情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入するには

Outlookに登録した連絡先を共有する方法の1つとして、
「OneNoteに転送する」
という方法があります。

OneNoteに転送した後に、Outlookでデータを修正した場合その修正は反映されませんから、
再度OneNote側でも修正する必要が出てきます。

完全に連絡先を同期させるわけではないですが、各ユーザーで同じデータを見ることができるので、有料サービスを使わない選択の際の1つになるかもしれません。

COMアドインを確認する

OutlookからOneNoteへデータを転送する際は、OneNoteのアドインがOutlookに組み込まれてなければなりません。
まずは、アドインの一覧から確認してみましょう。

「ファイル」タブの「情報」をクリックすると、
「無効になったCOMアドインの表示」
があるので、それをクリックします。

一覧から「OneNote Notes about Outlook Items」を確認します。
上の図のように、ボタンのキャプションが
「このアドインを常に有効にする」
となっている場合、このアドインは現在機能していません。

ボタンをクリックして、アドインを有効にします。

連絡先をOneNoteへ転送する

それでは、実際に連絡先をOneNoteに追加してみます。

連絡先から該当のメンバーを選択して、
「ホーム」タブの「アクション」から「OneNote」をクリックします。

表示された「OneNoteの場所の選択」から目的のノートブックを展開して、セクションを選択し、「OK」をクリックします。

ここでは、「B社開発資料」の「Outlook連携セクション」を指定します。

OneNoteが自動的に起ちあがり、「B社開発資料」ノートブックの「Outlook連携」セクションに「佐藤 春美」ノートとして新しいノートが作成されました。

もう一人、「牧村 美奈」をOneNoteに追加してみました。
「佐藤 春美」より若干入力されている項目が多いのですが、それらも自動で表の中に反映されています。

ちなみに、連絡先のグループは、OneNoteには転送できません。

OneNoteのノートブック作成場所は?

「B社開発資料」ノートブックは、
連絡先を共有する各ユーザーが使用するOneNoteで見られるようにしておかなければなりません。

つまり、この場合で言えば、
「佐藤春美」さんが使うパソコンのOneNoteにも、
「牧村美奈」さんが使うパソコンのOneNoteにも、
「B社開発資料」ノートブックを作成している「Office365 Business」のアカウント情報(法人アカウント)を指定しておく必要があります。

OneNoteを開くと、「ファイル」タブの「アカウント」に
「アカウントの切り替え」があります。

ここで、「@会社名.onmicrosoft.com」(B社開発資料を作成したアカウント)情報を指定します。

デバイス数制限

「Office365 Business」の法人アカウントだと、1ユーザーで5台のデバイスにしかインストールできません。
Office製品版のOneNoteがインストールされているパソコンやタブレットの場合、法人アカウントでログインした際にそのパソコンが1台カウントされてしまいます。
無料版のOneNoteであれば、法人アカウントでログインしても、デバイスはカウントされません。

連絡先を共有するノートブックのアカウントは、「hotmail.com」などの個人アカウントでも大丈夫です。
共有用の個人アカウントを一つ作って、
共有するメンバーたちのパソコンで、OneNoteにそのアカウントでログインしておけば、共通の連絡先を見ることができるでしょう。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】無料版と製品版の両方を起ち上げてみる

  2. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  3. 【OneNoteへGO】Webページの情報を簡単に保存するには

  4. 【OneNoteへGo】パソコンでもAndroidでも音声データをメモするには

  5. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  6. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  7. 【OneNoteへGo】ノートブックとセクションとページ

  8. 【OneNoteへGo】OneNote2016のノートブックの保存場所はどこ?

  9. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP