情報整理術の数々! PICK UP!

1ミリでも前へ進む努力を続けるには[前編]―井村雅代著「井村雅代コーチの結果を出す力」

「なぜ、メダルを取れるのか?結果を残せるのか?」

シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)の中国代表や日本代表のヘッドコーチとしてオリンピックに出場してきた井村雅代氏がよく聞かれる質問である。

その答えはたった一つ。
「結果を決めているからだ」と言う。

リーダーとして、メンバーに目標を伝えることが重要であり、その目標に対して「足りない点」、「やらなければならないこと」を明確にしていく。

そして、チェックポイントを決めたら「絶対にそれをクリアする」、「目標を達成する」という気持ちが大事になってくる。

そんな井村氏が、若い選手たちを指導をしていく中で、苦労をしている点は
「〇〇」と「〇〇」を大切にする選手に、もっと上の力を引き出させることである、と言う。

とかく、この2つの言葉が好きな若い選手たちは
他の選手よりも自分が抜きん出たり目立ったりすることを嫌う傾向にある。

自分が取れる一番を取りに行くことを嫌がる選手たちは、
他人のよいところや優れたところを超えたい、と思わなければ絶対に伸びないのである。

それは、10年ぶりに日本代表のヘッドコーチに復帰した際、
「今の若い選手たちが打たれ弱くなった」
という思いにも通じる。

「ゆとり教育」を受けた世代の特徴でもある「優しさ」は、
井村氏の指導として最終の目的でもある
「お互いに相手を思いやる」
「弱い人を助けることができる」
ような人間になってもらうために大切なことだが、
「戦いの場」にそれは必要のないことである。

シンクロは厳しい世界だ。

人を思いやる優しい面を持つこととは別に、
競技で勝利を掴むためには、
「勝負に徹する厳しい覚悟を持つ」ことも必要となってくる。

このメリハリが大事だと井村氏は言う。

ヘッドコーチ、つまりリーダーとしての仕事は、
こういった環境の中で、いかにして
「最高のレベルの一人」
を生み出すかにかかってくる。

なぜなら、チームメンバーの力量は
「一番レベルの高い選手」
に合わせるからだ。

8人で泳ぐシンクロでは、それぞれの一番がいる。
高さが一番の選手、
スピードが一番の選手、
そしてジャンプが一番の選手のように。

残りのメンバーは、それぞれのレベルで一番の選手に合わせる。
全員が全力を出し切ってようやく勝てる世界で、
チームの全員が一番の人と同じレベルで泳ぐのは当然のことなのだ。

そのためにも、
最高のレベルとなる選手に新しいスキルを身に付けさせ、
もう一段高いレベルに引っ張り上げる。
それが、コーチである井村氏の仕事である。

メンバー全員が最高のレベルの選手に追いつくこと、
いわゆる「ボトムアップ」は選手の仕事であり、
これは遅かれ早かれ全員ができるようになる。

ところが、コーチの仕事は試行錯誤の繰り返しである。
どの方向に選手を進化させればメダルが取れるのか、
それよりもどのように指導をしたら今よりもできるようになるのか・・。

チームをゴールに連れていくために、
ありとあらゆることにアンテナを張り、設定した目標に何が何でもたどり着く。

それを繰り返しているのだ、と井村氏は語る。

井村雅代コーチの結果を出す力

↓Kindle版

井村雅代コーチの結果を出す力 あと「1ミリの努力」で限界を超える

関連記事

  1. 正しい努力とは?努力と天才との違いとは?[前編]―野村克也著「なぜか結果を出す人の理由」

  2. 乾くるみのセカンド・ラブは「???」から一転・・・

  3. 誰が金を出したのか―西 鋭夫「新説・明治維新」

  4. 他者の評価で自分を知り、そして自分で考える習慣を身につけるー林修著「林修の仕事原論」

  5. 中国代表コーチを受けて日本のシンクロを世界に―井村雅代著「シンクロの鬼と呼ばれて」

  6. 正しい努力とは?努力と天才との違いとは?[後編]―野村克也著「なぜか結果を出す人の理由」

  7. 1ミリでも前へ進む努力を続けるには[後編]―井村雅代著「井村雅代コーチの結果を出す力」

  8. 読み手に分かりやすい文章を書くコツを習得したい―渋谷和宏著「文章は読むだけで上手くなる」

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP