情報整理術の数々! PICK UP!

  • office365
  • 最終更新日: 2019.06.9

Office2016のインストール【普段使っていないパソコンへ】

「Office365 Business」を購入したら、早速Office2016(執筆当時最新版)をインストールします。

ここでは、自分が会社や自宅などで”メインでは使っていないパソコン”へ、Office2016をインストールしてみます。
つまり、1ユーザーで5台のデバイスまで入れることのできる2台目以降のインストール、ということになります。

Office2016をインストールするためには、Office365にログインします。
ログイン方法が分からない方は、
[Office365の管理画面で利用状況を把握する]の[Office365にログインする]を参照してください。

Check!

インストール完了まで、インターネット接続が必要となります。
そのため、Office365へのログインは実際にインストールするパソコン上でログインすることをお勧めします。
もし、この時点でインストールするパソコンを利用できないなどの場合は・・・
最初に行う「セットアップファイルのダウンロード」は、ファイルサイズが軽いため別のパソコンでダウンロードしてから社内ネットワーク経由もしくはUSBメモリなどで、実際にインストーするパソコンへ移動しても大丈夫です。

ログイン直後の画面で右上にある、
「Officeアプリをインストールする」
をクリックします。

「Office2016」
「その他のインストールオプション」
の2つが選択できます。
OSが多言語、もしくは64ビットOSであれば、「その他のインストールオプション」をクリックします。

ここでは、「Office2016」をクリックしました。
ファイルのダウンロード画面が表示されます。

ダウンロードは、おそらくすぐ終わると思います。
このインストーラファイルを使って、パソコンにインストールしてみましょう。

パソコンのスペックにもよりますが、インストール完了まで少し時間がかかるかもしれません。
プログレスバーが満タンになるまで、別の仕事にとりかかりましょう(笑)

インストールが完了すると、このような画面になります。
さぁ、後は利用していくだけですね。

まずは起動してみる

インストールが完了したら、どれか1つをまず起動してみましょう。
ここでは、Excelを起動してみます。

「同意してExcelを開始する」をクリックすると、Excelを使用することができます。

起動後のCheck!

Office365アカウントにサインインしておきましょう。
OneDriveも使えるようになり、
OneDriveで保存していたデータであれば
新しいパソコンでも同じように作業することができるようになります。

Office365を利用する一番の目的は、
「いつでもどこでも同じ情報を共有できる」
ことに尽きます。

したがって、新しいパソコンにOffice2016をインストールしたら、
必ずOffice365にログインしておきましょう。

WebブラウザでOffice365のログイン画面を開いてもいいですし、
下の画像のように、各Office製品の右上にサインインするリンクがありますので、同じユーザアカウントでログインしておきます。

アクティブ化されたことを確認する

新しくパソコンにインストールしたので、Office365の管理画面でもそれが反映されているかどうかを確認してみましょう。

Office365にログインし、管理をクリックします。

「ユーザー」の「アクティブユーザー」をクリックします。

「Officeのインストール」の右側にある「編集」をクリックします。

この画面で、アクティブ化されているパソコンを確認することができます。
現在、2台のパソコンが登録されていますね。

これで、1ユーザーに対して、現在2台のデバイスでOffice2016を使っていることが確認できた、ということになります。

同じ要領で、パソコンやタブレット、もしくはスマホなどにインストールする場合は、このユーザーに対して残り3台にインストールすることができる、というわけです。

関連記事

  1. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

  2. Office2016の非アクティブ化と再アクティブ化

  3. マイクロソフトの「Forms」を利用してGoogleフォームのようなアンケートフォームを作成してみる…

  4. Office365の管理画面をカスタマイズする

  5. パワーポイントのテンプレートで電子カタログを作成する方法とは

  6. 群雄割拠のビジネスチャットにとうとう無償版を投入してきたマイクロソフトのTeams

  7. 目標達成シートをパワーポイントのテンプレートで作ってみる

  8. Office365の管理画面で利用状況を把握する

  9. Office365を契約してみる

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP