情報整理術の数々! PICK UP!

  • 格安SIM
  • 最終更新日: 2018.09.16

iPhoneユーザ必見!格安SIMをiPhoneで使ってみる!

iPhoneユーザーにとって、格安SIMを選ぶ際の悩みどころは
「端末代金が高い」
ということではないでしょうか。

確かに、各割引がきく大手キャリアと比べると料金が高くつく・・・
と思われがちですが、実は長いスパンで考えると、やはり「格安SIM」を利用した方がオトクになる場合があります。

ここでは、iPhoneユーザーにとっての格安SIMに焦点を当ててみたいと思います。

iPhoneをMVNOで使うためには?

iPhoneをMVNOで使用するには、2つの方法があります。

1つ目は、「現在持っているiPhoneをそのまま使う」
もう1つは、「新しくiPhoneを購入し、MVNOと新規契約する」
の2つです。

現在、大手キャリアと契約してiPhoneを使っている方は、そのiPhoneをそのままMVNOへMNP転出で、電話番号を変えずに使用することができます。

例えば、mineoの場合、iPhoneで動作確認が取れているバージョンを発表し、乗り換えた場合の金額シミュレーターでどれだけ月額利用料が抑えられるのかを確認することができます。

また、NifMoの場合、自分で新たに購入したiPhoneを持ち込んで契約することが可能です。

しかも、中古スマホ/タブレットを販売しているネットショップと提携しており、NifMoのサイトだけでiPhoneと回線契約とを同時に済ませることも可能になっています。

もし、この提携ショップ以外でiPhoneを購入しても、端末保証サービスを受けられるのが嬉しいところですね。

大手キャリアとMVNOの料金比較

では、実際に大手キャリアとMVNOで2年間使用し続けるとどれくらい料金に差が出るのでしょうか。
以下、「iPhone7(128GB)」で比較してみたいと思います(2017年6月末日現在)。

各オプションや割引、初期費用、MNP手数料などは考慮していません。

プラン名 端末価格 端末月額割引 月額料金 2年後総支払額
mineo
音声通話+6GB
<機種持込>
90,504円 0円 2,280円 145,524円
【ドコモ】
カケホーダイライト+5GB
<機種変更>
93,960円 2,322円 9,153円 219,672円
【au】
スーパーカケホ+5GB
<機種変更>
90,720円 2,445円 7,372円 176,928円
【ソフトバンク】
通話定額ライト+5GB
<機種変更>
99,360円 2,805円 8,895円 213,480円

MVNOにmineoを指定した場合と、大手3キャリアでiPhoneを機種変更(MVNOは機種持込)で比較した結果です。

大手キャリアには、2年間使用する事での「端末割引」があるので、オトクに感じるかもしれませんが、
実際は、2年使い続けてみると、端末割引のないMVNOの方がトータルで安くなってしまうのです。

”中古でも構わない”、と言う方は端末価格をさらに抑えられる可能性もあり、
やはりMVNOで契約すると、料金は大幅に節約することができますね。

MVNOで使えるiPhoneとは?

iPhoneには、「SIMフリー」「キャリア販売」の2種類が存在しています。

SIMフリーのiPhoneは、ほとんどのMVNOで利用することが可能です。
「AppStore」などでSIMフリーのiPhoneは販売されています。
先に端末を購入しておいて、MVNOに持ち込めばすぐに使うことができますし、使用する周波数が合えば海外でそのまま使うことも可能です。

キャリアで販売されているiPhoneを持っていて、MVNOへと移行する場合は、
「SIMロック解除」
を行う必要があります。

ただし、SIMロック解除を行うと、キャリアが提供していた保証サービスなどが受けられなくなります。

キャリア経由で「AppleCare(Appleが提供している端末の保証サービス)」に申し込んでいた場合、MVNOへの移行時にこの保証サービスも解除されてしまうので、注意が必要です。

即日SIMロックを解除してくれるキャリアは?

ちなみに、SIMロック解除の手続きは、キャリアによってルールが違います。

キャリアで購入したiPhoneを即日SIMロック解除できるのは、「ドコモ」だけとなります。

どのキャリアも、キャリアのWebサイト上などで解除の手続きを行うことはできますが、解除されるまでの時間にそれぞれ違いがありますので気を付けましょう。

MNPで今の番号をそのまま使う

現在持っているiPhoneをそのままMVNOで使う場合、やはり
「MNP(番号ポータビリティ)」
は必須となるでしょう。

キャリアから「MNP予約番号」を入手して、MVNOと契約を行った後に、この予約番号を設定するのはAndroid端末と同じになります。

なお、iPhoneのSIMは、「nanoSIM」という種類のSIMになります。
各MVNOで契約する際には、この「nanoSIM」を選択するようにしてください。

最終的に、届いたSIMカードを端末に装着した後、
「プロファイルの設定」
を行います。

このプロファイルを設定する際には、インターネット接続が必要となり、
自宅の光回線など、端末を無線LAN環境に一旦接続して行うことになります。

au系MVNOはテザリングができない?

※そもそも「テザリングって何?」と言う方はドコモの説明をご覧ください。

MVNOの中には、「ドコモ回線を間借りしている事業社(ドコモ系MVNO)」と「au回線を間借りしている事業社(au系MVNO)」、「2つの回線に対応している事業社」と、色々なタイプがあります。

iPhoneを使う方で、「au系MVNO」と契約する場合には、テザリングに関する注意点があります。

iPhoneをau系MVNOで使う際のテザリングの使用可否

まず、「au系MVNO」として以下の3社が挙げられます。

mineo ドコモ系、au系
UQ mobile au系
IIJmio ドコモ系、au系

この3社は、android端末もiPhone端末も使用できるのですが、
”テザリング機能を使おう”
と思ったら、以下の表のようにテザリングできる端末が限られます。

android端末 iPhone(ドコモ系)端末 iPhone(au系)端末
mineo ×
UQ mobile なし
IIJmio ×

「UQ mobile」は、「au系MVNO」なのでドコモ回線で使用する端末はありませんが、テザリングをするなら、iPhoneでも利用できます。
つまり、au回線でありながらiPhoneでもテザリングができる唯一の事業社となります。

一方、「ドコモとauの両回線」に対応している「mineo」と「IIJmio」は、ドコモ回線で利用するiPhoneであれば、テザリングを利用することが可能です。
しかし、au回線で利用するiPhoneの場合、テザリングを利用することができなくなっています。

シムゾー
テザリングを使わない人には関係ない話だゾー。もし、au系MVNOと契約するならこの話は覚えておいてほしいゾー。

iPhoneのセットモデル

MVNOで唯一、iPhoneのセットモデルを扱っているのが「X-mobile」です。

現在は、「iPhone6シリーズ」と「iPhoneSEシリーズ」のみの扱いですが、
もしもシークスが独自ルートで仕入れた端末をこれまた独自の「もしも保証」で、端末の保証を行ってくれます。

そのため、Appleが提供している「AppleCare」にも入れません

端末、回線とすべてのサポートをまとめて行ってくれるサービスとなります。

まとめ

端末代金が高いイメージのiPhoneですが、一括払いが難しい場合は、
オリコローンを利用すれば、分割で支払うことも可能です。

【オリコ Appleショッピングローン】

こう見てくると、MVNOに回線を切り替えてもiPhoneが十二分に使えることが分かります。
現在、auが縛りをかけて一部事業社が提供できないようにしているテザリングも、後々改善するかもしれません。

端末代金の高さは、月々の回線使用料金の安さできちんと相殺できそうですし、
この記事がiPhoneユーザーの方にとって、MVNOへの切り替えへの足掛かりになってくれたら、と思います。

関連記事

  1. 自分に合ったプランを選ぼう!

  2. mineo(マイネオ)

  3. ドコモユーザーがLINEモバイルへ移行する際の注意点「MNP」「SIMロック解除」「申し込み手順」ま…

  4. メールに電話も!格安SIMはBIGLOBEモバイルで

  5. 各MVNOのサポートを比較してみる

  6. ワンコインでGO! 安さ最優先で使えるSIM一覧はこれだ!

  7. 【MVNO徹底比較】解約するまでの最低利用期間と解約手数料ってどれくらいかかる?

  8. スマホを紛失!!—MVNOへの問い合わせ先確認と普段からのアプリ対策で不正利用に備える

  9. 高速通信容量が余った!前月に使い切れなかった高速通信容量はどうなる??

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP