情報整理術の数々! PICK UP!

[OneNote for Windows10]OneNoteのプリンタドライバを使ってページへ出力する/OneNoteの印刷機能を使う

OneNoteには様々なデータを保存できるわけですが、文書やPDFなど使用しているアプリケーションから直接OneNoteに保存したい場合もあると思います。

その場合は、各アプリケーションから「印刷」という方法で、直接OneNoteに出力する方法があります。

文書内容をすべてそのまま印刷するかのように、OneNoteに出力できるこの機能を使えば、文字を入力するという手間が省けます。

ここでは、同じマイクロソフトのWordの文書をOneNoteへ出力してみたいと思います。
なお、メモ帳やPDFファイルでもOneNoteへの出力方法は同じになります。

WordからOneNoteへ出力(印刷)

Wordでプリンタへ印刷するように、印刷設定画面を表示します。

OneNoteがインストールされているとプリンタの一覧に、「OneNote」がありますのでこれを選択します。

OneNoteが起動していない場合は、Wordから印刷を選択した後に起動します。

前回OneNoteを起動していた時に最後に開いたノートブックとセクションが選択されます。
別のノートブックを選択する場合は、「その他の場所」以下にある別のノートブックを選択し、さらにその中のセクションを選択できるようになるので、目的のセクションを選択します。

出力するノートブックとセクションが選択できたら、「OK」ボタンをクリックします。

「印刷イメージ」というタイトルのページが新しく作成され、Word文書が画像(印刷イメージ)として挿入されます。
もちろん挿入されたOneNoteでのページタイトルは後から変更できます。

プリンタ名が「OneNote」と特殊な感じがしますが、プリンタで印刷するのと同じ感覚でOneNoteに印刷イメージを画像として挿入できたと思います。

また、印刷範囲となるページ指定も設定できますし、カラーで装飾された文書やPDFファイルでもグレースケールで印刷すると、OneNoteのページへ挿入される画像を白黒にできます。

OneNoteに用意されている印刷を使うと・・

OneNoteで作成したメモは、OneNote上の「印刷」でプリントアウトできます。

画面右上の「・・・」をクリックして、「印刷」をクリックします。

他のアプリケーションソフトなどと同じように、印刷するプリンタを選択します。
右側には印刷イメージが表示されています。

OneNoteのページタイトルや作成日付なども合わせて印刷されます。
全体の印刷枚数も表示されていますので、適宜印刷したいページを調整してください。

総括

今回は、他のアプリケーションソフトからOneNoteへ出力(印刷)する方法と、
OneNoteに保存している内容をそのままプリンタへ出力(印刷)する方法を見てきました。

つまりOneNoteは、
自身のプリンタドライバ経由でデータを取り込む(インプット)機能もあれば
自身のデータを他のプリンタドライバを使って吐き出す(アウトプット)機能もある、
と言えますね。

今回は、Windows版OneNoteでの出力方法を試してみましたが、
次回は、iPadOSやAndroidでの出力方法も試してみたいと思います。

関連記事

  1. 【OneNote for Windows10】Outlookの会議をOneNoteでも確認するには?…

  2. 【OneNote for WIndows10】ノートシールをタグのように使ってノートブックの横断検索…

  3. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に!パソコンでちょこっ…

  4. 【OneNote for Windows10】ノートブックを削除するには

  5. OneNote for Windows10でデータの同期が取れない時に確認することとは

  6. 【OneNote for Windows10】表データを扱う時の注意点とエクセルの存在

  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝するノートブックの共有…

  8. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する3つの方法の違いとは…

  9. 【OneNote for Windows10】OneNoteにOfficeテンプレートを読み込む

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  2. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  3. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  4. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  5. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  6. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  7. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  8. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  9. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…
  10. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP