情報整理術の数々! PICK UP!

目標達成シートをパワーポイントのテンプレートで作ってみる

マイクロソフトのOffice製品で使えるテンプレートは、テンプレートギャラリーにて豊富な種類が用意されています。

今回は、パワーポイントで使える「目標の設定」を使ってみたいと思います。

まずは、「目標の設定」テンプレートファイルをダウンロードしてみましょう。

目標の設定テンプレート

上のリンクをクリックして、パワーポイントのテンプレートファイルである「tf89675943.potx」をダウンロードします。

構成は6ページ・先頭はサンプル

先頭ページには、目標達成シートのサンプルが用意されています。
「目標」を定めた後に、「アクション/タスク」で短期から中長期の目標を箇条書きにしていきます。

サンプルでは、”今週”、”今月”、”6か月以内”という範囲で分けていましたが、もちろんテキストを変更すれば目標までの期間を自由に書き換えて使用できます。

右側では、目標を達成するためのインスピレーションや偉人達の名言、リソースなどを記載できますがもちろん項目は自由に決められます。

インスピレーションで使う画像は、四角い枠をクリックするだけでパソコン内の画像を挿入できます。

サンプルと同じデザインの2ページ目、さらに3ページ目から6ページ目までの計5枚のスライドは、それぞれ違うデザインとなっていますが、目標達成までの記述方法は一緒ですね。

印刷して使う・その後保存

Officeで共有すればデータ上でも使えますが、
基本的には、このようなゴール地点までの道のりを決めるテンプレートは、すべての内容を決めて書き込んだ後に、印刷して使った方が良いでしょう。

印刷は、パワーポイントの「ファイル」タブから印刷をクリックして行います。

その後、作成したデータを保存します。

「テンプレートファイル」というのは、一切の変更が加えられませんので、
作成したデータを保存する場合は、通常のパワーポイントファイル(pptxファイル)として保存されます。

テンプレートファイルからデータ作成して保存するまでの流れ

ちなみに、今回は開いたテンプレートファイルの中身にテキストや画像を加えて編集していきましたが、保存する際には、いずれにせよpptxファイルとして作成されます。

上のように、テンプレートファイルを開き、データに修正を加えない状態で画面左上にある「上書き保存」をクリックすると、「名前を付けて保存」のウィンドウが表示されます。

これは、つまりテンプレートファイルを上書き保存しようとしても、必ず通常のパワーポイントファイル(pptxファイル)として保存される、という意味になるのです。

したがって、一つのテンプレートファイルから”Aの内容”、”Bの内容”と複数のデータを作成する場合、以下のような流れでデータを作成していきます。

  • テンプレートファイルを開く
  • まず保存をするとpptxファイルができる(ファイル名をA.pptxとする)
  • 保存したA.pptxファイルがそのまま開くのでAの中身を編集して完成させる
  • 違う内容のBを作りたいため、またテンプレートファイルを開く
  • 保存をしてpptxファイルができる(ファイル名をB.pptxとする)
  • 保存したB.pptxファイルがそのまま開くのでBの中身を編集して完成させる

これで、一つのテンプレートファイルからAとBの2種類の違う内容のファイルが作成できました。

総括

マイクロソフトオフィスのテンプレートギャラリーは、本当に豊富な種類が用意されています。
ワードやエクセル、OneNote(ワンノート)などのテンプレートもありますが、やはりパワーポイントのギャラリー数は群を抜いていますね。

今回は、1年の序盤で今年の目標をこれから決める、という方のためにも目標設定シートを使ってみました。

ゴール場所が決まっている長期の目標設定ではなく、
直近の目標や仕事内容を管理するための「ToDoリスト」であれば、3つのアプリを比較した以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

  1. Windows10のスタートアップに居座るソフトウェアを整理する方法

  2. Office365の管理画面をカスタマイズする

  3. Office2016の非アクティブ化と再アクティブ化

  4. パワーポイントのテンプレートで電子カタログを作成する方法とは

  5. Office2016のインストール【普段使っていないパソコンへ】

  6. iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

  7. マイクロソフトの「Forms」を利用してGoogleフォームのようなアンケートフォームを作成してみる…

  8. Office365の管理画面で利用状況を把握する

  9. iPadOSで使うダークモードがマイクロソフトの各アプリにも反映される

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP