情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNote for WIndows10】ノートシールをタグのように使ってノートブックの横断検索をするには

「EverNote」にあって「OneNote」にない代表格と言えば、やはり
「タグ」
機能になるでしょう。

「EverNote」であれば各ノートに「タグ」を設定することで、
共通のタグを持つノートをすべてのノートブックの中から検索できるという、ノートブックの横断検索を可能にしていました。

今後更新されることのないOffice365に含まれる「OneNote2016」などには、
タグ機能がついていませんでしたが、ユニバーサルプラットフォームで今後メインのアプリとなる「OneNote for Windows10(以下、OneNote)」では、「ノートシール」を使って、タグ検索と同様のノート検索を行うことができるようになっています。

WindowsパソコンでOneNoteを使う場合、個人にしろ法人にしろ複数のユーザーアカウントが持つノートブックを開くことができます。

個人アカウントでも違うユーザーのログイン情報が分かっていれば、
ノートブックの一覧には、そのユーザーのノートブックを含めることができます。

OneNoteでは、複数のノートブック内に存在する色々なセクションやページを共通のキーで検索する際に、
「ノートシール」が使えるようになったのです。

ノートシールを新規作成する

セクションやページを横断検索するための「タグ」を新規に作成してみます。

リボンの「ホーム」タブから「このノートにノートシールをつける」をクリックし、
「新しいノートシールを作成」をクリックします。

タグ名とアイコンを設定して、「作成」をクリックします。

もう一度、ノートシールの一覧を確認すると、
自分で新規作成した「自分のお気に入り」シールが追加されているのが分かります。

作成したノートシールをページに貼り付ける

作成したノートシールを複数のページ内に設置してみます。

ノートシールは、どの場所に貼り付けても大丈夫です。

同じノートブック内だけではなく、違うアカウントのノートブックのページにも貼り付けてみましょう。

2つの違うノートブック内の各ページに「自分のお気に入り」ノートシールを貼り付けました。

まだ2つぐらいなので覚えていられますが、これが増えてくると
どのノートに「自分のお気に入り」ノートシールを貼り付けたのかを検索したくなります。

OneNoteでは、このノートシールの検索が簡単にできるようになりました。

ノートシールを検索する

左サイドに、「検索ボタン」があるのでこれをクリックします。

ページごとの「キーワード」を入力して目的のページを検索するか、
「ノートシールの名前」を検索するかを指定できます。
ここでは、「ノートシール」をクリックします。

「検索」という入力ボックスにカーソルを置いて、
「自分のお気に入り」
と入力します。

一覧に「自分のお気に入り」が表示されますので、これをクリックします。

検索結果の一覧に、「自分のお気に入り」ノートシールが設定されているページが2件ヒットしました。
それぞれ、違うノートブック内のページですがノートシールがタグ代わりとなってページの横断検索ができた、ということになります。

もちろん、最初から用意されているノートシールでも同様にタグ検索ができますし、
自分で複数のタグ分けを用意したいなら、ノートシールを複数作ってタグ検索することもできます。

関連記事

  1. 【OneNote for Windows10】表データを扱う時の注意点とエクセルの存在

  2. OneNote for Windows10でデータの同期が取れない時に確認することとは

  3. 【OneNote for Windows10】Outlookの会議をOneNoteでも確認するには?…

  4. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝するノートブックの共有…

  5. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に!パソコンでちょこっ…

  6. 【OneNote for Windows10】ノートブックを削除するには

  7. [OneNote for Windows10]OneNoteのプリンタドライバを使ってページへ出力す…

  8. 【OneNote for Windows10】OneNoteにOfficeテンプレートを読み込む

  9. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する3つの方法の違いとは…

特集記事!

  1. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  2. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  3. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  4. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  5. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  6. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  7. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  8. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  9. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  10. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  2. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…
  4. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  5. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  6. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  7. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  8. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  9. [slack]19.ファイルを削除する
  10. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP