内に即貼り付けられる」
という違いがあります。

コピーの場合、必ず「ペースト(貼り付け)」という作業が必要になりますが、
複製の場合は、ペーストをする必要がありませんのでちょっとだけシート操作の時間を短縮できますね。

総括

まずは、「Numbers」でのスプレッドシートやその中で管理される各シートの操作方法を見てみました。

ツールバー部分がすっきりしているので、シート名を表示しているタブがエクセルとは違って画面上部に来ますが、かえってこの方が見やすかったり操作しやすかったりします。

シートの操作はエクセルと似通った点も多いのでそれほど難しさを感じないでしょう。

さて、次回からはセル内の操作を行っていきます。
今回も少し出てきましたが、新しくシートを作成した際に、既に「表」が作成されていましたね。

セル内での操作は、エクセルの感覚とはだいぶ違う点があります。
広いセル範囲の中で、ある程度自由になんでも記述できるエクセルとは違い、
表が主体となる「Numbers」では、まず自由に表を操作できるようにならなければ思うようなセル操作ができません。

ということで次回からは、セル操作を中心にデータを作成していきたいと思います。

関連記事

  1. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【⑤関数その2】

  2. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【③セル操作・続】

  3. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【⑥グラフ作成】

  4. iCloud for WindowsでiWorkの「KeyNote」を操作してみる

  5. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【②セル操作】

  6. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【④関数】

  7. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【⑧リストの整理】

  8. iPadでエクセルのような作業をしたい!Numbersを使いこなす技をその手に【⑦図形の挿入】

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP