情報整理術の数々! PICK UP!

WindowsのWeb版Teamsでログインできない場合の対処方法とは

「Teams」を導入している組織などでは、各ユーザーが自分のメイン端末でTeamsにログインして、その資源にアクセスしていると思います。

普段がデスクワークメインであれば、主に利用する端末はパソコンになるでしょうし、外出や出張が多いのであれば、スマホやタブレットなどの端末からのアクセスが多くなるでしょう。

しかし、Teamsを使っているとふと、
「ある特定の方法からのアクセスだけができなくなる」
と言う事象が発生したりします。

今回は、Windowsパソコンで使う「Web版(WebブラウザでTeamsのサイトにログインして使うバージョン)」が利用できなくなった場合の対処方法について確認してみたいと思います。

サインイン中に問題が発生しました

ブラウザで、Teamsのサイトにログインしようと思ったら以下のような「サインイン中に問題が発生しました」というウィンドウが表示されて、Teamsにログインできない場合があります。

同じWindowsパソコンで利用できる「デスクトップ版」を開くと、通常通りにログインできたりするので
「なぜ、ブラウザ版だけがログインしようとするとエラーになるのか」
を判断するのが非常に難しくなります。

このような事象が発生した時には、まずチェックしてみるべき項目があります。

それは、「Azure Active Directory」の管理センターになります。

Azure Active Directoryで確認する項目

それでは、「Azure Active Directory」の管理センターにアクセスしてみましょう。

Azure Active Directory

Azureのダッシュボードが表示されます。

左サイドの一覧から「エンタープライズアプリケーション」をクリックします。

表示された内容に「アプリケーションの種類」があります。
このプルダウンをクリックして、「すべてのアプリケーション」を選択します。

検索欄に、「Microsoft Teams」と入力し検索します。

最初にエラーメッセージが表示されたウィンドウをもう一度確認してみます。

「Application」で始まる部分の数字が「アプリケーションID」となりますので、これと同じ「Teams」のアプリ名をAzureの一覧から探します。

アプリケーションIDが一致するソフトウェアをクリックします。

「管理」の一覧から「プロパティ」をクリックします。

「プロパティ」が開くと、「ユーザーのサインインが有効になっていますか?」という部分があります。

ここが「いいえ」だと、ログインに失敗しますので、もし「いいえ」になっている場合は、「はい」に設定変更して「保存」をクリックします。

うまくいかなければ以下も試す

上記のように一致したアプリケーションIDの「Teams」のプロパティ修正だけでうまくいかなければ、Teamsの以下のサービスも同じように、「ユーザーのサインインが有効になっていますか?」の部分を確認してみましょう。

・Microsoft Teams
・Microsoft Teams WebClient
・Microsoft Teams AuthSvc

複数ある場合は、すべての設定を確認してみます。

総括

今回は、マイクロソフトのコミュニケーションツールである「Teams」がWindowsパソコンのWeb版でログインできなくなった際に、確認するべき項目について見てきました。

「Microsft 365 Business~」のライセンスを持っている場合は、「Teams」がフルで利用できますので、今回のようなエラーが発生してログインできない場合は、組織の管理センター内に何か不具合があると見ていいでしょう。

そこで、今回はまず「Azure Active Directory」の管理センターに着目してみました。

各ユーザーの利用環境によっては、「Teams」へアクセスする方法も様々でしょう。

組織内の管理者にとっては、不具合が生じた時に、すぐに確認しておきたい管理センターの1つと言えそうですね。

関連記事

  1. Office365の管理画面で利用状況を把握する

  2. Office365のメールの添付ファイルをOneDrive for Businessに保存する

  3. iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

  4. Windows10のスタートアップに居座るソフトウェアを整理する方法

  5. 群雄割拠のビジネスチャットにとうとう無償版を投入してきたマイクロソフトのTeams

  6. パワーポイントのテンプレートで電子カタログを作成する方法とは

  7. MicrosoftのOfficeサポートへ問い合わせるなら第2言語に注意!

  8. Office365の管理画面をカスタマイズする

  9. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

特集記事!

  1. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  2. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  3. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!Windowsも…
  4. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  5. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  6. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP