情報整理術の数々! PICK UP!

  • Outlook
  • 最終更新日: 2018.05.9

Outlook2016を使ってみる!連絡先を編集・共有する【その1】

「Outlook」で、連絡先を登録・編集する場合は、
Office製品の「Outlook2016」(以降Outlook)
ブラウザ版の「Outlook.com」
の2つのどちらかで登録していきます。

Android版のOutlookアプリ(以降Outlookアプリ)では、連絡先の登録や編集ができません。

なお、当サイトではOutlookで登録していきます。
Outlook.comで登録する場合は、出先などでOutlookが使えず、Outlook.comしか使えないよう場合に限定した方がいいと思います。

連絡先を登録する場所は

まず、前提としてOutlook内には、会社などのアカウント(この場合、officeonemanage.work)とマイクロソフトの個人アカウント(この場合、hotmail.com、以降個人アカウント)の2種類が登録されています。
連絡先を作成する場合は、「個人アカウント」に登録するようにします。

Outlookを起動後、「ファイルタブ」の「情報」で、アカウント情報が上の図のように、「hotmail」などのマイクロソフトアカウントが表示されていることを確認します。

新しい連絡先を登録する

「ホーム」タブの「新しいアイテム」から「連絡先」をクリックします。

必要な情報を入力して、連絡先を保存します。
登録する分を適宜追加していきましょう。

新しい連絡先グループを登録する

ナビゲーションバーの「連絡先」をクリックします。

「新しい連絡先グループ」から連絡先を登録した個人アカウントをクリックし、登録した連絡先の一覧を表示します。

「連絡先グループ」タブで、グループ名とグループに登録するユーザーを追加します。

ここでは、「営業部」に所属する人だけを「営業部グループ」に登録しています。
選択したら「OK」をクリックします。

4人のメンバーとその内、営業部に所属する3人を登録した営業部グループが登録されていることが確認できます。
登録先が、「個人アカウント」であることに注意してください。

連絡先の表示方法は、「ホーム」タブの「現在のビュー」で設定できます。
上の図は、名刺ビューで表示している、ということになります。

連絡先は会社アカウントからも送ることができる

個人アカウントに登録したこれらの連絡先は、会社アカウントでメールを送る際にも、利用することができます。

①「差出人」に会社アカウントを指定します。
②「宛先」をクリックします。
③個人アカウントに登録した連絡先一覧が表示されます。

Outlookを使って、連絡先を登録、そして利用する方法は慣れている方も多いでしょう。
Office製品のバージョンが変わっても、利用方法にそれほどの違いはありません。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  2. Outlook2016を使ってみる!Androidスマホでメールアカウントを設定する

  3. Outlook2016を使ってみる!GmailアカウントをWindowsパソコンのOutlook20…

  4. Outlook2016を使ってみる!メールと予定表をアカウントで使い分ける【その1】

  5. Outlook2016を使ってみる!連絡先を編集・共有する【その2】

  6. Outlook2016を使ってみる!メールと予定表をアカウントで使い分ける【その2】

  7. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならslackのアプリで連携さ…

  8. 【OneNote for Windows10】Outlookの会議をOneNoteでも確認するには?…

  9. Outlook2016を使ってみる!メールアカウントを新規作成する

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP