情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に!パソコンでちょこっとメモした内容をAndroidスマホで確認する

バージョン:16.0.11601.20100
執筆時点で使用しているAndroidスマホ(以下、スマホ)の「OneNote」のバージョンを記載してみました。

このバージョンであれば、OneNoteアプリ上で、同じマイクロソフトの付箋紙アプリである
「Sticky Notes」が使えるようになります。

付箋紙アプリというのは、クラウドが主流になる前からよく使われていました。
今でも、ちょっとしたメモを録るために、パソコンにインストールしてある付箋紙を使っている
という人は多いかもしれませんね。

ただ、クラウドが主流になる前の付箋紙アプリは、その端末内もしくは社内のネットワーク内に保存される仕様がほとんどだったので、自宅に戻ってから自宅のパソコンや携帯電話で確認するような使い方は一般的ではありませんでした。

ただ、クラウドが主流になった今、パソコンでちょっとしたメモを付箋紙に記録しても、
それがどんな場所でも見られるようでなければあまり意味を成さなくなっています。

「StickyNotes」という付箋紙アプリはそれを可能にしてくれるのか?
「OneNote」とはどのように連携できるのか?

その使い方を見ていきたいと思います。

クイックノートはなくなった?

「OneNote for Windows10」(以下、OneNote)とは、
Windowsに付属するノートアプリであり、今後マイクロソフトがメインとして機能を更新していく「OneNoteアプリ」として発表されています。

一方、Office2016以前を使用している場合、
例えばOffice2016なら「OneNote2016」、Office2013なら「OneNote2013」のようにOfficeに付属していた「OneNoteアプリ」は今後アップデートされることはありません。

ただ、このOfficeに付属していた「OneNote2016」などには、ちょっと思いついたことをOneNoteを起動しなくてもメモすることができる「クイックノート」という機能がついており、当サイトでも以前に紹介していました。

ただ、今後メインとなる「OneNote」では、この「クイックノート」の機能がなくなってしまったのです。

今にして思えば、この「StickyNotes」との連携を見越してのことだったのかもしれませんね。

StickyNotesにメモしてみる

まずは、パソコンの「StickyNotes」に何でもいいので、メモをしてみましょう。

左上の「+」をクリックすると、新しいメモを作成する画面が開きます。

入力ができたら、特に「保存」という操作はありません。
×ボタンで閉じます。

一つ注意点を挙げるとすれば、マイクロソフトのアカウントには気を付けてください。
「OneNote」で閲覧するノートのアカウントと
「StickyNotes」でメモを保存するアカウントを同じにしておかなければ、
スマホの「OneNote」で「StickyNotes」に保存しているメモを確認することはできません。

「StickyNotes」は、「設定」をクリックすると一番上に現在ログインしているアカウントが表示されます。

違うアカウントにする場合は、一度ログアウトしてから再度ログインしてください。

パソコンの「OneNote」は、右上の「・・・」から「設定」をクリックして、アカウントを開くと接続したいノートを持っているアカウントを登録することができます。
パソコンの「OneNote」だと、複数のアカウントを登録しておくことができ、それぞれのアカウントで保存されているノートブックにアクセスすることができるようになっています。

スマホで見る「OneNote」は、個人アカウントと学校・職場アカウントを1つずつ登録しておくことができます。
それ以外のアカウントでログインする場合は、一度サインアウトする必要があります。

スマホでメモを確認してみる

さて、それではスマホの「OneNote」で先程登録したメモを確認してみます。

画面右下に「付箋」という項目があります。
これをタップすると、「StickyNotes」で登録したメモが表示されます。

「StickyNotes」はスマホ用のアプリというものがありません。
パソコンの「StickyNotes」に記録したメモとスマホの「OneNote」内の付箋がイコールである、というわけですね。

総括

「StickyNotes」は、パソコンのタスクバーに常駐(ピン留め)させておくことができますし、
手軽にメモを作成できるので、パソコンで仕事をしているとやはり”付箋紙”というのは非常に重宝します。

作成した付箋紙は、常にデスクトップ上に表示させておくことができますし、
そこで入力したメモは、外出先のスマホで「OneNote」を使って確認することができるようになりました。

パソコンの電源がオフになってしまったら、付箋紙に書いたメモが確認できなくなった一昔前とは違い、
スマホの「OneNote」を起動するだけで、パソコンの付箋紙に書いたメモがいつでもどこでも確認できるようになったわけです。
これだけでも、ノートアプリを「OneNote」に移行する理由の一つになるかもしれませんね。

なお、現在はiPadの「OneNote」でも、「Sticky Notes」を確認できるようになりました。
iPadで「Sticky Notes」を使う方法は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 【OneNote for Windows10】ノートブックを削除するには

  2. 【OneNote for Windows10】Outlookの会議をOneNoteでも確認するには?…

  3. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  4. 【OneNote for WIndows10】ノートシールをタグのように使ってノートブックの横断検索…

  5. 【OneNote for Windows10】OneNoteにOfficeテンプレートを読み込む

  6. 【OneNote for Windows10】表データを扱う時の注意点とエクセルの存在

  7. [slack]11.ダイレクトメッセージを使ってメンバー同士でやり取りをする

  8. [OneNote for Windows10]OneNoteのプリンタドライバを使ってページへ出力す…

  9. マイクロソフトの「Forms」を利用してGoogleフォームのようなアンケートフォームを作成してみる…

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP