情報整理術の数々! PICK UP!

[OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝するノートブックの共有とは

OneNoteでノートブックを共有するには、個人用アカウントで所有するノートブックを共有する場合と法人用アカウントで所有するノートブックを共有する場合の2種類があります。

それぞれの共有方法について見ていきたいと思います。

なお、画面は「Windows10」になります。

個人用アカウントのノートブックを共有する

OneNoteを起動して、共有したいノートブックを開きます。

画面右上の「共有」をクリックすると、上のように展開されます。(①)

[電子メールアドレスを入力してください]の部分に、共有したい相手のメールアドレスを入力します。(②)
[ノートブックの共有相手]には、現在ノートブックの所有者だけが表示されていて、共有している相手が一人もいない状態になっています。

最後に「共有」ボタンをクリックします。

共有を招待された人にメールが届く

共有に招待された方のメールアドレスには、
「[ノートブック名]をあなたと共有しました」
というメールが送られてきます。

「開く」をクリックして、招待されたノートブックにアクセスしてみましょう。

OneNoteの画面に共有相手が追加される

共有をしたノートブックには、共有相手が表示されます。

「佐藤春美」さんを共有に招待して、この方には「僚さんのノートブック」に対して好きなだけ編集できる許可を与えています。

「編集」をクリックして、表示されるメニューから「アクセス許可を表示に変更」をクリックすると、閲覧のみの共有に切り替えられます。

上の画面のように、閲覧のみの場合は、共有名の横が「表示」となります。

法人用アカウントのノートブックを共有する

「法人用アカウント」で作成しているノートブックを共有すると、
「個人用アカウント」とは少し違った画面が表示されます。

画面右上の「共有」をクリックすると、共有したい相手への「リンク」を送る画面が表示されます。
現在は、「リンクを知っていれば誰でも編集できます」となっていますので、メールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックすると、送られたメールにノートブックにアクセスするためのリンクが送信されます。

「リンクを知っていれば誰でも編集できます」の部分をクリックすると、それぞれリンクを開けるユーザーを設定できます。

  • 1.すべてのユーザー
  • 2.組織内のユーザー
  • 3.既にアクセス権を持っているユーザー
  • 4.特定のユーザー

1.すべてのユーザー

「ノートブックへのリンク」を送信されたユーザーは誰でも、
そのノートブックにアクセスできます。
例え組織外のユーザーであっても以下のようにゲストユーザーとして編集できます。

2.組織内のユーザー

組織内のユーザーであれば誰でもノートブックにアクセスできます。
組織外のユーザーにリンクを送信しようとしても以下のようにエラーが表示されて、送信できません。

3.既にアクセス権を持っているユーザー

ノートブックに対して、既にアクセス権が付与されているユーザーに対してリンクを送信できます。
アクセス権のないユーザーにリンクを送信しようとすると以下のようにエラーが表示されます。

4.特定のユーザー

メールが送信されたユーザーだけに、ノートブックにアクセスできるリンクを送信します。
そのため、メールが送信されると「検証コード」を要求する画面が表示され手続きを踏まないとノートブックへアクセスできないようになっています。

Android端末で複数の個人アカウントを設定する

共有機能を使えば、通常1つの「個人用アカウント」しか登録できないAndroid端末でも、複数の「個人用アカウント」のノートブックを参照できるようになります。

Android端末では、「個人用アカウント」と「法人用アカウント」のそれぞれ1つずつのアカウントしかログインできず、もし違うアカウントのノートブックを参照したい場合は、現在ログインしているアカウントから一旦ログアウトする必要があります。

ちなみに、Windows版やiOS/iPadOS版は複数の「個人用アカウント」をログインしたままにできます。
そのため、他のアカウントのノートブックを参照するには、単にノートブックを切り替えるだけでできてしまうのです。

同じ「個人アカウント」でも自宅用と会社用のように、アカウントを分けている場合は、
今回見てきた「共有機能」を使って、複数アカウントのノートブックを参照できるように設定しておくととっても重宝します。

関連記事

  1. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する3つの方法の違いとは…

  2. 【OneNote for WIndows10】ノートシールをタグのように使ってノートブックの横断検索…

  3. 【OneNote for Windows10】ノートブックを削除するには

  4. 【OneNote for Windows10】OneNoteにOfficeテンプレートを読み込む

  5. OneNote for Windows10でデータの同期が取れない時に確認することとは

  6. 【OneNote for Windows10】表データを扱う時の注意点とエクセルの存在

  7. 【OneNote for Windows10】Outlookの会議をOneNoteでも確認するには?…

  8. [OneNote for Windows10]OneNoteのプリンタドライバを使ってページへ出力す…

  9. 【OneNote for Windows10】Sticky Notesが使用可能に!パソコンでちょこ…

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP