情報整理術の数々! PICK UP!

  • 格安SIM
  • 最終更新日: 2018.10.6

意外に多い?!通信回線の種類は結構重要かもしれない

SIMフリーのスマホや中古スマホを購入しようと思ったら、
そのスマホがどういう特長であるのかを調べるために、
「スペック」
を確認すると思います。

”画面の大きさ”だったり、OSやボディの色など、そのスマホの詳細が分かるようになっています。

そのスペックの中でも、
「通信規格」
を調べることによって、購入しようとしているスマホがどういった通信エリアをカバーできるのかが分かるようになります。

例えば、「U-mobile」のページ内にある「HUAWEI P10 lite」のスペックを見てみると、こんな感じの表が書かれています。

u-mobile

【U-mobile HUAWEI P10 liteのスペック表】

この一覧を見る限り、「通信規格」のような記載はどこにも見当たりませんね。

これは、「U-mobile」で取り扱っている海外メーカーのSIMフリースマホの情報を「U-mobile」のページに載せる際に、通信規格までは表示していないということになります。

ちなみに、一番下の「製品HP」にある機種名のリンクをクリックすると、「HUAWEI」の「P10 lite」のページに移動します。

メーカーのページには、スペックが細かく書かれていますが、
下の方に「通信方式」とあります。

この記載によって、このスマホがどういった通信エリアで通信できるのかが分かるようになります。

「P10 lite」では、LTE通信規格を
「バンド」
で記載しています。

大手キャリアが持っているLTE回線である「FDD-LTE」の欄には、
「P10 lite」が対応している各バンドが記載されています。
「B1(バンド1)」に対応していることが分かりますね。

これは、ドコモ、au、ソフトバンクの「3G/LTE」の通信エリアをカバーしているということになります。
この「バンド1」に対応していれば、SIMフリーなどのスマホでも安心して通信を行うことができるでしょう。

また、ドコモであれば、山間部や離島などLTE通信網が進んでいない地域には、
周波数800MHz帯の3G回線である「FOMAプラスエリア」
を提供しています。

このような電波が通りにくい地域でも「FOMAプラスエリア」の通信をカバーしてくれるスマホであれば、多少速度は落ちるものの、通信できなくなるということはありません。

スペックで言えば、「バンド6」もしくは、「バンド19」に対応していれば、「FOMAプラスエリア」をカバーしていることになります。
「P10 lite」は、「バンド19」に対応しているので、ドコモ系のMVNOであれば山間部や離島でもそれ程ストレスなく通信ができそうです。

一方、「BIGLOBE SIM」のスマホ販売ページでを見てみると、ページ内に通信規格のスペックまで載せているようです。

【BIGLOBEモバイル】1年目実質600円!(2017年12月3日まで)

【BIGLOBE Mobile ZenFone4のスペック表】

これは、「ZenFone4」のスペック表ですが、やはりこちらも「バンド1」に対応しています。
どの海外製SIMフリースマホも中古スマホも、この「バンド1」に対応していることは、最低条件と言えます。

また、「バンド19」に対応しているので「FOMAプラスエリア」もカバーしているようですね。

無線通信から発展した「TD-LTE」の周波数帯も「バンド41」をカバーしています。
これは、「UQWiMax」や「AXGP(ソフトバンクモバイル)」に対応しているのです。

関連記事

  1. スマホの中身をバックアップ—アプリやクラウドで万が一に備えよう!

  2. 通信速度やコストパフォーマンス満足度No.1のMVNOは?!

  3. 格安SIMを「法人契約」で使いたい方へ―MVNO事業者とその詳細なサービス

  4. 「SIMロック」と「SIMフリー」の違いとは?

  5. 高速通信容量が余った!前月に使い切れなかった高速通信容量はどうなる??

  6. 音声通話サービスならやっぱりNifMo!バリュープログラムで月々のスマホ料金もオトクに!

  7. 格安スマホで利用できる”通信プラン”と”通信容量のしくみ”とは

  8. DMM mobile

  9. 自分に合ったプランを選ぼう!

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP