情報整理術の数々! PICK UP!

iPadOSで使うダークモードがマイクロソフトの各アプリにも反映される

「iPadOS13.2.3(以下、iPadOS)」で使っているマイクロソフトのオフィス製品が、ダークモードに対応しました。

iPadOSの画面設定でダークモードを設定している場合、マイクロソフトのWordやExcel、PowerPoint、そしてOneNoteやOneDriveなどの画面も特に設定をしていなくてもダークモードとなります。

各アプリのバージョンは以下のようになります。

  • Word:2.31
  • Excel:2.31
  • PowerPoint:2.31
  • OneNote:16.31
  • OneDrive:11.8.7

上のバージョン以降の場合、iPadOSの「画面表示」の設定によって背景色が変わります。

画面表示を確認してみる

iOS13、もしくはiPadOS13から「ダークモード」を利用できるようになりました。

画面表示設定で現在のモードを確認してみましょう。

「設定」の「画面表示と明るさ」をタップします。
右ペインの「外観モード」から「ダーク」を選択します。

iPad内の画面がダークモードへと変更になります。

Office製品の背景色を確認してみる

「外観モード」を「ダーク」に設定した場合は、各Office製品の背景色もダークモードとなっています。

※ダークモードのWord画面

※ダークモードのExcel画面

※ダークモードのPowerPoint画面

※ダークモードのOneNote画面

WordやExcelは、文書内やセルの部分などは白地になっていて、
ツールバーなどの周辺の背景が黒くなっています。

コントロールセンターにダークモードの切り替えを置く

ダークモードでずっと作業するのはちょっと・・
と考えてしまうのなら、コントロールセンターで「ダークモードの切り替え」ができるようにしておきましょう。

まずは、「設定」を開き「コントロールセンター」をタップします。
右側から「コントロールをカスタマイズ」をタップします。

下の「+マーク」が付いているサービスは、コントロールセンターに追加されていないサービスとなります。
一覧から「ダークモード」を探して、タップします。

もし、上の「-マーク」の一覧に「ダークモード」がある場合は、すでにコントロールセンターに表示されていますので、ここでは何もしなくて結構です。

上に「ダークモード」が追加されれば、コントロールセンターで
「ダークモード」のオン・オフの切り替えが簡単にできます。

画面右上から下に向かってスワイプすると、「コントロールセンター」が開きます。
先程追加した「ダークモード」が一覧で表示されています。

「ダークモード」のオン・オフを切り替えると、「コントロールセンター」の上に切り替え後にどちらのもーどになっているか表示されます。
画面は、ダークモードがオンになった状態を表しています。

総括

マイクロソフトのOfficeの各アプリは、iPadの画面表示設定を継承するので
iPadの「ダークモード」をオンにすると、一斉に画面背景色が黒くなります。

アプリごとにいちいち背景色の設定をしなくてもよい、という一方で
Wordは白いままがよくて、Excelは黒いほうがいいのに・・
という人もいるでしょうけれど、アプリ個別では設定ができません。

そのため、コントロールセンターで簡単にオン・オフを切り替えできるようにしておくと便利でしょう。

ちなみに、背景色にあまりこだわりがない場合には、今回の設定は何もいじる必要はありません。

関連記事

  1. Office365の管理画面で利用状況を把握する

  2. Office2016の非アクティブ化と再アクティブ化

  3. iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

  4. 群雄割拠のビジネスチャットにとうとう無償版を投入してきたマイクロソフトのTeams

  5. Windows10のスタートアップに居座るソフトウェアを整理する方法

  6. Office2016のインストール【普段使っていないパソコンへ】

  7. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

  8. 目標達成シートをパワーポイントのテンプレートで作ってみる

  9. Office365の管理画面をカスタマイズする

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP