情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】パソコンでもAndroidでも音声データをメモするには

会議の生の声を録音したり、インタビューの会話を録音したり、
議事録や記事の作成に、音声データが一助になることは言うまでもありません。

「OneNote」には、音声データを記録できる機能がついています。

「EverNote」も、無料アカウントで音声データの記録ができますが、気になるのは「保存容量」でしょう。
無料アカウントだと、1か月の最大データ保存容量が「60MB」しかないため、
元々容量の大きい音声や動画ファイルなどをアップロードすることは、憚られるかもしれません。

その点、OneNoteは月間のアップロードサイズに制限がありませんので、安心して容量の大きいデータを保存していくことができるのです。

と言いながら、実はOneNoteにも、音声を記録する上での制限があったりします。
さて、その制限とは何でしょうか?
Windows版とAndroid版の違いにも触れながら、以下見ていきましょう。

Windows版OneNote

WindowsパソコンのOneNoteで音声メモを記録する

パソコンのOneNoteで、音声メモを録ることは非常に簡単です。

「挿入」タブから「オーディオの録音」をクリックします。

リボンに、「オーディオとビデオ」(①)という項目ができ、
「録音中」と表示されています。
つまり、「オーディオの録音」をクリックすると、すぐに録音が始まるということになります。

ノート内には、音声ファイルが自動で挿入されます。(②)

停止する場合には、「停止」ボタンをクリックします。(③)

テキストを編集しながら音声ファイルを再生する

録音された音声データは、ノート内に音声ファイルとして表示されるようになります。

保存された音声ファイルにマウスを合わせると、行の先頭に再生アイコンが表示されるようになります。

文字起こしなど、テキスト入力が長くなった場合は、このアイコンをクリックすると入力をしながら、音声を再生することが可能になります。

Windowsパソコンは音声入力機器が必要?!

普段、スマホを中心に使っていると”はた”と忘れてしまいがちですが、
パソコンに音声データを記録するには、音声入力機器が必要となります。

ノートパソコンだと入力用端子はほぼ間違いなく付いていますので、ヘッドホンなどのマイクを接続してください。

Bluetoothだとワイヤレスなので、以下の商品はお勧めです。

ヘッドセット Bluetooth ヘッドセット 片耳 【業務用】【高感度マイク】軽量 片耳 ワイヤレス ヘッドセット ヘッドセット ワイヤレス ヘッドホン マルチポイントテクノロジーに対応 運転手/コールセンター/通話用 音楽再生に非対応【佐川急便】

価格:2,343円
(2018/4/28 13:50時点)
感想(3件)

OneNoteの無料版も音声データを記録できる

少し前のOneNote無料版は、音声データの保存ができませんでした。

現在、OneNote2016と共に提供されている無料版のOneNoteでは、
音声データを記録できるようになっています。

操作方法は同じで、「挿入」タブの「オーディオ」をクリックすると、録音がすぐに開始されます。

Android版OneNote

録音時間に制限がある?!

Android版のOneNoteにも、音声データを録音できる機能があります。
しかし、録音時間に「3分」という制限があるので、長時間の録音には向いていません。

Android版のOneNoteで初めて「マイク」をタップすると、メッセージが表示されますので「許可」をタップします。

録音が始まった際の、数字を確認してみましょう。
「00:05/03:00」
となっていますね。
これは、録音時間が3分間しかありません、ということです。

OneNoteで録音した音声データは、このように保存されます。
音声ファイルをタップして、「開く」をタップすると
OneNote上で再生が始まります。

音声メモアプリを利用する

Androidスマホであれば、別途音声メモアプリを使った方が良いかもしれません。

「スーパーボイスレコーダー」は、録音した音声をmp3ファイルに変換して、OneDriveなどのクラウドストレージとデータを共有することができます。

[Windowsパソコン版OneNoteで見た場合]

Windowsパソコンの場合は、このように保存されます。
OneNoteアプリ上で録音する場合との違いは、
「再生アイコンが出てこない」ということになります。

挿入された音声ファイルをクリックすると、再生用のツールバーが表示されるようになります。

[Android版OneNoteで見た場合]

Androidの場合は、このように保存されます。

この場合は、挿入された音声ファイルをタップして、「開く」をタップします。
スマホやタブレットにインストールされているどの音声プレーヤーを使用するかを求められます。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

  2. [Android/iPadOS編]OneNoteでファイルを挿入する方法とは

  3. YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

  4. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

  5. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  6. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む

  7. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  8. 【OneNoteへGo】無料版と製品版の両方を起ち上げてみる

  9. 【OneNoteへGo】ノートシールを上手に使ってみよう

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP