情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

これまで、「EverNote」にデータを貯めてきた方には、OneNoteへ移行することに抵抗があるかもしれません。

そんなガチガチのEverNoteユーザーのために、
マイクロソフトの公式ページでは、OneNoteへのデータ移行ツールである
「OneNote Importer」
を提供しています。

ここでは、「OneNote Importer」の使い方を見ながら、
EverNoteのデータ階層が、どのようにOneNoteへと移行されるのかを見ていきましょう。

なお、OSはWindows7以降の対応です。
当サイトでは、Windows10Home環境で実行しています。

OneNote Importerを実行する

以下、公式ページ内の「インポートツールのダウンロード」から「OneNote Importer」をダウンロードします。

EverNoteのコンテンツをOneNoteにインポート

ダウンロードしたファイルを実行すると、以下のような画面が表示されます。
ちなみに、インストールはすべて英語です。

「I accept the terms of this agreement」にチェックマークを付けて、「Get Started」をクリックします。

現在、EverNoteで持っているノートブックの一覧が表示されます。

Check!

①このチェックを付けると、EverNoteの全ノートブックをインポートの対象にします。
②個別のノートブックのみをインポートしたい場合、各ノートブックのチェックマークをオンオフします。
③まだ、同期が取れず、この一覧に表示されていないノートブックを手動で指定するためのリンクです。

①のチェックマークをオフにすると、すべてのノートブックのチェックマークがオフとなります。
移行するノートブックが決まったら、「Next」をクリックします。

個人で利用して、個人アカウントでインポートする場合は、左の
「Sign in with a Microsoft Account」で十分です。

ただ・・・、
当サイトは、あくまでも個人経営や小規模経営者が「Office365 Business」を契約して情報を整理していくことを目的としているサイトです。

そう、つまり会社のアカウントを持っているはずです。

したがって、ここでは右の
「Sign in with a Work or School Account」を選択します(というか、しなければなりません)。

普段、ログインしたままの状態であれば、次の画面に進みます。
アカウントの入力画面になったら、自分のアカウントとパスワードでサインインしてください。

EverNoteのノートブックは、OneNoteのノートブックに
ノートは、OneNoteのページに移行されます。

なお、OneNoteには「タグ」が存在しないため、Evernoteの「タグ」は移行先がありません。
そのため、OneNoteの「セクション」にEverNoteの「タグ」を移行する場合に、このチェックマークを付けます。

Point!

EverNoteからOneNoteにデータ移行されると、データの階層構造は以下のようになります。
【EverNote】ノートブック→ノートブック【OneNote】
【EverNote】タグ→セクション【OneNote】
【EverNote】ノート→ページ【OneNote】

インポートが完了しました。
「OneNote2016」を開いて、確認してみてください。

Check!

「Office365 Business」だと「OneDrive」の保存容量が1TB使えます。
この時点で、ファイルを大量に保存していると、
このインポートに失敗する可能性があります。

これは、OneDriveに5,000以上のファイルが既に保存されている場合に表示されるエラーです。
もし、保存しているデータを整理できない場合は・・・

このままだとインポートができませんので、個人アカウントを持っていれば、一旦個人アカウントにサインインし直して、再度インポートをしてみましょう。
「OneNote2016」は、「Office365 Business」でログインしているアカウント以外のユーザーアカウントのOneDriveを参照することができます。

OneNoteを確認してみる

それでは、実際に「OneNote2016」を開いてみます。
開いた画面の「ファイル」をクリックします。

左側のメニューから「開く」をクリックすると、EverNoteからインポートした2つのノートブックが確認できました。

それでは、「設立後の作業」というノートブックを開いてみましょう。

Check!

①ノートブック名
②ノートブック内のノート(OneNoteで言うページ)
③ページの内容
④セクション

これをEverNoteと比較すると、以下のようになります。

EverNoteには、「スタック」と言って「ノートブックの束を管理する」機能があるのですが、これはOneNoteにはありません。
上の図の場合、「会社設立」がスタックになります。

また、EverNoteのタグ機能は、ノートブックの垣根を飛び越えて、同じタグが付いたノートを検索出来て便利なのですが、OneNoteで代用されている「セクション」は、各ノートブック内でしか機能しません。
EverNoteのタグとOneNotenセクションを結びつけるのは、無理があるかなぁとは思いますね。

お互いに長所・短所がありますが、データの移行は簡単にできることが分かりました。
とりあえず、少しずつOneNoteにも慣れていくようにしましょう。

関連記事

  1. YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

  2. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  3. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう②

  4. 【OneNoteへGo】Windowsパソコンで作成したメモの出力その①

  5. 【OneNoteへGo】ノートシールを上手に使ってみよう

  6. 【OneNoteへGO】既定のバージョンを設定する

  7. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  8. 【OneNoteへGo】無料版と製品版の両方を起ち上げてみる

  9. 【OneNoteへGo】ノートブックを共有する

特集記事!

  1. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  2. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  3. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  4. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  5. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  6. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  7. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  8. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  9. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  10. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP