情報整理術の数々! PICK UP!

  • 格安SIM
  • 最終更新日: 2018.09.16

MVNOへ移行する前に確認しておきたい6つの注意ポイントとは

「よ~し、新しいSIMを契約して格安スマホを購入してみよう!」

と、いよいよそんな決断までに至ったあなた。

回線契約に電話交換と、すべてを新しくする大事なイベントを前に
今一度、最後に確認しておくべきことを整理してみませんか。

自分は、本当に乗り換えをした方がいいのだろうか。

まず、そもそも論ではありますが、現在自分が利用している携帯電話や通信契約の環境を確認しておきましょう。

格安スマホや激安SIMに乗り換える一番の目的は、
「月々に発生する携帯電話の利用料金の節約」
これに限ります。

変更前、変更後で利用料金があまり変わらないのであれば、
乗り換える意味そのものがなくなってしまうのです。

以下、NTTドコモでの契約と同じ環境を
「DMMモバイル」
で契約した時の比較になります。

NTTドコモ利用時

■基本使用料

1,700円(税抜)
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブレット)
通話は、5分以内なら何回でも「無料」。5分超は「20円(税抜)/30秒」

■パケット

5,000円(税抜)
データMパック(5GB)

■SPモード

300円(税抜)

合計:7,000円

契約年数などの割引を考慮していませんが、通信契約の部分だけを見ても月々7,000円ほど掛かる計算となります。
もちろん、スマホ(端末)も一緒に購入している場合は、スマホの分割料金も加わってくるので、10,000円を超える可能性もありますね。

DMMモバイルで契約した場合

DMMmobile

■SIM

1,910円(税抜)
通話対応SIMプラン5GB

■通話オプション

850円(税抜)/月
5分以内の通話は無料

合計:2,750円

NTTドコモ利用時よりも、4,000円以上安くなります。

通話時間がそれほど長くなく(もしくは、LINE通話などで事足りる)、
データ通信も、メールやWebなどを見るぐらいであれば、この環境で十分ですし、月々の携帯利用料が節約できそうですね。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”guide1.jpg” name=”シムゾー”] 年間で48,000円も安くなるなんて・・・。これなら契約してみようと思うゾー[/speech_bubble]

電話番号はもちろん同じ番号を使いたい

スマホの回線契約を切り替える場合、一番気になる
「電話番号」
これを新しい回線にしてもそのまま使えるようにする「MNP」が利用できるかどうかもチェックしたいところです。

ただ、どのMVNOもこの「MNP」に対応しているところがほとんどなので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

MNPの流れ

  • 1.あなたが、現在、契約中のA事業者に対し「MNP」の利用を申し出る。
  • 2.A事業者は、「MNP予約番号」を発行する。
  • 3.MNP予約番号を控えた上で、新しいB事業者へSIM(+スマホ)契約を申し込む。
  • 4.A事業者とB事業者の間で、電話番号などの照合を行い、引継ぎ処理を行う。
  • 5.B事業者は、契約手続きが完了したら、これまであなたが使っていた電話番号を引き継いだSIM(+スマホ)を渡す。

1で、MNP利用を申し出るわけですが、ここで「MNP転出手数料」が発生します。
また、契約内容によっては、「契約解除料」などの名目で料金が発生する可能性もありますので、この例で言うところのA事業者に確認しておいた方がよいでしょう。

また、MNP予約番号は、発行されてから有効期限が設定されます。
契約するあなたは、この有効期限内に新たな事業者へ申し込みを行う必要があります。

キャリアメールは利用できなくなる

これまで利用してきた「キャリアメール」は使えなくなります。

例えば、「~@docomo.ne.jp」などキャリアのアドレスをよく使っていた利用者にとっては、頭の痛い問題かもしれません。

今後は、Googleが提供している「GMail」やMicrosoftが提供している「Outlook.com」など”無償”で使えるメールサービスを使うことをお勧めします。

これらのメールサービスを利用することで、例え今後契約する通信事業者が変わったとしても、これまでと変わらずにメールサービスを利用することができるようになるのです。

「UQ Mobile」にはオプションでメールアドレス取得が可能

UQ mobile 【ALL CONNECT】

もし、「UQ モバイル」と契約する場合は、オプションとして、
「メールサービス」
を利用することが可能となります。

これは、「~@uqmobile.jp」というアドレスが一つ割り当てられる機能となり、月額200円程となります。

どうしても、キャリアのアドレスが欲しいという場合は、こういったオプションサービスを使うことも手ですね。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”guide1.jpg” name=”シムゾー”] UQ モバイルとの契約を解除すると、もちろん「~@uqmobile.jp」のアドレスは使えなくなるから、やっぱりGMailなどを使った方がいいと思うゾー。[/speech_bubble]

通信対応エリアと通信速度は大丈夫?

多くのMVNO各社は、「ドコモの回線」を間借りしています。
したがって、通信エリアはドコモの通信エリアと同様になります。

しかし、ドコモのスマホなら山間部などの電波が届きにくいエリアに対して、
「FOMAプラスエリア」
のような通信をカバーしてくれるサービスに対応していても、
格安スマホの場合、こういったサービスが非対応になる場合もあります。

通信エリアに不安のある場所で、格安スマホを使うことが多い場合には、
事前に対応状況を調査しておくことをお勧めします。

ドコモのサービスエリアで確認してみる

以下のURLから、ドコモの対応エリア検索へと移動できます。

ドコモ対応エリア検索

例えば、上図は青森県のあるエリアを表示していますが、都市部と山間部がはっきりと分かれています。
「LTEエリア」が集中しているところとは逆に、山間部は「FOMAプラスエリア」で対応されている所も多いようですね。

格安スマホがFOMAエリアに対応しているかはここを見よ

格安スマホの仕様表には、「通信方式」や「周波数帯」などの名称で「FOMAエリア」に対応しているかどうかを確認することができます。

例えば、NifMoのページで紹介されている「HUAWEI nova lite(ファーウェイ)」の仕様には次のように記載されています。
(2017年6月現在)

「通信方式」の「W-CDMA」を見ると、FOMAエリアに対応しているかどうかが分かるようになっています。

この機種の場合、「B6」や「B19」という記載があれば「FOMAプラスエリア」にも対応している機種と言うことになります。

データ専用SIMを契約した場合に掛けられない番号とは

格安スマホに切り替えると、
”特定の電話番号にかけられない”
ということがあります。

音声通話が可能なSIMを契約している場合は、まず問題ありませんが
データ通信専用のSIMで、「電話アプリ」で電話をかけることを想定している場合は注意が必要です。

データ通信専用SIMでかけられない電話番号は、主に緊急連絡先などの特殊番号がほとんどです。

番号サービス名
0170伝言ダイヤル
110警察
113故障受付
114お話し中調べ
115電報受付
116NTT営業受付
117時報
118海上保安
119消防
142ボイスワープ
177天気予報

公衆Wi-Fiを探しておく

格安スマホ・SIMを使う一番の目的は、「経費削減」でした。

通信プランを契約する際に容量の低いプランを契約している場合、外出先でインターネットや動画、音楽にゲームと楽しんでいると、あっという間に月間の通信容量を使い切ってしまう可能性があります。

そんな時に頼りたいのが「公衆Wi-Fi」です。

ドコモを契約していれば、ドコモの公衆Wi-Fiである「ドコモWi-Fi」が契約次第では無料で使えて便利だったりしますが、格安SIMを使う場合は公衆Wi-Fiは自分で探さなければなりません。

もちろん、通信容量に余裕のある契約をしている場合や
通信容量が低い契約でも、そんなにインターネットに接続することがなければ
この公衆Wi-Fiはどうしても必要と言うわけではありません。

「公衆Wi-Fi」は事前にメールアドレスなどを登録するだけで、無料ですぐに利用できるサービスが多いのです。

以下に、そのサービスの一部を挙げておきます。

サービス名内容
at_STARBUCKS_Wi2全国のスターバックスで利用できる無料Wi-Fi。事前のアカウント登録が必要となります。
Famima-Wi-Fi全国1万店舗で利用できるファミリーマートの無料Wi-Fi。
FC2WiFiブログや動画で有名なFC2が展開している無料Wi-Fi。FC2のIDを持っていればすぐに使えますが、全国に2500程のアクセスポイントしかありません。
LAWSON Wi-Fiサービスローソンの店内で利用できる無料Wi-Fi。利用する際には、メールアドレスの登録が必要となります。
セブンスポットセブンアイグループの店舗で利用できる無料Wi-Fi。利用する場合は、事前登録が必要になります。
FREESPOT駅や空港、ホテルなど全国で10,000か所以上のアクセスポイントが利用できます。
AEONMALL Wi-Fiイオンモールの限られた範囲でのみ利用できる無料Wi-Fi。事前にメールアドレスの登録が必要となります。
DoSPOT1日に60分まで無料で利用できます。
FreeMobile全国の道の駅などの自動販売機にアクセスポイントが設置されています。アクセスポイントがあるかどうかは、自動販売機に「FreeMobile」マークがあればOK。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”guide1.jpg” name=”シムゾー”] 無料で利用できるけど時間が設定されているものや狭いエリア、特定のエリアなどサービスの提供方法は色々あるゾー[/speech_bubble]

まとめ

いかがでしたでしょうか?

金額を抑えられるメリットもある一方で、
やはりデメリットについても目を向ける必要があることが分かりますね。

スマホやインターネット回線の契約、設定などに慣れている方であれば、
申し込みから移行までの一連の作業も、さほど問題ないかもしれませんが、
”ちょっと敷居が高いなぁ~”
と思われた方だと、新しいスマホへ移行するまでも少し時間がかかってしまうかもしれません。

それでも、月々数千円も携帯電話料金が安くなるのであれば、やはり移行を考えないわけにはいかないでしょう。

一番の悩みどころは、「キャリアのメールアドレスがなくなる事」
ですが、これが問題なければすぐにでも切り替えることができるかもしれませんね。

各MVNOもお互いしのぎを削っています。
契約する私たちも、自分に合ったサービスを提供している事業者を選択して、より良いスマホライフを満喫したいものですね。

関連記事

  1. これから契約する方必見!高速通信できるデータ容量の選び方

  2. LINEモバイルの契約者連携と利用者連携を設定してみる

  3. プランを解約—SIMを返却しなければいけないMVNOはどこだっ!

  4. DMM mobile

  5. 自分に合ったプランを選ぼう!

  6. 【MVNO徹底比較】解約するまでの最低利用期間と解約手数料ってどれくらいかかる?

  7. 今持っている端末を格安SIMで使うには・・?

  8. ワンコインでGO! 安さ最優先で使えるSIM一覧はこれだ!

  9. メールに電話も!格安SIMはBIGLOBEモバイルで

特集記事!

  1. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  2. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  3. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!Windowsも…
  4. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  5. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  6. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP