情報整理術の数々! PICK UP!

YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

YouTubeで見た動画のアドレスを「OneNote」に保存しておきたい時には、「YouTube」の共有を使います。

今回は、「iPad Pro(以下、iPad)」で気に入った動画のURLを「OneNote」へ保存し、最終的にその動画URLを開いて「YouTube」で確認できるかどうかを見ていきたいと思います。

「YouTube」でそのページアドレスを「OneNote」に保存しておきたい場合には、動画の共有を使います。

「OneNote」への共有を利用するには、iPadに「OneNote」がインストールされている必要があります。

「OneNote」がインストールされていると、共有先から「その他」を選択した際に上のように「OneNote」が表示されます。

「場所」をタップすると、「OneNote」に保存するノートブックとその中のセクションを選択できます。
「YouTube」で共有するこの場面では、「OneNote」にノートブックやセクションを新たに作成できません。
既存のノートブック以外にYouTubeのアドレスを保存したい場合は、事前に「OneNote」を開いてノートブックを新規作成しておく必要があります。

Split Viewで両方のアプリを起動する

「iPad OS13以降」を搭載したiPadでは、「Split View」や「Slide Over」が強化されました。

今回のように、「YouTube」のアドレスを「OneNote」に保存したら、「Split View」で両方のアプリを同じ画面に表示させてみましょう。

「OneNote」のアドレスを開くと、隣の「YouTube」の画面ですぐに動画の内容を確認できるので作業がスムーズに進みます。

「OneNote」と「YouTube」を「Split View」で開きます。
保存したアドレスをタップすると、メニューが表示されますので、「開く」をタップします。

「YouTube」の画面が開いたアドレスのページに切り替わりました。

Split Viewで開いたYouTubeをPIPで開く

「Split View」で「OneNote」と「YouTube」を並べて表示した状態で、
YouTubeの動画を「PIP(ピクチャ・イン・ピクチャ)」で小さくさせる方法も見ておきましょう。

現在再生されている動画を下方向にスワイプします。
最下部に表示され、「ピクチャ・イン・ピクチャ」での再生となっています。

さらに、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を閉じるには、右側の「?」をタップします。

画面最下部の「ピクチャ・イン・ピクチャ」での再生動画もなくなり、
「YouTube」のトップ画面を開いた状態と同じになりました。

総括

iPadには、初期状態で「OneNote」だけでなく「YouTube」アプリが入っていない可能性もあります。

その場合は、「OneNote」で動画アドレスを開くとブラウザが起動しブラウザ内で「YouTube」の動画が再生されます。

もちろん、ビジネスにもプライベートにも「YouTube」の利用頻度は高いでしょうから、iPadにアプリをインストールしておいた方がいいと思います。

今回のように、「OneNote」で何らかの情報をまとめている時に、動画のURLも合わせて保存したい場面は多々ありますし、お気に入りの動画集をまとめるといった方法もあるでしょう。

iPadでは、「OneNote」と「YouTube」を「Split View」で並べて表示できますから、この連携をうまく使えれば、”「OneNote」を使って動画情報を組み込んだレポートを作成する”と言った作業なども短時間で済ませられると思います。
是非、情報整理の1つとして試してみてください。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】テンプレートでページの見栄えを変えてみる

  2. 【OneNoteへGO】Webページの情報を簡単に保存するには

  3. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その2

  4. OneNote for iPadやOneNote for Androidで作成したページ内容を印刷す…

  5. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  6. 【OneNoteへGo】OneNoteバッジでサクッと簡単メモしよ

  7. 【OneNoteへGO】既定のバージョンを設定する

  8. OneNote for iPadでも「Sticky Notes」でメモを共有できる

  9. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

特集記事!

  1. 【スクリブルがiPadOS15から日本語対応に】メモアプリはApplePenci…
  2. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  3. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  4. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!Windowsも…
  5. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  6. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP