情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入するには

Outlookに登録した連絡先を共有する方法の1つとして、
「OneNoteに転送する」
という方法があります。

OneNoteに転送した後に、Outlookでデータを修正した場合その修正は反映されませんから、
再度OneNote側でも修正する必要が出てきます。

完全に連絡先を同期させるわけではないですが、各ユーザーで同じデータを見ることができるので、有料サービスを使わない選択の際の1つになるかもしれません。

COMアドインを確認する

OutlookからOneNoteへデータを転送する際は、OneNoteのアドインがOutlookに組み込まれてなければなりません。
まずは、アドインの一覧から確認してみましょう。

「ファイル」タブの「情報」をクリックすると、
「無効になったCOMアドインの表示」
があるので、それをクリックします。

一覧から「OneNote Notes about Outlook Items」を確認します。
上の図のように、ボタンのキャプションが
「このアドインを常に有効にする」
となっている場合、このアドインは現在機能していません。

ボタンをクリックして、アドインを有効にします。

連絡先をOneNoteへ転送する

それでは、実際に連絡先をOneNoteに追加してみます。

連絡先から該当のメンバーを選択して、
「ホーム」タブの「アクション」から「OneNote」をクリックします。

表示された「OneNoteの場所の選択」から目的のノートブックを展開して、セクションを選択し、「OK」をクリックします。

ここでは、「B社開発資料」の「Outlook連携セクション」を指定します。

OneNoteが自動的に起ちあがり、「B社開発資料」ノートブックの「Outlook連携」セクションに「佐藤 春美」ノートとして新しいノートが作成されました。

もう一人、「牧村 美奈」をOneNoteに追加してみました。
「佐藤 春美」より若干入力されている項目が多いのですが、それらも自動で表の中に反映されています。

ちなみに、連絡先のグループは、OneNoteには転送できません。

OneNoteのノートブック作成場所は?

「B社開発資料」ノートブックは、
連絡先を共有する各ユーザーが使用するOneNoteで見られるようにしておかなければなりません。

つまり、この場合で言えば、
「佐藤春美」さんが使うパソコンのOneNoteにも、
「牧村美奈」さんが使うパソコンのOneNoteにも、
「B社開発資料」ノートブックを作成している「Office365 Business」のアカウント情報(法人アカウント)を指定しておく必要があります。

OneNoteを開くと、「ファイル」タブの「アカウント」に
「アカウントの切り替え」があります。

ここで、「@会社名.onmicrosoft.com」(B社開発資料を作成したアカウント)情報を指定します。

デバイス数制限

「Office365 Business」の法人アカウントだと、1ユーザーで5台のデバイスにしかインストールできません。
Office製品版のOneNoteがインストールされているパソコンやタブレットの場合、法人アカウントでログインした際にそのパソコンが1台カウントされてしまいます。
無料版のOneNoteであれば、法人アカウントでログインしても、デバイスはカウントされません。

連絡先を共有するノートブックのアカウントは、「hotmail.com」などの個人アカウントでも大丈夫です。
共有用の個人アカウントを一つ作って、
共有するメンバーたちのパソコンで、OneNoteにそのアカウントでログインしておけば、共通の連絡先を見ることができるでしょう。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  2. 【OneNoteへGo】ノートブックとセクションとページ

  3. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  4. 【OneNoteへGO】既定のバージョンを設定する

  5. マイクロソフト発「Sticky Notes」で覚えておきたい設定・使い方8選

  6. 【OneNoteへGO】メールでメモをOneNoteに送りたい

  7. OneNote for iPadやOneNote for Androidで作成したページ内容を印刷す…

  8. 【OneNoteへGo】テンプレートでページの見栄えを変えてみる

  9. 【OneNoteへGO】Webページの情報を簡単に保存するには

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP