情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

これまで、「EverNote」にデータを貯めてきた方には、OneNoteへ移行することに抵抗があるかもしれません。

そんなガチガチのEverNoteユーザーのために、
マイクロソフトの公式ページでは、OneNoteへのデータ移行ツールである
「OneNote Importer」
を提供しています。

ここでは、「OneNote Importer」の使い方を見ながら、
EverNoteのデータ階層が、どのようにOneNoteへと移行されるのかを見ていきましょう。

なお、OSはWindows7以降の対応です。
当サイトでは、Windows10Home環境で実行しています。

OneNote Importerを実行する

以下、公式ページ内の「インポートツールのダウンロード」から「OneNote Importer」をダウンロードします。

EverNoteのコンテンツをOneNoteにインポート

ダウンロードしたファイルを実行すると、以下のような画面が表示されます。
ちなみに、インストールはすべて英語です。

「I accept the terms of this agreement」にチェックマークを付けて、「Get Started」をクリックします。

現在、EverNoteで持っているノートブックの一覧が表示されます。

Check!

①このチェックを付けると、EverNoteの全ノートブックをインポートの対象にします。
②個別のノートブックのみをインポートしたい場合、各ノートブックのチェックマークをオンオフします。
③まだ、同期が取れず、この一覧に表示されていないノートブックを手動で指定するためのリンクです。

①のチェックマークをオフにすると、すべてのノートブックのチェックマークがオフとなります。
移行するノートブックが決まったら、「Next」をクリックします。

個人で利用して、個人アカウントでインポートする場合は、左の
「Sign in with a Microsoft Account」で十分です。

ただ・・・、
当サイトは、あくまでも個人経営や小規模経営者が「Office365 Business」を契約して情報を整理していくことを目的としているサイトです。

そう、つまり会社のアカウントを持っているはずです。

したがって、ここでは右の
「Sign in with a Work or School Account」を選択します(というか、しなければなりません)。

普段、ログインしたままの状態であれば、次の画面に進みます。
アカウントの入力画面になったら、自分のアカウントとパスワードでサインインしてください。

EverNoteのノートブックは、OneNoteのノートブックに
ノートは、OneNoteのページに移行されます。

なお、OneNoteには「タグ」が存在しないため、Evernoteの「タグ」は移行先がありません。
そのため、OneNoteの「セクション」にEverNoteの「タグ」を移行する場合に、このチェックマークを付けます。

Point!

EverNoteからOneNoteにデータ移行されると、データの階層構造は以下のようになります。
【EverNote】ノートブック→ノートブック【OneNote】
【EverNote】タグ→セクション【OneNote】
【EverNote】ノート→ページ【OneNote】

インポートが完了しました。
「OneNote2016」を開いて、確認してみてください。

Check!

「Office365 Business」だと「OneDrive」の保存容量が1TB使えます。
この時点で、ファイルを大量に保存していると、
このインポートに失敗する可能性があります。

これは、OneDriveに5,000以上のファイルが既に保存されている場合に表示されるエラーです。
もし、保存しているデータを整理できない場合は・・・

このままだとインポートができませんので、個人アカウントを持っていれば、一旦個人アカウントにサインインし直して、再度インポートをしてみましょう。
「OneNote2016」は、「Office365 Business」でログインしているアカウント以外のユーザーアカウントのOneDriveを参照することができます。

OneNoteを確認してみる

それでは、実際に「OneNote2016」を開いてみます。
開いた画面の「ファイル」をクリックします。

左側のメニューから「開く」をクリックすると、EverNoteからインポートした2つのノートブックが確認できました。

それでは、「設立後の作業」というノートブックを開いてみましょう。

Check!

①ノートブック名
②ノートブック内のノート(OneNoteで言うページ)
③ページの内容
④セクション

これをEverNoteと比較すると、以下のようになります。

EverNoteには、「スタック」と言って「ノートブックの束を管理する」機能があるのですが、これはOneNoteにはありません。
上の図の場合、「会社設立」がスタックになります。

また、EverNoteのタグ機能は、ノートブックの垣根を飛び越えて、同じタグが付いたノートを検索出来て便利なのですが、OneNoteで代用されている「セクション」は、各ノートブック内でしか機能しません。
EverNoteのタグとOneNotenセクションを結びつけるのは、無理があるかなぁとは思いますね。

お互いに長所・短所がありますが、データの移行は簡単にできることが分かりました。
とりあえず、少しずつOneNoteにも慣れていくようにしましょう。

関連記事

  1. 【OneNoteへGO】Webページの情報を簡単に保存するには

  2. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

  3. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  4. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう②

  5. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

  6. 【OneNoteへGO】メールでメモをOneNoteに送りたい

  7. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  8. 【OneNoteへGo】ノートシールを上手に使ってみよう

  9. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その1

特集記事!

  1. 【連載】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイン…
  2. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  3. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  4. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  5. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  6. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  7. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  8. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  9. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  10. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  2. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  4. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  5. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  6. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  7. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  8. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  9. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  10. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP