情報整理術の数々! PICK UP!

iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

iPad Proを使っていると、ちょっとしたメモを取りたくなる場面が多く、
そんな時に使えるメモアプリをご紹介したのが以下の記事になります。

「ApplePencil」を使えば「手書きメモ」も取れるアプリを5つほど選択してみたわけですが、
フル機能を使うならば有料版となるアプリがほとんどでした。

しかし、無料で使える範囲だけを見ても、十分に作業の役に立つアプリばかりで、
「無料のメモアプリ」として提言させて頂いたわけです。

さて、「メモを書く」、「文章を書く」というアプリで考えると、
やはり「Microsoft Wordアプリ」(以下、Word)を使っている方も多いかもしれません。

ここでは、Wordで「ApplePencil」を使う場合の注意点や確認しておくことなどを記載してみたいと思います。

WordとWord onlineのどちらでも手書きは使えるのか?!

まず、iPadでWordを使うにあたって、一つ大前提となることがあります。

それは、「Office365サブスクリプション」を持っている事です。

個人ユーザーなら「Office365 Solo」
法人ユーザーなら「Office365 Business」の各エディションが必要となります。

WordそのものはiPadにインストールすることは可能ですが、
このサブスクリプションがないと、使うことができません。

そういう意味でも、Wordは有料アプリである、
と位置付けることができるでしょう。

一方、マイクロソフトアカウントを持っていれば誰でも無料で使える
「Word online」は、ブラウザがあればパソコンと同じようにWordを起動することができます。

しかし、残念ながら
「Word online」では、「ApplePencil」を使う事はできません

まとめると、iPadで「ApplePencil」による手書き入力を行う条件は
以下のようになります。

  • iPadにWordをインストールしている
  • Office365のサブスクリプションを持っている

ちなみに、純正の「メモ」アプリ同様、
Wordも指で画面をなぞって手書き入力することができます。

パソコンのWordに「描画」タブを表示する

Wordで新しい文書や既存文書の編集をする際に表示されるタブメニューに、
「描画」がない場合、この「描画」タブを使えるように設定を変更する必要があります

「描画」タブが既に表示されている場合は、この章の作業は不要です。

iPadのWordで手書き入力したファイルをWindowsパソコン(以下、パソコン)で編集する時、
この「描画」タブの各コマンドを操作するからです。

Wordを起動して、最初の画面の左下にある「オプション」をクリックします。

「リボンのユーザー設定」をクリックし、右側の「描画」にチェックが入っていることを確認します。

ファイルを編集してみる

iPadで作成した手書き入力データをパソコンのWordで開き、
パソコンで続きを編集してみます。

「描画」タブを開くと、手書きデータの編集を行うことができます。

「インクの再生」をクリックすると、iPadで描いた図形がどのように作成されたかを
パソコンの画面でも順番に追うことができます。

引き続き、パソコンでも編集できるようになりました。

関連記事

  1. パソコンからiCloud DriveへアップロードしたファイルがiPadで見られない場合に確認してお…

  2. マイクロソフトの「Forms」を利用してGoogleフォームのようなアンケートフォームを作成してみる…

  3. iPadのsmartkeyboardを使っていて英語入力ができなくなった時に確認したいこととは?

  4. パワーポイントのテンプレートで電子カタログを作成する方法とは

  5. Office365を契約してみる

  6. iPadで画面上の動きを録画する「画面収録」を使ってみる

  7. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!同じアプリを画面に並…

  8. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

  9. Office2016のインストール【普段使っていないパソコンへ】

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP