情報整理術の数々! PICK UP!

  • OneDrive
  • 最終更新日: 2018.04.26

オンラインストレージを使うなら確認しておきたいストレージセンサーとは?

クラウドでのデータ保存が当たり前となった今の時代、
ローカルパソコンとクラウドの間では、本来やり取りされるファイルとは別に、「一時ファイル」「ログファイル」など、いらないファイルもどんどんと溜まっていくようになりました。

クラウドストレージの使い方もそうです。
「Office365」を使っていても、やはりOneDriveだけでは物足りず、
GoogleドライブやDropBoxなども平行して使っているという方もいるかもしれませんね。

ローカルストレージのクリーンアップは今や色々な設定ができるようになっています。
「Windows10 Fall Creators Update」では、パソコンのローカルストレージの節約を簡単な設定で行うことができるようになっているのです。

ここでは、強化されたストレージセンサーの設定方法を見ていきたいと思います。

ストレージセンサーの内容とは

「Widnwos」ボタンを右クリックして、「システム」をクリックします。

一覧から「ストレージ」をクリックし、右側ペインに「ストレージセンサー」があることを確認します。

Check!

ストレージセンサーがない場合は、WindowsOSのバージョンを確認してください。

「ストレージセンサー」をオンにして、「空き領域を増やす方法を変更する」をクリックします。

中段にある「一時ファイル」の3つの設定はチェックを付けておくとよいでしょう。

マイアプリの一時ファイルは、Windowsではおなじみの
「Tempフォルダ」の中に溜まっていくアプリが一時的にデータを置いたりするあのフォルダのことですね。

普通にパソコンを使っている場合は、特に見ることのないフォルダです。
通常は隠しフォルダなので、設定を変えない限り見ることはありません(笑)

Cドライブを右クリックして「ディスクのクリーンアップ」という操作をやったことのある方もいるでしょう。

このクリーンアップでも一時ファイルを削除してくれるのですが、
これを「ストレージセンサー」は、自動でやってくれるということになるわけですね。

「ダウンロードフォルダ」は、各ブラウザのデフォルトのダウンロード先フォルダとして指定されるフォルダのことです。
しかし、ユーザーがダウンロードの保存先を変えている場合は、この「ストレージセンサー」での設定はあまり意味がないかもしれません。

とりあえず、一番下にある「今すぐクリーンアップ」を実行すると、1.66GBも空いたそうです。
不要なファイルはすぐに溜まっていきますから、特にオンラインストレージを多用している方は、
「ストレージセンサー」をオンにしておくといいかもしれません。

関連記事

  1. 【個人】OneDrive経由で外出先から自宅のパソコンにアクセスするには

  2. [OneDrive]写真にタグをつけて管理する

  3. OneDriveの容量を節約―Androidスマホでファイルオンデマンドを使う―

  4. [OneDrive]個人アカウントと法人アカウントではブラウザでログインする場所が違う

  5. OneDriveの容量を節約―Windowsパソコンでファイルオンデマンドを使う―

  6. 保存しておきたい動画をOneDriveへ

  7. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP