情報整理術の数々! PICK UP!

YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

YouTubeで見た動画のアドレスを「OneNote」に保存しておきたい時には、「YouTube」の共有を使います。

今回は、「iPad Pro(以下、iPad)」で気に入った動画のURLを「OneNote」へ保存し、最終的にその動画URLを開いて「YouTube」で確認できるかどうかを見ていきたいと思います。

「YouTube」でそのページアドレスを「OneNote」に保存しておきたい場合には、動画の共有を使います。

「OneNote」への共有を利用するには、iPadに「OneNote」がインストールされている必要があります。

「OneNote」がインストールされていると、共有先から「その他」を選択した際に上のように「OneNote」が表示されます。

「場所」をタップすると、「OneNote」に保存するノートブックとその中のセクションを選択できます。
「YouTube」で共有するこの場面では、「OneNote」にノートブックやセクションを新たに作成できません。
既存のノートブック以外にYouTubeのアドレスを保存したい場合は、事前に「OneNote」を開いてノートブックを新規作成しておく必要があります。

Split Viewで両方のアプリを起動する

「iPad OS13以降」を搭載したiPadでは、「Split View」や「Slide Over」が強化されました。

今回のように、「YouTube」のアドレスを「OneNote」に保存したら、「Split View」で両方のアプリを同じ画面に表示させてみましょう。

「OneNote」のアドレスを開くと、隣の「YouTube」の画面ですぐに動画の内容を確認できるので作業がスムーズに進みます。

「OneNote」と「YouTube」を「Split View」で開きます。
保存したアドレスをタップすると、メニューが表示されますので、「開く」をタップします。

「YouTube」の画面が開いたアドレスのページに切り替わりました。

Split Viewで開いたYouTubeをPIPで開く

「Split View」で「OneNote」と「YouTube」を並べて表示した状態で、
YouTubeの動画を「PIP(ピクチャ・イン・ピクチャ)」で小さくさせる方法も見ておきましょう。

現在再生されている動画を下方向にスワイプします。
最下部に表示され、「ピクチャ・イン・ピクチャ」での再生となっています。

さらに、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を閉じるには、右側の「☓」をタップします。

画面最下部の「ピクチャ・イン・ピクチャ」での再生動画もなくなり、
「YouTube」のトップ画面を開いた状態と同じになりました。

総括

iPadには、初期状態で「OneNote」だけでなく「YouTube」アプリが入っていない可能性もあります。

その場合は、「OneNote」で動画アドレスを開くとブラウザが起動しブラウザ内で「YouTube」の動画が再生されます。

もちろん、ビジネスにもプライベートにも「YouTube」の利用頻度は高いでしょうから、iPadにアプリをインストールしておいた方がいいと思います。

今回のように、「OneNote」で何らかの情報をまとめている時に、動画のURLも合わせて保存したい場面は多々ありますし、お気に入りの動画集をまとめるといった方法もあるでしょう。

iPadでは、「OneNote」と「YouTube」を「Split View」で並べて表示できますから、この連携をうまく使えれば、”「OneNote」を使って動画情報を組み込んだレポートを作成する”と言った作業なども短時間で済ませられると思います。
是非、情報整理の1つとして試してみてください。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】パソコンでもAndroidでも音声データをメモするには

  2. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その1

  3. OneNote for iPadでもStickyNotesでメモを共有できる

  4. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう②

  5. OneNote for iPadやOneNote for Androidで作成したページ内容を印刷す…

  6. 【OneNoteへGo】テンプレートでページの見栄えを変えてみる

  7. 【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

  8. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その2

  9. 【OneNoteへGo】無料版と製品版の両方を起ち上げてみる

特集記事!

  1. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  2. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  3. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  4. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  5. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  6. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  7. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  8. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  9. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  10. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  2. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  3. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…
  4. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  5. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  6. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  7. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  8. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  9. [slack]19.ファイルを削除する
  10. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP