情報整理術の数々! PICK UP!

【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】IFNA関数はどう使う?

シリーズでお送りしている本連載ですが、
何回か前に「IFERROR関数」を取り上げていました。

「エクセル2007」が登場するまでは、「ISERROR」関数で処理していたシート内のエラーに対して、新しく「IFERROR」関数ができたおかげで、関数式を短くしながらエラー処理を行えるようになったというお話です。

今回は、「エクセル2013」から登場した「IFNA」関数を取り上げました。
関数の名前からも分かるように、「IFERROR」関数と性質は同様になります。

集計対象の値が見つからない場合に、「#N/A」というエラーがセルに表示されますが、
その場合に処理を「IFNA」関数だけで分岐できるようになったわけです。

上の画面は、「ISNA」関数と「IFNA」関数の両方を使った結果となります。

セル「C2」とセル「C3」には、セル「B2」とセル「B3」に入力された関数式を表示しています。
もちろん、関数式の表示には前回見た「FORMULATEXT」関数を使っています。

「IFNA」関数とは、対象となるセルが「#N/A」というエラーであれば
どのような値を表示するかを設定する関数です。

今回の場合は、セル「A2」が「#N/A」であれば、「エラーです」という文字列を表示するようにしています。

対して昔からある「ISNA」関数は、対象のセルに「#N/A」というエラーが発生した場合に、それが「TRUE(正しい)」のか「FALSE(間違い)」なのかを返すのみとなります。

したがって、「#N/A」となった場合にどう処理したいかをさらに「IF」関数を使って判断するしかないのです。

「ISNA」関数だと「IF」関数を余計に使わなければならず、おのずと関数式自体が長くなってしまいます。

#N/Aとなりやすい主な関数とは

前回の「FORMULATEXT」関数は、関数式が入っていないセルを参照すると
結果として「#N/A」のエラーを表示します。

上の場合は、「FORMULATEXT」関数で参照しているセル「A1」に
関数式が入っていないので、結果として「#N/A」が表示されています。

検索系の関数にも「#N/A」というエラーが表示される場合が多いかもしれません。

例えば、上のように「VLOOKUP」関数を使って、「宮嶋」という名前を検索してその結果を集計しようとしても「宮嶋」という名前が見つからなければ、「#N/A」が表示されてしまいます。

そんなエラーが表示された場合に処理を行う必要があれば、
「IFNA」関数を使うと式をコンパクトにできるのです。

続きは次回

エクセルのマクロ(関数)なども含めたプログラミングの世界では、エラーが発生した場合の条件分岐は当たり前の作業となりますが、この作業が簡素化されるのは、開発側(関数の利用者側)にとっても大変楽になりますよね。

さて、次回からは「エクセル2016」で新たに追加された関数達を見ていきたいと思います。

最初は、条件分岐の新しい関数である「SWITCH」関数となります。
どうぞお楽しみに!

関連記事

  1. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その2]―ツアーを作成してみる

  2. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【3】

  3. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編⑤

  4. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【8】

  5. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

  6. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】集計を行うAGGREGATE関数を使い…

  7. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】文字列を連結する新しい関数・・の前にC…

  8. 年末調整で求める年調年税額をエクセルの関数を交えて算出してみる!―その4―

  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTubeにアップしてみる…

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP