情報整理術の数々! PICK UP!

ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

クラウドストレージや、自社のWebサーバにExcelやWordファイルなどを保存したりする時に、
ファイルが持っている個人情報をどのように管理していますか?

そもそもファイルに個人情報が載っているの??
と思ってしまった方もいるかもしれません。

個人が自分のパソコンの中だけで管理したり、社内文書で外に持ち出すことのないファイルであれば問題はないかもしれませんが、
特に、自社ホームページからフリーでダウンロードできるExcelファイルなどを公開している時には、
個人情報を載せたままでは、危機意識の欠如などを疑われかねません。

ここでは、ExcelやWordファイルを作成した際の個人情報の扱いについて見ていきたいと思います。

ファイルの情報はどこにある

リボンの「ファイル」タブをクリックすると、「情報」にこのファイルの「プロパティ」が表示されます。
「ファイルの作成者」や「作成日時」など、社内で管理するためにこのプロパティに記載した内容がそのまま個人情報、社内の機密情報などにつながる可能性があるかもしれません。

一度、作成したExcelブック全体を検査してみましょう。

「オプション」をクリックして、「Excelのオプション」ウィンドウを表示します。

一番下の「セキュリティセンター」をクリックし、「セキュリティセンターの設定」をクリックします。

一番下の「プライバシーオプション」をクリックし、「ドキュメント検査」をクリックします。

ドキュメント検査では、プロパティ情報も含めたファイルのデータから不要な情報を削除してしまう可能性があるので、必ず検査前に保存をしてください。

21項目の検査を実施します。
「検査」ボタンをクリックしましょう。

「ドキュメントのプロパティと個人情報」で引っかかってしまいました。
「すべて削除」ボタンがあるので、これをクリックします。

削除が完了しました。
「閉じる」ボタンでウィンドウを閉じ、エクセルブックの「情報」をもう一度確認してみましょう。

ファイルのプロパティがほぼ空になっていますね。

もう一度、「セキュリティセンター」の「プライバシーオプション」の画面まで戻ります。
手順は、先程のオプションからたどってきた順番と同じです

一度、検査を行うと、
「ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する」
にチェックを入れることができるようになります。

このチェックを入れておくと、今後、毎回ファイルを終了するたびにプロパティに書かれた個人情報を自動で削除するようになります。

作成者を変更する

ファイル作成者は、あらかじめペンネームや空白などに設定しておくことができます。

「Excelのオプション」を開き、「基本設定」をクリックします。
「MicrosoftOfficeのユーザー設定」の「ユーザー名」に任意の名前を入力、もしくは空にします。

Check!

「Office365 Business」で使えるOffice製品について、
これまで述べてきたようなプライバシーオプションの設定ができるOffice製品は以下の通りです。

■ドキュメント検査・ファイルを保存したときに個人情報の自動削除がある
・Word
・Excel
・PowerPoint

■ファイルを保存したときに個人情報の自動削除がある
・Publisher

■特に設定箇所がない
・Access
・Outlook
・OneNote

総括

ファイルのプロパティは、作成した自分が、後で見直すメモ書きのようなものです。
そのため、ファイルのプロパティには、強制的に入力しなければならない項目はありません
作成したファイルがどのように利用されるか分からないのであれば、
ファイル情報をプロパティでは管理しない方がよいと思います。

関連記事

  1. 年末調整で求める年調年税額をエクセルの関数を交えて算出してみる!―その2―

  2. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】条件分岐を楽にできるSWITCH関数と…

  3. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【7】

  4. Excelのスキルを図る企業の入社テストを実際にやってみた【4】

  5. Office2016のインストール【普段使っていないパソコンへ】

  6. Windows10のスタートアップに居座るソフトウェアを整理する方法

  7. 年末調整で求める年調年税額をエクセルの関数を交えて算出してみる!―その4―

  8. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】集計を行うAGGREGATE関数を使い…

  9. Office365を契約してみる

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP